【無常式】ご近所散歩

吉祥寺周辺をてきと~にゆる~く散策

ご近所散歩トップ > 鉄の処女を見たけりゃ明治大学にいけ!?


鉄の処女を見たけりゃ明治大学にいけ!?

※この記事は2013/09/13 21:00にBloggerに投稿した記事を移転したものです。
なお、移転元の記事は削除済です。




いや、別に進学しなくとも大丈夫。
一般公開されている博物館のお話ですよ。
青木無常でございますよ。


マイナビニュース 2013/08/29
 の記事
学べるマニアックな博物館 (3) 東京都・ギロチンに鉄の処女…人間の“負の歴史”を学べる「明治大学博物館」


神田の古書店街にいくのに、
私が使うキーステーションは水道橋なので、
明治大学の前はけっこう通ることがあるんですが、
こんな博物館が、しかも一般公開されているとは露知らず。

しかも、土日も基本的には開いているようなので、
こりゃぜひとも一度いってみたいものでございます。



鉄の処女なんてのは、初めて耳にしたときは
なにかエロな方向の想像をしてしまったために、
その実態を知るだにがっかりするやら戦慄するやら(^_^;)。

アイアン・メイデンという
定番ヘヴィメタル・バンドもございますな。



Amazonリンク


画像なら、鉄の処女も見なれておりますが、
レプリカとはいえ実物を見る機会もそうそうないでしょうし、
それを前にして、中に入れられたときのことを
想像するのもまた(^_^;)。



ギロチンにしても、やはりフィクションの世界でならともかく、
実際に目にすることができるものなぞ
そうそうそこらにはないでしょうし。



江戸時代の「鋸挽(のこぎりびき)」というのも、
きいたことはけっこうあると思う印象だけど、
実際に行われていた形態は、その名前から受ける
印象とは、ずいぶん違うものなんですねえ。

なんとなくイメージにあったのは、
罪人を首だけだして埋めて、
その首をノコギリで引く――という感じなんですが。

実際は、

日本橋の広場で、首だけが地面から出るように埋められた箱の中で2日間さらし者にされた後、市中を1日かけて引き回され、最後に刑場で磔(はりつけ)にされ、絶命の有無に関係なく、20~30回ほど槍(やり)で突き刺されるという
どこにもノコギリなんざあ、出てきやしねえ(^_^;)。
なんで「鋸挽」という名称になったのかも
興味を引きますな。

博物館にいけば、そのへんも解説されてるんだろうか?
気になります。どう? いっしょにいかない?

まあなんにせよ、この刑は受刑者への罰というよりは、
それを見る人間への、まさしく見せしめ、以外の
なにものでもないように思えますねー。



「石抱き」や「釣責(つるしぜめ)」は
時代劇でおなじみですな(^_^;)。

刑罰を受ける者が失神するのもよく見かける。
失神しても、容赦なく桶水ぶっかけて
むりやり意識戻させる場面とかな(^_^;)。

おそらく冤罪も、山ほどあったでしょうな。
この形態だと、被疑者になった瞬間にもう、
絶望の二文字しかないでしょ。
否認できるもんじゃござんせん。むりむり。



Amazonリンク



ここには他にも「商品博物館」と「考古学博物館」が
開設されているようで、こちらに関する紹介は
ニュースには特にないんですが、
でもどちらも興味わく題材ですし。

時間をとった上で、ぜひ、訪れてみたいところです。

いけないんなら、ぜひ上のリンク先の
ニュース記事もどうぞ。
写真も豊富にございます。ただし、
なかなかエグいものも混じってるので閲覧注意な。( ̄ー ̄)



背筋が寒くなってきたので本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~




前の記事  目次  新しい記事

【無常式】ご近所散歩タイトル

         
	

このサイトはスポンサーリンクからの広告収入にて運営されています。

スポンサーリンク

人気の投稿

特集記事

◆重機ファン◆
 ・豪快にして雑把の極地! 世界最大の自走式建設機械、バケットホイールエクスカベータ!
 ・まさしくモンスターの呼び名にふさわしい中国の巨大橋桁架設マシーン「SLJ90032」のモンスター動画
 ・橋桁を運搬してそのまま設置まで行ってしまう中国の巨大重機のシステマチックな段取りがハンパない
 ・重機ファン・その1 立野町の中学校の造成中らしき校庭に鎮座ましましていた重機

◆世界のメチャクチャな風景◆
 ・運行中の電車の線路の上にあるメークロン市場 in タイ
 ・天気のいい日には世界一眺めがよく、嵐の日には世界一スリルのある道路の動画

アーカイブ

その他の青木無常のサイト

その他の青木無常のブログ

レビューサイト

CROCK WORKS シリーズ

ページのトップへ戻る