マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

乗れば乗るほど安くなる! (切符豆知識シリーズ1)

JRの切符って乗れば乗るほど安くなる!って知ってる?

JRの鉄道運賃は営業キロが300kmを超えると1km当たりの賃率が若干安くなり、601km以上は300kmまでの約半分になる。これを遠距離逓減制と言う。

これを利用すると、お得に切符を買う事が出来る。但し無限に乗車距離を通算出来る訳ではなく、同じ駅を2度通るとキロ数の通算は打ち切り

例えば、東京から青森へ旅行に行くとする。行きは太平洋側ルートを進み、仙台、盛岡を経由し青森へ。帰りは日本海側ルートから秋田、山形を経由すると福島で行きのルートとぶつかる。福島から先は行きと同行程になってしまう為、通算はここで途切れる。

ルート1

では、どれぐらいお得かを調べてみよう。

分かりやすくする為に特急券・指定券等は含まず、乗車券のみで比較する。

比較対象は(1)東京-青森往復、(2)上記図の様に福島まで長距離逓減制の恩恵を受け、福島から先、福島-東京の乗車券を別途購入、(3)下記図の様に秋田より更に日本海側を進み、新潟、高崎を経由し、大宮から先、大宮-東京の乗車券を別途購入。

ルート2
  距離 運賃 備考
1.東京-青森往復 739.2km×2 18,900円 通常、片道10,500円に
往復割引適用(往復各1割引)
2.福島経由 1496.5km 18,380円 東京→青森→福島13,760円、
福島→東京4,620円
3.大宮経由 1531.9km 16,400円 東京→青森→大宮15,860円、
大宮→東京540円

表から分かる様に(1)と(3)では2500円のお得!となっている。

(1)と(2)はあまり差がないが、今回は片道601km以上のコースを設定した為、往復の割引が適用され(1)自体がお得になってしまっているからだ。

片道600km以下のコースで長距離逓減制の恩恵を受けると更にお得になるだろう。

びっくり旅行術