研究内容

1.天敵昆虫の行動制御による生物的防除



2.昆虫行動制御物質の研究とその害虫管理への利用



3.昆虫の行動生態学

最近の研究テーマ


1.ハマキコウラコマユバチの学習行動 (写真)

 茶の害虫チャノコカクモンハマキの天敵であるハマキコウラコマユバチが、寄主を探すための学習能力を持っていることがわかり、植物成分に対する連合学習を中心とした研究を進めています。


2.カリヤコマユバチの植物成分への誘引と学習 (写真),(風洞装置)

 イネ科植物の害虫アワヨトウの天敵であるカリヤコマユバチは、加害を受けたトウモロコシに誘引されることがわかっています。コマユバチは、この加害トウモロコシからの揮発成分を学習して寄主探索を行うことが風洞実験から明らかになりました。



カリヤコマユバチの条件付け方法。トウモロコシ葉抽出物を処理したろ紙の上でアワヨトウの糞に反応する雌カリヤコマユバチ。

3.ブランコヤドリバエの植物成分への誘引 (写真)(風洞装置)

 チョウや蛾の幼虫に寄生するヤドリバエが寄主を探索するときにも、寄主の加害を受けたトウモロコシの揮発性植物成分を手がかりにしていることが証明されました。



 

4.キアシブトコバチの産卵と寄生様式 (写真)

 蛹寄生蜂、キアシブトコバチの寄主認識には、寄主蛹の表面の化学物質(カイロモン)が重要であることが確認されました。


5.ハマキコウラコマユバチの配偶行動と性フェロモン (写真1,2,3)

 ハマキコウラコマユバチの配偶行動とその行動を制御する性フェロモンの存在と機能が明らかになりました。そして、(Z)-9-hexadecenalという揮発性物質が雌の足跡として残され、性フェロモンの機能を持つことがわかりました。



6.チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤に対する低感受性(写真1,2),(風洞実験の模式図、風洞写真1, 2, 3, 4)

 静岡の茶畑において15年間フェロモン剤による交信撹乱防除をしたことで、数年前に防除効果の低下が認められました。これを、フェロモン剤抵抗性として、行動および生理的な変化を調べています。


 

       

7.Y字管を用いた選択実験(写真1,2,3,4,5)

 Y字管は、昆虫のにおいに対する反応を調べる装置です。簡単な検定法として、多くの物質のスクリーニングや2種類のにおいの選好性(好み)を比べる場合に便利です。ここに紹介するY字管は、透明摺り合わせを用いて気密性を高めたものです。



8.活性炭フィルターを備えた風洞装置(写真1,2)

 給気部分に活性炭フィルターを装着することにより、部屋のにおいを気にすることなく風洞実験ができるようになりました。照明も明るくして、昼行性の昆虫行動実験により適したものになりました。
 

9.ミクロタイプ卵を寄主食草に産み付けるヤドリバエの研究

 一部のヤドリバエの仲間は、0.2mm程度の微小卵を葉に産み付けます。それを食べた寄主はこのヤドリバエに寄生されることになります。古くはカイコに寄生する、カイコノウジバエ(卵1,拡大2)やカイコノクロウジバエが養蚕業の大害虫でした。