【無常式】ご近所散歩

吉祥寺周辺をてきと~にゆる~く散策

ご近所散歩トップ > そういえばわしは練馬区の仙境で修行して仙人になってたんだった。忘れてたけど(^_^;)


そういえばわしは練馬区の仙境で修行して仙人になってたんだった。忘れてたけど(^_^;)

※この記事は2014/02/11 21:00にBloggerに投稿した記事を移転したものです。
なお、移転元の記事は削除済です。




だから不老不死を体得しておるのですよ。(`▽´)
仙人! 青木無常ですよ! ふんす!



なにを寝言こいとるのか、
とか寝言吐かしてるヤツは、わしのこの記事を
みて腰をぬかしなさい! ふふふ。


 はなもみじ公園と立野公園の“桃源郷”


というわけで(^_^;)、わしは由緒正しい
桃源郷の頂点にのぼりつめ、不老不死を
体得した仙人。ふふふ。修行をつけてほしくば、
お布施を用意して連絡しなさいふふふふ。

若くてかわいい女性には割引特典もあるよ。(`▽´)



さ。世迷言はともかくとして(^_^;)、
唐突に上にリンク貼った以前の記事の
続報、というか、裏づけ? 詳細?
的なものをどうぞご覧下さい。唐突に。(`▽´)



楽天リンク




練馬区のホームページより
(立野)公園のみどころ


まあ要するに、偶然いきあたったこの
“桃花源”を名乗る施設のある公園は
いったい何かということを、ネットで
ちょいと調べてみた、つーこってすな。

簡単に要約してしまうと、練馬区と友好交流をしてる
北京のどこぞから碧桃樹(へきとうじゅ)という桃の苗木が
贈答された、と。

それを植えた中国式の庭園を、練馬区が
勝手に“桃花源”と称している、と。(^_^;)

そゆことのようです。

碧桃樹の花は3月下旬から4月上旬にかけてが
見どころだそうで。
私がいったのは夏だったので、
完全に季節外れであったわけだ。ははは。



練馬区観光協会のサイト「ねりま大好き!」より
081 立野公園の桃花源(とうかげん) (立野町32-1)


こちらは「練馬区の素敵な風景100選」というコンテンツの
ひとつ。ちゃんと100あるみたいなので、
ほかの99個も気になりますよ。(^-^)

きっちり100、選定しているというところが、
若干不自然、つーか、ヘンだけどな。(`▽´)



住建ハウジングの東京地域情報サイト「TOKYOさんぽ」より
東京公園マップ「立野公園(たてのこうえん)


中央大学の野球グラウンド跡地に
つくられた公園なんだそうで。

“桃花源”も含め、写真がひととおりありますよ。



スナバはいつでもあなたを待っている「にほんスナバ紀行」より
170 中国式庭園桃花源の桃の花を望める砂場 練馬区 立野公園


なんか、砂場の情報とか写真を掲載している
サイトのようです。すごいニッチだけど、
おもしろいですな。写真もきれいです。

これ見ると、立野公園自体、家族でいくと
楽しい公園のようですよ。



「tairaのウォーキング日記②」より
練馬区の立野公園にある桃花源に桃の花を見に行きました


梅の花咲き乱れている写真がふんだんに
掲載されていますよ。きれいですねえ。
千川上水からの流れでいくこともできるし、
散歩にもってこいのスポットですな。



ただし!
お気をつけを。

地元のご近所のひとには格好のお散歩スポット
なんでしょうけど。外部からくるには、
交通の便が。きょくたんに! それはもうものすごく!

悪いです。(^_^;)

JR中央線吉祥寺駅と、西武線武蔵関駅の
ほぼ真ん中。どちらから歩いても、
たぶん30分以上、家族づれなら1時間くらいは
もしかしたら軽くかかるかも、ってなロケーションです。

バスなら西武バスの「関町南二丁目」という
停留所があるみたいですが、正直な話、
外部からバスに乗ってまでいくほどのところかというと…(^_^;)



楽天リンク




仙人になりたければ、べつだがな! (`▽´)



というわけで、いつになく、われにも似合わず
ファミリーな内容の記事になってしまいましたが(^_^;)、
せっかく調べたんだから記事にしてしまおうという
ボンビーな性根からでありました。(`▽´)

梅の見ごろは、3月から4月にかけてだぞ。(^-^)
本日は以上です。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




以上 そういえばわしは練馬区の仙境で修行して仙人になってたんだった。忘れてたけど(^_^;)

【無常式】ご近所散歩タイトル

         
	

このサイトはスポンサーリンクからの広告収入にて運営されています。

スポンサーリンク

人気の投稿

アーカイブ

その他の青木無常のサイト

その他の青木無常のブログ

レビューサイト

CROCK WORKS シリーズ

ページのトップへ戻る