TOPメニュースズメバチによる刺傷被害 > 全国の刺傷被害発生情報

新聞記事で見る全国の刺傷被害発生情報 2019


刺傷被害発生情報2018刺傷被害発生情報2017刺傷被害発生情報2016
刺傷被害発生情報2015刺傷被害発生情報2014刺傷被害発生情報2013刺傷被害発生情報2012刺傷被害発生情報2011
刺傷被害発生情報2010刺傷被害発生情報2009刺傷被害発生情報2008刺傷被害発生情報2007刺傷被害発生情報2006

ネット検索や新聞やテレビによる報道で得られた情報の概要を紹介すると共に,”なぜ被害が発生したのか?”,”被害を防ぐ手立てはなかったか?”等についても検討します.

スズメバチに11人が刺される  【鹿児島県】

7月27日午後3時20分頃,伊佐市内の公園で,キャンプに来ていた子ども9人と付き添いの大人2人の合計11人が,吊り橋を渡っていてスズメバチに刺され,病院に搬送され手当を受けたがいずれも軽症.キイロスズメバチの巣が橋の下にあった.

【オーナーのコメント】

橋の下に巣があり通行中に刺されるケースは時折見受けられる.こうした解放空間の巣は全て引っ越し後の巣で,最近この場所に引っ越ししてきたと考えられる.そのため,今まで被害が発生しなかったのであろう.事前に被害防止策を講じるのは難しいので,万一刺傷被害が発生した際の対応や,被害の拡大防止についても日頃から心がけておきたい.

 

ハチに刺され男性一人が死亡  【新潟県】

7月28日午前11時頃,佐渡市内で,道路脇の草刈りをしていた男性(50歳)がハチに刺され,容体が急変したため病院に搬送されたが死亡した.同じ日の8時頃にもハチに刺されており,市販の薬を塗って作業を継続していた.二回目に刺されたのはアシナガバチらしいとのことである.

【オーナーのコメント】

草刈り中にハチに刺されるケースはしばしば見受けられる.おそらくエンジン付きの草刈り機を使用していると思われるが,そのためいきなり巣を刺激して被害が発生することが多い.一回目の刺傷でたいしたことがなかったため,そのまま作業を継続したのであろうが,二回目の刺傷が死亡につながった不幸な事例であった.

一回目のハチは種類が不明であるが,アシナガバチかスズメバチのいずれかであろう.死亡した男性の抗体価は不明であるが,アシナガバチの抗体価が高かったのであろうか.そのため,スズメバチ→アシナガバチの順で刺された場合,一回目のスズメバチ刺傷では反応が弱かったものの,二回目のアシナガバチ刺傷によりアナフィラキシーショックを引き起こし亡くなった可能性もある.

ハチに刺されるとどのような症状がでるかは,刺されてみないとわからないのが実情である.一回目,二回目の刺傷がいずれもアシナガバチの場合であっても,刺傷後の反応が異なる可能性は十分にあるので油断は大敵である.

刺傷被害が発生しやすい作業に従事する人は,必ず抗体検査を受け,必要であればアドレナリン自己注射キット(エピペン)を携行することが望ましい.

 

スズメバチに6人が刺される  【秋田県】

8月18日午前6時頃,大館市内の神社で草取りをしていた男女6人がスズメバチに刺され,病院に搬送され手当を受けたがいずれも軽症.キイロスズメバチの巣が社殿の壁の中にあった.

【オーナーのコメント】

ハチが出入りしているのは知られていたが,今まで被害は発生していなかった.たまたま,巣の近くで多人数が草刈りをしていたため,ハチを刺激して攻撃を受けたのであろう.

ハチの巣の近くでは,急な動きをしたり,大きな声を出すなどの動作は禁物である.特に大人数の時はハチを刺激しやすいので注意が必要である.