マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

納豆(アミノ酸)

納豆

必須アミノ酸であるBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は、フルマラソンを走ると20~30%も体内から失われてしまいます。納豆は、そのBCAAを豊富に含む食べ物です。また、コラーゲンを修復する成分であるプロリンも多いため、アキレス腱や靭帯・ひざ関節の故障予防にも適しています。納豆はランニングやジョギングなどの、走る運動をする人には最適な食品と言えるでしょう。

納豆の効果

  1. ビタミンK2が骨を強く丈夫にする
  2. プロリンがアキレス腱や靭帯の故障を予防
  3. アミノ酸(BCAA)が筋肉を作る
  4. ナットウキナーゼが血栓症を予防
  5. 納豆菌による腸内環境の改善
  6. ビタミンB群でスタミナアップと疲労回復

納豆を美味しく食べるには

Q1.納豆はどれぐらいかき混ぜる?
納豆の糸はポリグルタミン酸とフラクタン(多糖類)が不安定に結合しているものです。これらを拡散させることで、より美味しさが増すと言われています。ちなみに100回かき混ぜれば約1.2倍、300回で約1.5倍に旨みが増加します。
Q2.納豆の食べ頃はいつ?
出荷から1~7日ぐらいが食べ頃と言われています。
Q3.「ひきわり納豆」と「粒納豆」ではどちらが身体にいい?
「ひきわり納豆」は粒を細かく砕いてあるため表面積が大きくなります。このため納豆菌が形成するビタミンK2の量が「粒納豆」より多くなるので、骨を強くしたい人には「ひきわり納豆」がお勧めです。
こんな商品あります