ひとりごと 

2010年のひとりごとへ 2008年のひとりごとへ 

2007年のひとりごとへ 2006年のひとりごとへ 

2005年のひとりごとへ 2004年のひとりごとへ

     2003年のひとりごとへ 2002年のひとりごとへ

2001年のひとりごとへ 2000年のひとりごとへ

1999年のひとりごとへ 1998年のひとりごとへ 

2009年12月のひとりごと

12月3日 高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。その7を追加しました。

もうじきクリスマスです・・・クリスマスのマザーグースへ

12月13日 高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。その8(あとがき)を追加しました。長かった連載もこれで終了です。

12月23日 1月14日(木)放映予定の『イン・ハー・シューズ 』 In Her Shoes (2005.US) には、結婚式のマザーグース「サムシングブルー」がでてきます。

対照的な姉のローズ(トニ・コレット)と妹のマギー(キャメロン・ディアス)が恋に仕事に、それぞれの人生の転機を迎える姿を描いたヒューマンドラマ。以下は、映画の後半で、祖母のエラ(シャーリー・マクレーン)が結婚式を迎えるローズに自分の靴を貸す場面。この映画には、靴(シューズ)が人生の象徴として何度も登場しているので、映画のタイトルにもなったのだろう。

ELLA: I wore them in 1952.
ROSE:
Old.
ELLA: But not to you.
ROSE: Right.
ELLA. And if I didn't give them to you?
ROSE:
Borrowed.
ELLA: Okay. Look at the flowers.
ROSE:
Blue.
ELLA: Yeah.
エラ:1952年の私の結婚式に履いた靴よ。
ローズ:
『古いもの』ね。
エラ:あなたのではないのよ。
ローズ:ええ。
エラ: あなたにはあげるわけではないのよ。
ローズ:
『借りたのもの』
エラ:そうよ。花の模様を見て。
ローズ:
『青いもの』
エラ:そう。

2009年11月のひとりごと

11月3日 高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。その5を追加しました。

11月5日はガイ・フォークスの日。イギリスでは、花火を打ち上げてお祝いします。詳しくは、こちら

11月13日 高校のときの同級生、イギリス在住のサッコさんから、ガイフォークスデイについてメールをいただきました。新たに、「サッコさんのイギリス・マザーグース便り」のコーナーが登場です。

11月23日 高校3年生の論文エッセイその6を追加しました。

2009年10月のひとりごと

10月3日 ハロウィーンのマザーグースを知りたい方は、こちらへどうぞ。

10月13日 10月11日に69万を超えました。6月下旬の68万ヒットから4ヶ月で1万増えました。いつもご愛読 ありがとうございます。高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。その5を追加しました。

ハロウィーンのマザーグースを知りたい方は、こちらへどうぞ。

10月23日 高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。その4を追加しました。

2009年9月のひとりごと

9月3日 新連載は、高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。3年生の課題研究の時間に、各自がテーマを設定して4000字の論文を作成しました。Mizuhoさんは、怖いマザーグース、残酷なマザーグースに注目した意欲的な論文「裏マザーグース」を書き上げ、優秀作品に選ばれました。Kさんの了解を得て、少しずつ連載します。

9月13日 高校3年生の論文エッセイ「裏マザーグース」です。その2を追加しました。

2009年8月のひとりごと

8月3日 今回リンクしたのは、「こえ部」という朗読を自由に録音できるサイト。「マザーグースを朗読しよう」では、いろんな人が「誰が駒鳥殺したの?」の朗読に挑戦しています。読む人が変わると、印象が変わって楽しいですね。あなたも朗読に挑戦してみたら・・・??(リンクへ

8月13日 上の写真は、2002年1月に、原田オサムさんからいただいた、ハンプティのサイン色紙です。「To Junko」と書いてもらいました。

8月23日 今回リンクしたのは、ラグタイムがお好きなラゲディ・アンさんのサイト。
「ハンプティ・ダンプティ」をタイトルにしたラグタイムの情報やアンティークキルトの生地のマザーグースなどについて書かれています。

2009年7月のひとりごと

7月3日  7月15日は「聖スウィジンズ・デー」。この日に雨が降れば40日も降り続くそうな・・・。

7月13日  今回リンクしたのは、『不思議の国のアリス』グッズを購入できるサイト。ハンプティやハートの女王、ダムとディーなどのグッズがあります。(「アリスが口ずさんだ子守唄」へ

7月23日 来月、マザーグース学会設立20周年記念のツアー「マザー・グースの舞台を訪ねて」がおこなわれます。8月21日(金)から8月28日(金)までの7泊8日のツアーです。往復全日空。

ロンドンでマリア教会の塔(ハンプティ・ダンプティを置いた場所?)、セント・アイヴス、ホワイト・ケーキで有名な町バンベリー・クロス、シェークスピアの故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォン、グロスター、Kilmersdom、ホーナー家の領地(セント・アンドリュー教会、ホ−ナーの家)、「ハバートおばさんの家」、ウィンチェスター(グレート・ホール〔アーサー王の円卓の騎士のテーブル?)など、マザーグースゆかりの場所をまわります。

申し込み募集中とのことです。

(マザーグースツアーの詳細ホームページへ)

2009年6月のひとりごと

6月3日  今回リンクしたのは、読売新聞の記事です。秋田栄養短大の平辰彦准教授が、マザーグースを秋田弁に翻訳した絵本「あばぁ・ぐうすの世界〜北国のマザーグース〜」を出版されました。絵本では、15編の歌を紹介。それぞれ英語の原文と、秋田弁の翻訳文、標準語の歌詞を掲載、とのことです。

6月13日  今回、「パロディ」に「新聞・雑誌記事のマザーグース」を追加しました。久し振りの新たなコーナーです。ちなみに・・・「アメリカ新聞協会の新聞救済策: 壊れた卵を元に戻す名案はあるか?」というアメリカの新聞記事の引用です。

6月23日  今回の写真は、久し振りのお宝マザーグース。10年ほど前に、近所の雑貨屋さんで買ったナーサリーライムの本の形をした小物入れです。「イギリスの雑貨屋さんなんかこの辺では、はやらなかったのか、1年もしないうちにお店はつぶれてしまったのです。残念!

6月21日に68万を超えました。3月中旬の67万ヒットから3ヶ月で1万増えました。いつもご愛読 ありがとうございます。

6月にちなんだマザーグースは・・・ジューン・ブライド

2009年5月のひとりごと5月3日  今回追加したのは、「テーマパークMG]。TDL開園25周年を記念して繰り広げられるショー「ドリームス・ウィズイン」の序盤に、みんなで縄跳びシーンがあるのですが、強風のときは、縄跳びの代わりに、「ロンドン橋」のシーンに変更になります。「ドリームス・ウィズイン」へ

5月13日  今回追加したのは、グラス・ハーモニカの音色を楽しめるサイト。マザーグース学会関西支部長の安藤幸江先生に教えて頂きました。「メリーさんの羊」や「ロンドン橋」などを鍵盤を使って弾くこともできます。(リンクへ:海外のサイトの中にあります。)

5月23日  5月のマザーグースといえば、「メイフラワー」!緯度の高いイギリスでは、5月に一気に花が咲いて、春と初夏が一度にやって来るんですよね。

メイフラワーへ

2009年4月のひとりごと

4月13日 今回リンクしたのは、ネット上で読める文献を検索できるサイトです。リンクは、「ナーサリーライム」で検索した結果ですが、いろんなキーワードを入れて調べることができます。マザーグース各文献を、中身はもちろん、表紙から裏表紙まで見ることができるので、楽

しいです。

4月23日  5月のマザーグースといえば、「メイフラワー」!緯度の高いイギリスでは、5月に一気に花が咲いて、春と初夏が一度にやって来るんですよね。

メイフラワーへ

2009年3月のひとりごと

3月3日 東京のピンポイントギャラリーで、「100人のマザーグース展」が開催中です。
2009年3月2日(月)〜3月14日(土) 8日(日)休、11:00〜19:00 土曜日は17:00までやっています。場所は、表参道駅B1出口より徒歩3分、青山通りと骨董通りの交差点です。

欧米で古くから親しまれているマザーグースを100人のイラストレーターが個性豊かに表現しています。「100人のマザーグース展へ」

3月13日 3月10日に67万を超えました。12月中旬の66万ヒットから3ヶ月で1万増えました。いつもご愛読 ありがとうございます。

3月23日 3月30日に、久しぶりに「風と共に去りぬ」が放映されます。マザーグースが二つもでてくるんですよ。

今年のイースターは4月12日(日)。イースターにまつわるマザーグースは、こちら

2009年2月のひとりごと

2月3日 今回リンクしたのは、ハンプティ・ダンプティやキラキラ星、ロンドン橋などのマザーグースを20曲以上収録したサイト。それぞれの唄にメロディやYouTubeの動画などがついているので、楽しいです。マザーグース以外にも、キッズソングがたくさん掲載されています。

バレンタインデーにまつわるマザーグースはこちらです。

2月13日 今年の夏休みに、マザーグース学会設立20周年記念のツアー「マザー・グースの舞台を訪ねて」がおこなわれます。8月21日(金)から8月28日(金)までの7泊8日のツアーです。往復全日空です。マザーグースゆかりの場所をまわります。

2009年1月のひとりごと

1月3日  あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします。今回リンクしたのは、壺齋散人さんのサイト。100編近くのマザーグースの原文と翻訳、解説が掲載されています。挿絵もすべて壺齋さんのイラストということです。すてきですね.お正月のマザーグースはこちらです 。

1月13日 USJのナイトショー「天使のくれた奇跡」は、2008年人気のクリスマスイベントでした。この壮大なショーの始まりが、”I saw three ships come saling by”でした。歌の数々にのせて、エンターテイナーおよび、映像、天使をかたどった紙ふぶき、合わせて1,000を超えるたくさんの天使たちが登場し、愛の告白をする若いカップルを包み込みます。

さらに、高さ36mの日本最大級のクリスマスツリー「ユニバーサル・スーパー・クリスマスツリー」が点灯する瞬間も織り込まれ、音と光、映像の演出でゲストを包み込み、クリスマスの夜をより一層ロマンティックに彩りました。

1月23日 1月末から2月上旬にかけて、テレビでマザーグース登場映画がたくさん放映されます。それも、「カッコーの巣の上で」「卒業」「ホーム・アローン2」「ハリーとトント」「我が道を往く」などの名作揃い。未だ見ていない人は、必見です!

どの場面に登場するかは・・・すべて「映画の中のマザーグース」(ピンクの方の本)に載っています。(著書へ

バレンタインデーにまつわるマザーグースはこちらです。