【無常式】ご近所散歩

吉祥寺周辺をてきと~にゆる~く散策

ご近所散歩トップ > テレビとかでも紹介されたらしい人気ランキング1位の絶景スポットは、空の青さもまぶしい…


テレビとかでも紹介されたらしい人気ランキング1位の絶景スポットは、空の青さもまぶしい…

※この記事は2016/04/11 21:00にBloggerに投稿した記事を移転したものです。
なお、移転元の記事は削除済です。




 さあ、本日もきたるゴールデンウィーク向けに。
 青木無常でござる。



ウユニ塩湖


 ゴールデンウィーク関係ないって場合は申し訳ない。_(_ _)_

 わしは関係あるけど旅行にいく余裕はないんで多少は同じってあたりでご勘弁を。

 その上でストリートビューや航空券検索でバーチャル旅行って手もあるし、もちろん可能であるなら本気で現地にいくことだってできますよ。

 わしらはその気になればなんだってできそうな世の中に生きているのでございますね。



 というわけで、本日は、エイチ・アイ・エス の(去年の(^_^;))SNS「いいね!」人気ランキングで1位に輝いた、神秘的にすら見えてしまう絶景スポットを紹介したニュース記事のお話。

 もちろんランキングなので10位までラインナップされておりますですよ。


OVO[オーヴォ]2015年6月22日
絶景いいね!ランキング  総合1位はやっぱり……
http://ovo.kyodo.co.jp/news/life/a-597223


天空の鏡


 てことで。

 さっそく堂々1位に輝いた絶景スポットをご紹介いたしますよ!

 それは…

 …ウユニ塩湖!

 ボリビア中央西部にある広大な塩の大地…だそうです。(^_^;)

 富士山と同じくらいの標高にあり、広さは岐阜県とほぼ同じくらいなのだとか。

 雨季には地面が鏡のようになり、空が映りこんで上下対象の神秘的とすらいえる光景が広がるんだそうで。

「天空の鏡」とも呼ばれるこのウユニ塩湖は各種メディアで何度も紹介されたらしいので、ご覧になったことがもしかしたらあるカモでございますね。

 わしゃ特定の番組以外はテレビ見ないのでこのニュース見るまで全然知りませんでしたけど。



 もちろんGoogle様にもございましたので、リンク貼りますですよ。



ウユニ塩湖
"https://goo.gl/maps/yWD2YaskdN42




 まぶしすぎる絶景が上下対象に映るPhoto Sphereもございました。



Uyuni Salt Flat
"https://goo.gl/maps/8LrefAq5HXk



 2位以下はこんな感じ。

2位:定番中の定番モルディブ(インド洋)

3位:沖縄・宮古島
 日本が入るとやっぱりうれしいですな。(^-^)

4位:タイ・バンコクにある世界で最も高層階にあるオープンエアレストラン

5位:アンテロープキャニオン(アメリカ・アリゾナ州)

自然が創りだす美しい造形の岩壁
だそうです。

アンテロープキャニオン


6位:白良浜(和歌山・白浜)
 ワイキキと姉妹浜なんだとか。

7位:パラオ
 さんご礁の島々。
 松岡直也の楽曲にもありましたな。

8位:ホテル・マリーナベイサンズ(シンガポール)

9位:イビサ島(スペイン)
「太陽・ビーチ・音楽の楽園」なんだそうな。

10位:カンクン(メキシコ)
 これもビーチ。
 このランキングはビーチが強いようです。



Amazonリンク



 リゾートにもストリートビューでいけるけど、さすがに肌だけは焼けないわね。(´ω`。)



 妄想で絶景に向かってダイブしてくるので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




前の記事  目次  新しい記事

【無常式】ご近所散歩タイトル

         
	

このサイトはスポンサーリンクからの広告収入にて運営されています。

スポンサーリンク

人気の投稿

特集記事

◆重機ファン◆
 ・豪快にして雑把の極地! 世界最大の自走式建設機械、バケットホイールエクスカベータ!
 ・まさしくモンスターの呼び名にふさわしい中国の巨大橋桁架設マシーン「SLJ90032」のモンスター動画
 ・橋桁を運搬してそのまま設置まで行ってしまう中国の巨大重機のシステマチックな段取りがハンパない
 ・重機ファン・その1 立野町の中学校の造成中らしき校庭に鎮座ましましていた重機

◆世界のメチャクチャな風景◆
 ・運行中の電車の線路の上にあるメークロン市場 in タイ
 ・天気のいい日には世界一眺めがよく、嵐の日には世界一スリルのある道路の動画

アーカイブ

その他の青木無常のサイト

その他の青木無常のブログ

レビューサイト

CROCK WORKS シリーズ

ページのトップへ戻る