マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

1998年9月10日~12日

寝台特急日本海で函館へ

全行程 946.2km(航路除く)

費用 21,510円 / 通常費用 費用と同

函館夜景 行程図
函館夜景
函館空港
函館朝市
時刻表
9月10日> 高 山 20:20発  
22:16着 富 山 22:22発 (特急)日本海1
9月11日>      
11:20着 函 館    
9月12日> 函館駅 11:50発 帝産バス
12:10着 函館空港 14:05発 ANA392
15:30着 名古屋空港    

寝台特急”日本海”は、大阪-青森間に毎日2往復が運転され、そのうち1・4号は青函トンネルを抜け函館へ直通する。今回は、寝台特急”日本海”を利用しての函館の旅!

列車は、日本海沿いを北上し秋田に着く頃、朝を迎える。秋田から先は内陸を進む為、残念ながら車窓に日本海を望む事は出来ず。青森で進行方向が変わり、まもなくすると右手に津軽海峡が・・・そして青函トンネルを抜け、海岸沿いに函館山が見えてくると終点函館は近い。函館は日中30度近くもあり、9月の北海道とは思えないほど・・・

帰りは函館空港から名古屋空港へ、そして車で高山へ。

車窓情報

青函トンネルは1988年3月に開通した。トンネル内には竜飛海底・吉岡海底の2つの駅があり、青森-函館間に運転される”快速海峡”は下りと上りでそれぞれどちらかに停車する。”ゾーン539カード”という指定券を購入すればこの海底駅を見学する事も出来る。トンネルに入ってから14kmは本州側の地上を駆け下り、竜飛海底駅で海底部に入る。海底部は海底下100mを貫通する23kmで列車で通過すると約15分。北海道側の地上との境界には吉岡海底駅がある。ここからトンネル出口までは17km。トンネルの全通過時間は約40分である。

びっくり旅日記