闘牛、最新情報 2020年版

por 斎藤祐司


*シモン・カサスがニーム(フランス)の興行権を5年延長

 シモン・カサスは、ニームの興行権を、引き続き5年間延長し、2024年まで続くことになった。もう30年くらい(もっとかもしれない)ニームの興行権を持ち続けている。フランスでは有名だったが、スペインではあまり知られていなかったが、クリスティーナ・サンチェスのアポデラードとして、イベリア半島を廻ったのは、97年頃。一気にスペインでも名前を売った。今や、マドリードのラス・ベンタス闘牛場の興行権も持っている、闘牛ファンなら知らない人がいないような存在になった。スペインでもラス・ベンタス闘牛場の他に複数の闘牛場の興行権を保有している。

2-Dic-2019


*アルル(フランス)の興行権を元闘牛士のファン・バウティスタのグループが獲得。

 アルルの興行権は、ファン・バウティスタが率いるルディ・オルガニサシオンが次の4シーズンの興行権を得た。元々父親のグループが興行権を持っていたはずだ。ファン・バウティスタは、闘牛士を辞めた後、本格的に闘牛の興行主としての道を歩み始めた。フランスの闘牛界は、シモン・カサスを中心に動いてきたが、これからは年が若い有名闘牛士であるファン・バウティスタが、フランス闘牛界の中心に変わって行くだろうと思う。スペインでも、チョペラやロサノなど大きな処も、代替わりが進んで行くだろう。

3-Dic-2019


過去の、闘牛、最新情報

98年9月20日〜99年1月2日まで 99年1月11日〜3月1日まで 3月9日〜5月23日まで 5月27日〜11月10日まで
2000年1月2日〜4月17日まで 5月18日〜12月31日まで 2001年1月22日〜7月27日まで 2002年1月9日〜3月3日まで
3月6日〜5月15日まで 5月18日〜8月6日まで 8月7日〜12月10日まで 12月20日〜2003年2月14日まで
2月15日〜4月4日まで 4月5日〜6月14日まで 6月17日〜8月14日まで 8月13日〜9月23日まで
9月25日〜10月25日まで 10月30日〜2004年1月1日まで 2004年1月3日〜2月2日まで 2月4日〜3月17日まで
3月18日〜4月13日まで 4月16日〜6月30日まで 7月1日〜8月25日まで 8月28日〜2005年1月21日まで
2005年1月22日〜3月19日まで 3月21日〜6月10日まで 6月11日〜12月9日まで 12月13日〜2006年2月21日まで
2月22日〜6月10日まで 6月11日〜10月16日まで 10月17日から2007年3月3日まで 3月5日〜6月10日まで
6月11日〜2008年1月9日 2008年1月11日〜3月12日まで 3月15日〜10月8日まで 10月18日〜2009年3月20日
3月21日〜4月25日 4月29日〜7月21日 7月22〜12月18日 12月19日〜2010年1月29日
2月1日〜3月6日 3月9日〜5月7日 6月1日〜2011年1月11日 2011年1月12日〜3月24日
 3月28日〜5月27日  5月31日〜2012年1月2日  2012年1月7日〜7月17日  2012年12月19日〜2013年6月13日
 20014年1月14日〜5月21日  2016年1月12日〜7月23日 2017年2月7日 〜3月9日  2018年1月14日〜8月31日
 2019年1月13日〜4月4日  4月5日〜7月11日    

http://www2u.biglobe.ne.jp/~tougyuu/以下のHPの著作権は、斎藤祐司のものです。勝手に転載、または使用することを禁止する。