マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

ふるさと行きの乗車券 (お得切符シリーズ12)

ふるさと行きの乗車券”は、年末の帰省客を対象としたJR東日本のトクトクきっぷ。2009年の年末に初めて発売され、翌2010年の年末からはリニューアルされた形で発売されている。

ふるさと行きの乗車券

”ふるさと行きの乗車券”は往復乗車券タイプの切符で、下図に示す通り8つのエリア用が設定されている。東京電車特定区間から各エリア内の駅までは指定経路の普通列車(快速含む)の普通車自由席が利用可能で、別に特急券を購入すれば新幹線を含む特急列車にも乗車できる。但し、途中下車は出来ない。各フリーエリア内は、普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由で、別に特急券を購入すれば新幹線を含む特急列車にも乗車できる。エリア・使用開始日の変更は12月20日まで1回のみ可能で、それ以降は払戻しは出来るが変更は一切出来ない。

利用・発売期間と料金
【利用期間】 2011年12月27日(火)~2012年1月6日(金)
          (2012年1月1日~6日を利用開始日とする設定はありません)
【発売期間】 2011年11月27日(日)~2011年12月20日(火)
          (ご利用開始日の1ヶ月前からの発売です)
【有効期間】 7日間
【発売金額】 秋田・青森エリア   大人11400円、こども3500円
          岩手・三陸エリア   大人10300円、こども3500円
          宮城・山形エリア   大人8700円、こども3000円
          福島・磐越エリア   大人7600円、こども3000円
          庄内エリア       大人9500円、こども3500円
          新潟エリア       大人8300円、こども3000円
          十日町・浦佐エリア  大人7100円、こども3000円
          長野エリア       大人6500円、こども3000円
ふるさと行きの乗車券フリーエリア

では、どれぐらいお得かを調べてみよう。

東京を起点に主な駅までの往復運賃を比較してみた。新青森・盛岡・酒田では6000円以上もお得になることが分かる。自分が2010年の年末に利用した長野エリアの松本までは、1300円程度、駅弁1つ分お得になっている。

着駅 往復運賃(往復割引後) ふるさと行きの乗車券利用 お得度
新青森 17,760円 11,400円 大(6,360円)
盛岡 16,380円 10,300円 大(6,080円)
仙台 11,560円 8,700円 中(2,860円)
福島 9,240円 7,600円 中(1,640円)
酒田 15,960円 9,500円 大(6,460円)
新潟 10,920円 8,300円 中(2,620円)
十日町 7,720円 7,100円 小(620円)
松本 7,780円 6,500円 中(1,280円)
注)金額は2011年11月23日時点のものです

びっくり旅行術