マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

2010年12月29日

快速ムーンライト信州 (ふるさと行きの乗車券)

全行程 454.9km

費用 8,360円(ふるさと行きの乗車券+ムーンライト信州+特急バス) / 通常費用 9,700円

行程図 引越後、初めて利用する矢板駅
イルミネーションが綺麗 18:45頃
ムーンライト信州の発車まで30分
23:35頃入線の予定です
懐かしの特急「あさま」
ヘッドマークが順に変わります
快速ムーンライト信州81号
手書きのようなヘッドマークです
ムーンライト信州車内
モハ188-39 (1978年製造)
真夜中なのにこんなに人が!
新宿駅 23:55頃
快速ムーンライト信州 ムーンライト信州指定席券
1週間前に「えきねっと」でゲット
松本駅(1)
自由通路西口側にて 7:05頃
松本駅(2)
東口側から見た駅舎 7:10頃
雪が多くなってきました
特急バス高山行き乗車中 8:55頃
まもなく平湯温泉
高山まであと1時間です 9:20頃
高山到着
雪で約20分遅れました 10:25頃
時刻表
  矢板 18:58発  
19:27着 宇都宮 20:49発  
22:07着 大宮 22:24発  
23:03着 新宿 23:54発 (快速)ムーンライト信州81
4:32着 松本 7:45発 特急バス
10:25着 高山   20分遅れ

今回の「びっくり旅日記」は、正月の帰省を兼ねての雪見旅。過去に何度も利用している信州ルートであるが、これまでは通常料金であったため意外にも「びっくり旅日記」への登場は初めて。昨年より発売された「ふるさと行きの乗車券=びっくり旅行術参照」により、「青春18きっぷ」とは一味違ったお得な旅となった。

初めて乗車した快速ムーンライト信州は、週末と春夏冬休みシーズン運行の全席指定の臨時列車。今回は雪の影響を避けるため、最近の正月帰省でよく利用していた上越ルートを外し、信州ルートに絞って列車を選定。しかし、計画を立て始めるのが遅かったのか、希望する列車の指定席はどれもこれも満席状態。JR東日本の「えきねっと」で粘り強く空席照会を繰り返したところ、乗車の1週間前になって、ようやくムーンライト信州の席が確保出来た。これまで乗車したムーンライトながら、ムーンライトえちごは共に快適な車両であったが、ムーンライト信州は旧特急あさま用の189系。車内のドアも手動で、乗りごこちも決して良いとは言えなかったが、ドアを静かに閉める車掌の配慮に好感が持て、また昔何度か乗車した「碓氷峠のあさま」を思い出して懐かしい気持ちになった。

雪が交通に与える影響は大きい。今回利用した「ふるさと行きの乗車券(長野エリア)」は南小谷までがフリーエリアのため、状況によってはムーンライト信州で信濃大町まで足を延ばすことも考えていたが、大糸線内の雪が心配なため松本で下車。松本での早朝の3時間は、駅の待合室と駅前のマックで過ごす事となった。今回はたまたま雪による列車への影響は無かったものの、その後の特急バス乗車中に雪道での乗用車同士の事故に遭遇。改めて雪の怖さを実感した。

復路は、”びっくり旅日記「松本行き特急バス(ふるさと行きの乗車券)」”へ。

びっくり旅日記