研究概要

 私達の研究プロジェクト(基盤B)グループは、筑波大学大学院 生命環境系応用動物昆虫学研究室において、農業害虫および寄生性天敵昆虫を対象として、その生理学・行動学の両面からの研究をおこなっています。その中でも寄生性天敵の研究は、その成果が将来の生物的防除に結びつくことを目標とした基礎研究を行っています。また、昆虫の性フェロモンなどの行動制御物質の研究を通して、害虫管理の道を目指しています。ここに、研究の成果と発表論文、その他の活動等を紹介します。戒能は、2021年3月31日をもって定年退職ですが、4月1日からは非常勤研究員として研究を継続し、研究グループはしばらく存続します。このホームページを見て、内容に興味を持った方、見学を希望される方は、Eメールで戒能まで連絡下さい。(一般の方でも歓迎します)

新着情報

ここに入力ここにちらしNEW
昨年度から大きい更新はしていませんでしたが、今回、プレンティ・大島さんのご協力で大幅に更新しました。メニュー項目にブログを追加し、今後つれづれなるままに日々の思いを書き込むことにしました。研究内容も、最新の情報に入れ替えました。しばらくお待ちください。
※扉の写真の説明: 左上:カリヤコマユバチがアワヨトウ幼虫に産卵しているところ(蔵満先生撮影)、右上:ハマキコウラコマユバチがチャノコカクモンハマキの卵塊に産卵しているところ、左下:性フェロモンを出しているチャノコカクモンハマキの雌に雄が近づいたところ、右下:チャノコカクモンハマキの雌雄