マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

アミノ酸(肉・魚・大豆)

アミノ酸を多く含む食品

アミノ酸はタンパク質を構成する物質で、大豆乳製品などの食品に多く含まれています。約20種類のアミノ酸のうち、体内では合成されず、食物から摂取しなければならない9種類(バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン)を必須アミノ酸と言います。その中でバリン、ロイシン、イソロイシンの3つは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれ、運動中に酸素と結び付いて筋肉のエネルギーを作り出すことが出来ます。これらを運動前に十分に摂取しておくことで、運動中のエネルギー供給が高まり、持久力の向上に繋がります

アミノ酸の3つの効果

1.筋力の向上
・成長ホルモンの分泌を促進させ、筋パワーを向上させる。
 →アルギニン、オルニチン、リジン、チロシンなど
・持久性運動時には、筋タンパク質の分解を抑制するため、筋肉の回復に役立つ。
 →バリン、ロイシン、イソロイシン
2.持久力の向上
・激しい運動時には、直接エネルギー源として働くため、グリコーゲンを節約できる。
 →バリン、ロイシン、イソロイシン
3.疲労回復・防止
・腱や靱帯などをつくり、疲労性障害から結合組織を守る。
 →コラーゲンに含まれるプロリン
・疲労を防止し、免疫力の低下を抑える。
 →グルタミン
・中枢性疲労の元になる脳内のセロトニンの上昇を抑え、ヤル気を持続させる。
 →バリン、ロイシン、イソロイシン
こんな商品あります

アミノ酸を運動前に取ることで、体脂肪燃焼が促進されます。 また、運動直後に取ることで疲労回復にもつながります。特に、タブレットタイプは食べ易いところがお勧めです。

えいようの巻