マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

青春18きっぷ (お得切符シリーズ1)

注)文中の列車名・時刻は現在のものではありません。

若者の旅に人気が高いのが”青春18きっぷ”。「青春」の文字がついているが、利用するのに年齢制限はない。JR全線が1日乗り降り自由になる切符5回分で1枚になっている。以前は1回分ごとに1枚の切符となっていたが、現在のスタイルは上にある様に1枚の切符に日付印を押す様になっている。一人で5日間使えるほか、同じ行程で旅行するなら複数人でも利用できる。また、夜行列車を利用する場合は0時を過ぎてから最初に停車する駅から、翌日の0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効となる。例えば、下り「ムーンライトながら」を東京から利用する場合だと、東京から0時を過ぎて最初に停車する横浜までの乗車券450円を別に用意すれば良い。東京・大阪の電車特定区間では0時を過ぎても終電まで有効である。

青春18きっぷ

乗車できるのは快速・普通列車の普通車自由席だけで、「ムーンライトながら」や「ムーンライトえちご」、「ミッドナイト」など快速列車の普通車指定席に乗車の際は別に指定券(520円)が必要となる。尚、新幹線・特急・急行・グリーン車に乗車の際には特急券・急行券・グリーン券の他に乗車券も必要になる。

発売・利用期間は下表の通り。料金は1枚、11850円。(1回当たり 2370円)

”青春18きっぷ”の発売・利用期間
 
発売期間 2月20日~3月31日 7月1日~8月31日 12月1日~1月10日
利用期間 3月1日~4月10日 7月20日~9月10日 12月10日~1月10日

では、実際に”青春18きっぷ”を使って旅してみよう。

横浜を 0:11発の「ムーンライトながら」大垣行に乗る事にする。0時を過ぎているので、ここから”青春18きっぷ”が使える。但し、「ムーンライトながら」は小田原まで全車指定なので別途指定券(510円)を買い求める。大垣着は 6:51。ここで 7:02発の網干(姫路のそば)行に乗り換える。以降、米原・姫路・三原・岩国・下関・小倉・荒尾で乗り換えると熊本の1つ手前上熊本に 0:00に到着。0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効である為、ここまで乗車可能である。

トータル運賃>>
2370円(青春18きっぷ1回分)+520円(指定券)=2890円

通常運賃>>
14760円(距離 1283.9km)

23時間49分費やし、11870円のお得!

びっくり旅行術