マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

乗り越すときは気をつけて! (切符豆知識シリーズ2)

切符を買って列車に乗ったんだけど、乗り越したくなる事ってあるよね!
そんな時、みんなはどうしてる?
精算所で差額を支払う・・・うん、これ正解。
でも、ちょっと待って!!

JRの乗り越しの運賃計算方法には2種類ある。もとの切符が100km以下の場合に適用される発駅計算方式と、101km以上の場合に適用される打ち切り計算方式

例えば、東京駅から120円切符を買って中央線電車に乗ると1~3km区間の御茶ノ水までだが、そのまま四ツ谷(東京から6.6km)へ行った場合、東京-四ツ谷の運賃160円から120円を引いた差額の40円を支払えば良い。これが発駅計算方式。

一方、東京から名古屋の先の尾張一宮(383.1km)まで6180円の切符を買っておき、岐阜(東京から396.3km)で下車すると、尾張一宮-岐阜(13.2km)の230円を請求される。最初から岐阜までの切符を買っておけば尾張一宮も岐阜も同じ6180円で済んだわけである。これが打ち切り計算方式。

長距離の切符を購入する場合は、「取りあえず買っておいて、後で清算すればいいや!」という気持ちだと損する場合があるので、ご注意を・・・。

びっくり旅行術