マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

1999年12月11日

東北本線・宇都宮~仙台 (青春18きっぷ)

全行程 515.4km

費用 2,300円(青春18きっぷ) / 通常費用 8,620円

青春18きっぷで仙台へ 行程図
下野花岡駅
窓から見た虹
牛タン焼き
仙石線
さかな市場
笹かま
時刻表
  下野花岡 6:15発  
6:21着 宝積寺 6:22発  
7:00着 黒磯 7:03発  
8:08着 郡山 8:39発  
9:29着 福島 9:33発  
10:56着 仙台 12:34発 (快速)うみかぜ15
13:02着 松島海岸   徒歩
  松島 14:11発  
14:35着 仙台 15:00発  
16:18着 福島 16:41発  
17:30着 郡山 18:15発  
19:18着 黒磯 19:24発  
20:03着 宝積寺 20:17発  
20:22着 下野花岡    

12月1日、90年代最後の「青春18きっぷ」が発売された。「青春18きっぷ」は学生の長期休みに合わせて年3回発売され、普通・快速列車のみの限定ではあるが、年齢制限が無い事、日本全国有効である事、平日も利用可能な事から高い人気となっている。

今回は、冬の寒さが厳しくなる中、旨いものを探して杜の都・仙台を目指す。

第一章(出発)

出発は烏山線・下野花岡(しもつけはなおか)。最寄りの駅まで3kmを歩こうか?とも思ったが氷点下の中、1時間弱歩くのは寝起きではさすがに厳しい。そこで車で下野花岡駅前の無料駐車場まで行く事にした。下野花岡駅には6:10到着、始発は6:15発、この駅は田舎っぽさ満点で、屋根が無く、ホームも片側1本のみの駅。当然駅員はいないので料金は、列車に乗り込む時、整理券を取り、降りる時に運転手に支払うワンマン方式。但し、今回は「18きっぷ」なのでフリーパス。

5分ほどの乗車で東北本線・宝積寺(ほうしゃくじ)に到着。ここから仙台目指して約5時間の旅が始まった。(5時間と言うと、えーーーっ!と思う人もいると思うが、その昔、少年マルコは母を訪ねて3千里も旅したのである。5時間なんてかわいいものである。)

乗換えは途中、黒磯・郡山・福島の3回。黒磯を過ぎると天気が急変し小雪がちらほら。窓から外を見ると、間近にきれいな虹が・・・。

話しは反れるが、寒冷地で列車に乗る場合にはご注意を。暖房効果の為、停車駅でもドアは勝手には開かない。外には「開」のボタンがあり、乗車時は自分で開けて乗り込む。また中には「開」「閉」のボタンがあり、降車時は自分で開けて降りる。乗り込んだ時、続く人がいない場合は中にいる人のため「閉」を押して寒さ対策をする等の思いやりも大切である。

第二章(仙台・松島)

さて、3回の乗り継ぎを済ませ、車内が混雑してくるとまもなく杜の都・仙台到着。時間は11時。昼食にちょうど良い時間である。仙台と言えば牛タン発祥の地。目指すはガイドブックで見つけた牛タン焼き屋「旨味太助」。開店と殆ど同時だと言うのに店内は超満員。メニューは「食事・1260円」と単品のみ。食事の方は、麦飯と牛タン焼き・白菜漬、テールスープというシンプルなものではあるが、牛タンは厚みもあり歯ごたえ抜群で、とにかく大満足であった。

1つ目の目的を済ますと、再び仙台駅へ・・・。ここからは仙石線に乗り松島海岸を目指す。そう松島海岸は日本三景で有名な松島の最寄り駅。海・市場が好きな私は2つ目の目的を松島にした。松島海岸着は午後1時。あいにくの小雨ではあるが、観光客もぼちぼち。帰りは東北本線の松島駅から乗車する事にしたので、松島駅までの2kmほどを海岸線に沿ってぶらつく事に。道沿いには笹かまの販売店が数多く並び、また店頭で魚介類の串焼きを売っているみやげ屋・レストランが多かった。半分ぐらい歩いた所だろうか、伊達政宗歴史館というのがあり、併設して「さかな市場」という市場があった。少し覗いてみたが、美味しそうな牡蠣が並んでいた。結局、松島では笹かまを買って2つ目の目的達成。

串焼きと牡蠣を食べなかったのが少し心残りな、今冬「青春18きっぷ」の旅第一弾であった。

今回は、東北本線を往復して杜の都・仙台松島を訪ねた。12月4日に山形新幹線が新庄まで延伸され、ますます新幹線網が発達していくが、新幹線と平走する在来線は更に合理化が進み本数が削減されている。今回乗車した東北本線もそうだが、山形新幹線と平走する奥羽本線、上越新幹線と平走する上越線などは、「青春18きっぷ」愛好家にとっては辛い限りである。逆に言えば、そこをどう接続させるかというパズル的な面白みも大きいのではあるが・・・

車窓情報

日本三景松島の多島美を楽しむなら遊覧船が最適。遊覧船「仁王丸」はカモメと一緒に島々を巡る。観光船乗り場は松島海岸駅から徒歩7分。

松島島巡り観光船(022-354-2232) 4月中旬~10月頃までは9時~16時1日8便(冬期は変更有り) 1400円・所要約50分、無休。

びっくり旅日記