マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

2011年1月2日

松本行き特急バス (ふるさと行きの乗車券)

全行程 437.4km

費用 9,950円(特急バス+ふるさと行きの乗車券+特急あずさ) / 通常費用 10,980円

行程図 元旦朝の実家
約30cm積りました
特急バス往復乗車券
往復で買うと700円のお得!
高山濃飛バスセンター
定刻の発車です 10:45頃
高山市内鍛冶橋通過
特急バス松本行き乗車中 10:55頃
平湯温泉停車中
今年も駐車場には雪山が 11:45頃
安房トンネルに入ります
無料化社会実験中でした 11:50頃
特急バス松本行き 坂巻温泉停車中
松本まであと1時間です 12:00頃
特急あずさ20号
初めて乗車するE257系
あずさ車内
指定は満席でも自由席はガラガラ
ふるさと行きの乗車券
この切符でお得な旅が出来ました
松本駅で買った駅弁
山賊焼(730円)
中央本線車窓
八ヶ岳(富士見付近) 14:35頃
時刻表
  高山 10:45発 特急バス
13:05着 松本 13:47発 (特急)あずさ20
16:11着 立川 16:13発 (快速)
16:18着 西国分寺 16:26発  
16:52着 武蔵浦和 16:56発  
17:08着 大宮 17:13発  
18:04着 小山 18:21発  
18:48着 宇都宮 19:22発  
19:52着 矢板    

2年ぶりに正月を実家の飛騨高山で過ごし、2日の朝Uターン。元日に30cm、2日に10cmほどの積雪があり、高山の冬らしい正月であった。Uターンの行程は、往路”びっくり旅日記「快速ムーンライト信州(ふるさと行きの乗車券)」”と同じ経路(往路:新宿経由、復路:武蔵野線経由の違いはあるが)で、中央本線には特急あずさを利用。「ふるさと行きの乗車券=びっくり旅行術参照」が往復タイプのため、復路もお得な旅となった。

正月の帰省でよく利用するのが、高山~松本の特急バス。過去には大雪のため大幅に遅れ、途中の新島々から松本電鉄に振り替え輸送されたこともある。今回は途中の平湯温泉で5分ほど遅れていたが、その後挽回し、松本へは定刻より5分早く到着した。おかげで予定より1本早い特急あずさに乗ることが出来た。特急あずさは、車内放送によると指定席は満席とのことであったが、自由席はガラガラで出発ギリギリに乗車しても余裕で座れる状態であった。

今回発掘した駅弁は松本駅の「山賊焼(730円)=おすすめ駅弁参照」。事前情報が無く、売り場の写真とコメントのみでチョイスした新発売の駅弁であるが、食べた結果は五ツ星の満点評価。自分の直感を信じて正解であった。

びっくり旅日記