マサのWeb玉手箱 >> プロフィール 気まぐれ日記 掲示板 更新

学級日誌番外 (ホームページ作成ノウハウ集)

>>> 学級日誌番外トップ

17.URLの最適化(SEO対策) (2011年3月4日)

◎環境
・特に指定なし
◎解説
SEO対策として一般的には、キーワードの指定、HTMLの最適化、外的施策などが考えられるが、その他にURLの最適化(正規化)も重要な要素の1つと言われている。wwwの有り無し、index.htmlの付く付かないのように、各ページを表わすアドレス(URL)が複数存在すると、これらは全て別のURLとして認識されるためSEOスコアが正しく評価されなくなり、検索エンジンで順位が低下する恐れがある。URL最適化の具体的な方法は次の通り。

(1) .htaccessによる301リダイレクト
http://www.sample.com/ と http://sample.com/ と http://www.sample.com/index.html と http://sample.com/index.html のURLを1つに統一する。例はさくらインターネットの場合。.htaccessの記述はサーバーにより異なるので注意が必要。
          RewriteEngine on
          RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sample.com
          RewriteRule (.*) http://www.sample.com/$1 [R=301,L]
          RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
          RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.sample.com/$1 [R=301,L]    ←必ず末尾は改行すること
          

(2) index.htmlへの内部リンクを絶対アドレスにする
          <a href="./index.html">トップページ</a>
            などの内部リンクは相対パスで無く
          <a href="http://www.sample.com/">トップページ</a>
            の様に絶対アドレスで指定する
          

(3) rel="canonical" による正規URL指定
http://www.sample.com/index.html ページのhead要素内に、URL正規化タグ(rel="canonical")を追加して正規のURLを定義する。
          <link rel="canonical" href="http://www.sample.com/" />
          

主なSEO対策


【サイト設計】
  • URLを最適化する
  • 各ページから1つ以上の内部リンクを張る(発リンク数は内外合計100まで)
  • 重要コンテンツのテキスト部は画像化しない
【キーワードの指定】
  • titleタグに適切なキーワードを含める
  • metaタグのdescriptionパラメーターに適切なページの説明文を記載する
  • metaタグのkeywordパラメーターに適切なキーワードを羅列する
  • h1・h2などの見出しタグに適切なキーワードを含める
  • aタグのリンクに適切なアンカーテキストを記載する
  • strongタグを使用してコンテンツ内のキーワードを強調する
  • 画像のalt属性に適切な説明文を記載する
  • ロングテールキーワードも検討する
【HTMLの最適化】
  • 正しいマークアップを心がける
  • JavaScriptとCSSは外部ファイルに記述する
  • コンテンツをh1・h2などの見出しタグで体系化する
  • HTMLを軽くして表示を速くする
  • フレームを使わない
【外的施策】
  • 他のサイトからバックリンクが張られるようにする
【Googleウェブマスターツールの活用】
  • Webサイトがインデックスに正しく登録されているか確認する
  • インデックス登録にサイトマップを活用する

 

>>> マサがお勧めするSEO対策の本 (by Amazon.co.jp)