||TOP PAGE ||

-自転車 Bicycle-


自転車メンテナンスメモ
ロードマンくん 1985年モデル
乗り続けてウン十年。

GIOS フルボ
初のロードバイク


自転車走行レポート



自転車に関する考察
ギアの歯数と時速の関係
回転数計を持ってないあなたへ


気まぐれコメント
2019-8-11
やっと前輪が組みあがりました。
今回はハブは105で、リムはアンブロシオのクロノです。
このクロノは公称360gですが、実際は370gでした。
それに対して前回作ったマビックのリフレックスは公称360gですが、実際は395gでした。
で、クロノはほんとにやばいくらい極細のリムでした。
その細さにこれでほんとに何100キロも走れるんかいなと思うくらい。



とりあえずスポークは100kgf以下にしました。
しばらく軽く走ってから締め上げようかなと。
とにかくまずチューブラタイヤを買わなきゃ。
今はとりあえず後輪に取り掛かってます。

2019-8-4
チャリダー(NHK BS1)という自転車番組をご存知かと思いますが、
最近坂バカチームが日本代表チームの監督さんの指示を受けるという回がありました。
その中で意外だったのが「主観的運動強度」という概念でした。
パワートレーニングバイブルにも少し紹介されていたんですが、
主観的に運動レベルをキツイとか、ゆるいとかをきめて、それにそって練習をするというやつなんですね。
で、思ったのが、なんだかそれはなかなか大事だなーと思ったんですよ
サイクルコンピュータの表示を見て苦しい練習をするより、
体と相談しながら、練習すると。(あとでメーターのログをみれば調子がわかる)
メータをみながらすると、ゴール数値が出ると、それ以上がんばらないことってあるじゃないですか。
それを避けるのが狙いなのかなあと。
目一杯がんばらないと伸びないでしょ。監督さんがいれば、げきを飛ばすんでしょうが。
個人でやると誰もげきを飛ばさない。
あるとすれば、体といかに相談するかなんじゃないかなと。
そういうのを取り入れていいじゃないかなと思ったりして。

2019-7-28
パワートレーニングバイブルの本に回復走っていうのが出ているのですが、
これが結構大事だってことをわかりました。
出力(パワー)のレベルに応じて7段階に分けてまして、
その最低ランクが回復走です。
これはFTP(1時間で出せる最大の出力)の65%くらいまでの出力なんですが、
実際やるとわかるのですが、スカスカなんです。
でもね、固定ローラ終わった後に、ちゃんとこれを時間かけてやると、
その後の足の硬さが変わるんですよね。
ちょっとびっくりしました。いつもすぐ止めてしまうのですが、だめだなと。
ちゃんと回復走レベルをまわして終えないと。
それがわかっただけでもこの本買ってよかったです。

2019-7-21
パワートレーニングバイブルという本を買いました。
これは自転車にパワーメーターをつけてるかたを対象としたものでして、
当方はパワーメータつけてないので、役に立たないかというとそうではなく、
とっても興味深く読ませてもらってます。
箕浦さんの固定ローラは時速とパワーの関係が公表されてまして
それを元にFTPを測ったりしてます。(箕浦さんによると参考データなんですが。。)
(でも目安にはなるでしょ)
そのFTPの測り方とか、その他の能力のパロメータの計測方法が書かれているんですね。
そういうのが参考にとってもなるんです。
パワーによるレベルの定義とかも大事だし。(回復走、耐久走とか、、)
トレーニング方法とかも書かれてます。
かける時間が1時間以上のものが主なので当方は自分なりにアレンジがひつようになりそうです。
しかし考え方をなんとか学びたいと考えてます。
少ない時間でいかにトレーニングするか。
「早くなるために十分なトレーニング。」これを目指したいです。

2019-7-14
神河ヒルクライムで無事完走しましたので、すこし報告を。



今回の注目は、17kmのコース中斜度2%が5km。3%がさらに5km。
その後7%が7kmという主に平坦路で構成されたコースになっているということです。
当方はFTP的にも上の順位を目指せる人ではないですので、(FTPはローラの負荷と時速の関係で求めている)
スタート直後みんなすごいスピードで出て行くのを完全に見送りました。
もちろんついていけたんですが、やめました。
今回の当方の作戦はスタミナがないための体力温存作戦でした。
レース前にコースの斜度から計算される速度を予習しておいて、
ほぼその通りかそれ以上で走ったのです。
可能な限り回転数は100rpmを維持。登りではいつもと同じでもっと遅くする。
100rpm維持はトルクを少しでもかけないという作戦です。
トルクをかけると体力消耗するためです。
そういう作戦で行ったら、出だし完全に出遅れでしたが、
数km走ると、トップ集団からちぎれた人たちがぽつぼつと。
そこでいい感じのスピードの人の後ろにつきながら、
でも遅くなってきたらどんどん抜かして行くというスタイルで
行きました。
ほぼ思い通りのレースができました。
順位はやっぱり出走者の半分くらい。。(笑)
実力どおりのできでした。
レース後はみんな参加型の表彰式がありまして、MCの方が慣れた方ですごい楽しく過ごせました。
アットホームなんですよね。なんか好きになりました。このレース。



平坦路が多くて、ロードレースっぽいのがいいです。
おみやげも多いです。いろいろ特典もあって。
ただ残念がら、当方のミスか、受付のミスか今となっては不明ですが、
ゆずようかんを手に入れることができませんでした。来年は受付でちゃんと確認しよっと。

2019-6-23
地球温暖化阻止に自転車はきっときくと思う!
カンです。だって、自転車を作るときに排出するけど、それからはほとんど出さないで、
長距離を移動できるし、乗ってる人を健康にするし、
健康になるとやる気が出てくるし、
やる気がおきると、きっと希望も見えてくるし、
頭の回転もよくなるし、
そして健康だから、長生きするし、
考えるといいことずくめ。



六甲山をヒルクライムしてたときの写真。上はガスってました。
六甲山の道を走っていると、ロードバイカーさんとか、このようなトレイルランナーさんに出会います。
みなさん、たいがい挨拶をしてくれます。
ぼくはいつもトレイルランナーをされている方を尊敬してます。
だって自力で走ってここまできてるんですから。

2019-6-16
スポーク届きました。ああついに3本目の手組みになります。
まあしかしたぶん盆休みくらいにやり始めますかね。
今日は一月ぶりに六甲山ヒルクライムしてきました。前と同じ再度山まわりで帰ってくるコース。
西宮側から登るクライマーさんはみんなとても礼儀正しいんですよ。ほいでめちゃめちゃ速い!
当方よりもたぶん年齢が上の方だと思うのですが、足の筋肉はんぱない。
神河のヒルクライムレースをちょい模擬した気分で取り組んだんですが、
当方は非力ですので、スプロケ交換しておこうかなとか思ってます。

2019-6-9
スポークの注文をしました。いつ届くかな。
久しぶりの手組みなのでゆっくりじっくりとやりたいですね。
もう子供達も大きくなっているので作りかけのホイールをいじることはないでしょうから、
部屋でじっくりと取り組むことができそうです。
さて、ヒルクライムレースにエントリーしました。
地元兵庫県開催のレースです。開催間近なのに、まだエントリー受付中でして、
ついつい申し込んでしまいました。神河でのレースです。
前半がなんだかロードレースちっくになりそうな気がします。たぶん千切れるだろうな。。。

2019-5-26
アンブロシオのクロノF2.0とシマノハブの組み合わせでホイールの手組みをします。
あとはスポーク長を求めるだけなので、それを今日はやってました。
いやーたいへんだ。久しぶりなんで相当手間取りました。
また前みたい(ロードマン君のとき)に間違えてるかもしれませんが、なんとか出しました。
それがお店さんの値からだいぶずれていたのですが、まあなんとかなるでしょ!(笑)

2019-5-19
六甲山ヒルクライムをしてきました。練習がてら少し距離を伸ばして再度山まで行きました。
結構おおくのロードバイカーたちに会いました。それとバイクの人たち。。
おもしろかったのは六甲山を西宮側から登る人たちなんですが、あいさつがすごい礼儀正しい。
当方が「あざーす」っていうんですけども、相手の方は「おはようございます!」とすごく滑舌がいい。
何度かそういう挨拶を受けて、当方もこれからはもっとちゃんとあいさつしよって思いました。



この写真は六甲山から再度山へ抜けていくときのダウンヒル時の風景なんですが、
道がすごいんですね。前述のヒルクライマーたちはたぶんここで休日の鍛錬をしているかと思うのですが、
道が結構わるい。ひび割れたり、舗装が波打ってたり、道が狭かったり。
当方の練習坂は幅広いし、道比較的きれいだし、勾配9%以上だし、恵まれているなーと思いました。

2019-5-5
固定ローラを購入しましたの話は前回に書きました。
セッティングもしました。自重式と固定式のどちらもできるタイプで、とりあえず自重式で始めました。
負荷があるといいですねー。つねに坂道をのぼっている感じになる。
なにがいいって、回転数を選べるところですかね。
速度と負荷の関係が明白になっている機種でして、
それを見ながら、負荷と回転数の関係を考慮して負荷を設定してます。
これまでFTPの計測をやったことなかったんですが、時速で負荷がわかるので、やりました。
だいたい予測する値になってました。これはいいですね。
でもやっぱり3本ローラはいいですよ。もっと場所があれば交互に乗りたいくらい。
やっぱり3本ローラの実走に近い感じはすごく大事。
固定ローラは力バカみたいに思えたりします。。。
ま、しかしこれでないとはやくならないでしょう。

2019-4-28
とくにネタなしですが、伊吹山から帰ってすぐに愛用している3本ローラから異音がしまして。
結局バラバラにして分かったことは前輪側のローラが微妙に偏心していることでした。ちょー微妙ですよ。
音でわかるくらいの微妙な。で修理というか交換となると、5千円もするそうなので、少し考えて、
負荷のかかる前輪側ではなくて、最後尾の後輪(ここは負荷がかからない)側に変更してみました。
少し異音がマシになりました。これで少しだましだまし使うことになります。
しかし実はなんと固定ローラを購入しました!
まだ組み立ててませんが、ついにパワーのつく練習をしてしまおうと思ってます。

2019-4-21


伊吹山ヒルクライム無事完走しました。
前日までは雨の予報でしたが、スタート時は雨になりませんでした。レースの最後らへんで雨になりました。
で、ゴールしたら本降りになってきて、風がきつくて、ガスってて、もう最悪の状態に。
午後にあるはずだった実業団レースは中止になったそうです。
今回ははじめてのフルコース15kmでした。これが距離が思っていたよりも足にきてだめでした。
10kmすぎてからはガスで前がちょっとしか見えないので、あそこがゴールだ!!というモチベーションがわかず、
だんだんスピードがおちて、もうだめだめで。想定タイムより6分も遅くなりました。(笑)
しかし順位は去年よりも4%上がったので、まあよかったのかな。
(もっとあがったはずなんですがね。そんなのはいいです!)
帰りは雨と風の中の下山でちょー怖い。でもいつもの坂道練習でコーナー処理は慣れてたのがよかったです。
で、ドライブウェイの入り口にきたところで、なんとパンクが発覚。
坂道の途中じゃなくてよかった。。
タイヤ交換すればよかったんですが、なんだかめんどくさくてそのまま徒歩で駐車場まで行きました。
同じフルボに乗ってる人を発見しました。声をかけて頂いて、そこで初めてテンション上がりました。(笑)
今回の反省点は、スタミナ不足。負荷を大きくしてわりかし長時間で回すトレーニングが不足しておりました。
次回までに、ついに固定ローラの導入をしようかと思ってます。ああついに。。。
何かおすすめのローラありますか??

2019-3-31
昨日も休日朝練をしました。先週は見かけたロードバイカーさんたちは今回は一人もみなかったです。
前回と同じタイムだったのですが、なぜか心拍は少し低めでした。
心理的要因か、ちょっとしたことで変わるのかな。
あんまり考えずに、もくもくと練習に励みます。

帰り道をいつものようにインターバルしながら、帰ってたら目の前を歩きスマホをしながら信号無視する歩行者を発見。
チリンチリンをなんどもならすが、まったく無視。しかもゆっくりペース。
よっぽど怒鳴りつけてやろうかと思ったくらい。
でもね、おかしなやつかもしれないし。もうそういうのはやめておこうと。
ルール違反する奴には近づかなければいいだけ。

2019-3-24
伊吹山ヒルクライムが近づいてます。
いつもの朝練(ヒルクライム)では、なんと四人のロードバイカーが見かけました。
レースを目指してそうな方が三人はいたと思います。
たぶん伊吹山ヒルクライムなのかなーと。そういえば8月頃も結構みかけるのですよ。
8月といえば、乗鞍ですもんね。(当方は出ませんが。)
さてもう5,000キロをこえていたので、チェーンを変えました。
チェーンをかえるとだいぶよくなりますね。前回もそうでした。
まずギアチェンジがとってもしっくりきます。
それからたぶんですが、ペダリングの効率があがるのか少しタイムがよくなる。
ま、そんな感じです。

2019-3-17
土曜日は雨雲が出ているのは確かめたのですが、まだ行けるだろうと出発したのが失敗でした。
いつものようにヒルクライム朝練が始まったのですが、最初のころは全然大丈夫で、少しソラが明るくなったくらい。
坂道も7割くらいきたところで、なんと急にあられが落ちてきて、みぞれになって


雷がなって(VIRBで撮った中から雷が光った時の映像を探し出しました。笑)



怖くてこわくておそるおそる家路につきました。
いつもだったら走るのをやめてしまうのですが、そのいつもの判断はやっぱり正しかったんだなと思いました。
それと、雨のヒルクライムは登れるけど、下りがすごい危険だということを実感したのでした。

2019-3-10
伊吹山ヒルクライムに向けて鍛錬を続けております。
がしかし少しタイムが落ち気味になってきました。
疲労が溜まってきてる感じですね。
当方は普段は3本ローラで鍛錬してます。練習時間は短いです。
長くて40分弱。短くて10分くらい。その間も少しやります。
なので一位を狙うようなことはなくて、ただ体の鍛錬みたいな目的になってますな。
3本ローラを使い続けるのは、ペダリングの無駄を実感したいからです。
下手だと前後にゆれるんですよ。だんだん慣れてきてもやっぱり微妙に。
そろそろ新しい手組みホイールの計測をしないといけません。
ああそれと、新しいキャンプの計画をたてねば。
京都にある美山町にあるキャンプ場を狙っていたのですが、なんと去年の台風の影響で今年もまだ閉鎖とのこと。ついてないです。

2019-2-24


わたしはここで自転車のことをよく書いてますが、
上の写真を見てもらってわかる通り、時速35kmくらいしか出せないへなちょこライダーです。
(写真の下の表示はVIRBの調子が悪く固定になってました。よってGPSから計算された数字、時速36kmが正しい数字です)
早朝朝練はやっとこさタイムが前と同じかそれ以上になってきました。
体重が軽くなっているのもきいているかもしれませんが、
やはり一番大きいのはしんどいことから逃げないという姿勢だと思います。
脈拍上がっても頑張り通すという感じです。
前と同じタイムは目標ではないので、さらにタイムが上げられるように精進します。

2019-2-11


やっと少しタイムが戻りました。それは相当気持ち的に追い込んだ結果です。
心拍のレッドゾーンに入っている時間が以前と比べて長かったです。
まだまだですな。まあでも苦しさからは逃げないでがんばります。
朝練は6時台からはじめるので、まあ、早朝ですよね。
まっすぐな道を走っていると、こうやって横断する人がたまにいてます。
で、いつも思うのは、こちらが呼び鈴ならしているので、あちらさんも何か反応してくれたらいいのにって思うんですね。
別にこっちは怒ってないし、これからどういう行動をとるのか予測しようとしているのに
無反応だったら怖いんですよね。
手を少し上げるだけでもいいんですよ。気づいているのかどうか。
残念ながらお年を召された方が多いんですね。もしかすると、視界が狭くなっているのかもしれませんね。
そうであるならば、やはりこういうところを横断するのはやめたほうがいいと思います、
と自分に言い聞かせております。

2019-1-27


ヒルクライム朝練のタイムはまだ全然だめです。寒さのせいか。3度くらいやったな。
せっかくスプロケを30Tまでにしたのにー。
ここんとこの北風ははじめてと思うくらいきつかったが。。
来週はもっとがんばろう。
さて、帰りのダウンヒルはいっつもすごーく気をつけて帰ってます。
飛び出す車や人が多いのですよ。
昨日は交差点で信号無視に出会いました。一人の男性が信号無視をし始めて、
それにならった女子高生とぶつかりそうになりました。
みんなで渡ればこわくない赤信号じゃないですが、誰かやりだすと障壁が低くなるんでしょうね。(笑)
ぶつかって痛いのはいやですし、それは大人じゃないので、こちらが正しくとも細心の注意が必要です。

2019-1-20
あけましておめでとうございます。
ここのページは全然更新してませんでした。気まぐれです。
体調を崩して以来がんばってるのですが、まだタイムは5%落ち。
ガーミンウォッチによるVO2MAXは回復しました。少しほっとしました。
本日ついにワイドレシオのスプロケットに交換しました。
どんなにがんばってもパワーがいまいちだったので、ここはやるしかないなと。ついに30T導入ですよ。
さて来週タイムがどれだけ戻るか乞うご期待を!


2018-12-23


今年も後わずかになりました。
体調を崩して以来、また自転車に乗り始めましたが、やはりすぐには戻りません。
いつものヒルクライムコースではタイムは10%まで落ちましたが、なんとか5%まで戻りました。
あと5%がなかなか大変なんやろうなと思います。
というのは登りながら速度表示をみるんですが、落ちてるんですよね。でもスピード出ないんですよね。
朝練なんですが、もう暗くて、土曜日じゃなくて日曜日にして、さらにスタート時間を遅くするようになりました。
日曜日だと車も少し少ないような気がします。
日曜日も悪くないような。
伊吹山ヒルクライムにエントリーしました。


2018-11-25
休日の朝練はある坂道コースを登ったりするのですが、今週は中止。
すっかり風邪をひいてしまいました。気温が10度を下回ったのでぜひぜひやりたかったのですが。
いつも下り坂のときはガーミンのVIRBを使ってドライブレコードをしてます。
事故をしたときの証拠になるかなーと思って。
たまに交通違反を収録することがあるのですね。(朝6時台で早いせいか交通違反車をみかけます)
先日あからさまに信号を無視する車をみかけたので、警察に言うべきかどうか悩みました。
WEBでいろいろ検索してみたんですが、どうやらこの程度では警察は動かない可能性があるなということでした。
つまり、ナンバープレートが分かっても乗ってる人が誰かを特定できなければダメだということなんですね。
しかもこの程度の交通違反であれば、警察官による目視確認で検挙となるみたいですね。
ということで当方だけの注意喚起として朝練時はこの車種は気をつけようと思うことにしました。



(写真と文は関係ないということにしておきます。。(笑))

2018-11-4
ほんとに久々に六甲山ヒルクライムをしてきました。まず思ったのがこんなにここの坂はしんどかったっけ?ということ。斜度はどれくらいあるんですかね。そこに至るまでが結構坂ばっかりだったので、足があんまり残っていなかったのもあると思いますが、頂上近くまでほんとにきつい坂が続きます。



で、やっと頂上へ。



六甲山それなりの標高あるので雲も前に見えます。



気温は地上より低く寒いくらいでした。冬用グラブを取り出して下山。途中であったヒルクライマーはみんなきっちり挨拶を返してくれました。足はガクガクでしたが心は気持ちよかったです。

先週も書いた通り不調続きです。練習してるつもりなんですが、タイムは落ちる一方。。気分も落ち気味。。

2018-10-28


自転車朝練(ヒルクライムコース)は、最近だんだん暗くなってきました。日が昇るのが遅くなってるんですね。寒いし。春とか夏頃は数人のヒルクライマーに出会うのですが、最近はちっとも会わないです。会うのはヒルクライムランナーです。この方はいつも会うのですよ。当方は朝方にトレーニングふうの人やロードバイカーに出会うと必ず挨拶をするようにしているのですが、このヒルクライムランナーさんも、当方のことを覚えてくれるようになって向こうから挨拶してくれるようになりました。あいさつはいいものです。



普段の3本ローラのトレーニングは、ここで書いたかな。

1分走といって、1分フルもがきして、1分休むというのを8本くらいやります。これを週2本くらい。それから2分走を1本くらい。3本ローラでパワーはつかないですが心拍は鍛えられそうです。気温がさがってくるとローラーのゴムが硬くなってくるんです。それで少しパワー練習になるかなーと。

もうちょっとパワー練習するときは自転車に重りをつけます。といってもつけられないので体重の10%くらいの重りを背負います。こうすると、3本ローラの場合、同じ時速に対して比例してパワーを出さないといけなくなるのですね。そういうことをしてます。固定ローラにすればいいじゃんって思われるのですが、なんかエレガントじゃないなと。固定ローラは。やっぱり実走に近い形で練習したいのです。3本ローラはエレガントです。こんなに品のいい練習はないでしょう。うるさいけど。

2018-9-30


淡路島ロングライド150無事に完走しました。
前回と前々回とは違って台風の影響がなく、ほんとに絶好のコンディションで迎えることができました。(当日はくもりでかつ風が少ない)毎度のことですが、車中泊。来年くらいからホテルに泊まりたいなとは思ってます。で、結局A組の1列目から並べました。いつもどおりスタートを切ったわけですが、今年はヒルクライムレースに向けて負荷をあげたトレーニングをしていたためか、お天気や気候の条件がよかったのか、いつもよりは結局30分くらいは早くゴールにつくことができました。平坦路では時速30km巡行が基本でした。いつもならばもっと遅いですからね。全身全霊でいどむことができて、ほんとに悔いなく良かったです。次の日はふらふらでしたけどね。エイドステーションはいつもと違うところといえば、グリコの補助食がBCAAの粉末スティックだけになったことですね。当方は栄養食に詳しくないんで、なんだかなーと思っておりました。他はいつもと同じ、盛りだくさんで今回はいつもよりもたらふく食べることができました。そういう意味でも後悔なしですね。ほんとに楽しかった。また行きたいです。
7月にやった淡路島ソロキャンプ(ロードバイクとトラヴォイ)のレポートを作成しました。よろしければどうぞ。
淡路島ソロキャンプ ロングライド 2018年


2018-7-8


淡路島ロングライドやってきました。
今回はソロキャンプもつけました。キャンプをやりたかったのです。ほいでトラヴォイを使ってみたかった。
考えていたら淡路島がちょうどいいなあと。初心者的には。
一周150kmくらいなので、二日に分ければしんどくないと。
いやーしかしこれがしんどかった。日焼けと向かい風ですね。
またここでまとめて書きたいと思います。

2018-6-17


バスの後ろを走っていると、もうちょい前に行って風除けにしたいとか思うのですが、
でも急ブレーキがあるやもしれないので、やっぱり怖いので、それができなかったりします。
無理は禁物です。
いつものように休日朝練で坂道をのぼっていると、同じようにバスに出会います。
もちろんがつんと抜いていかれるのですが、そのとき思うのは、乗鞍チャンピオンの森本師匠は
このバスたちと同じスピードで上がっていくだと思うと、
そのすごさが肌身に感じます。

2018-6-10


坂道を下っていると、たまにすごい近くまで後ろから接近してくる車がおりますが、
こういう人って車に対しても同じようなことをするような感じです。
車に対してならば、特になんとも思わないのですが、
自転車にはやめてほしい。。みんなそう思いません?こっちは生身やぞと。。
もしカーブで、道ですべってこけたらどうなるんだって思うと、すごい恐怖にかられるんですよね。
もちろんすぐに抜いてもらいたいという気持ちがあるんですが、そういうところでもない場合があるじゃないですか。
なんでもっとゆとりをもって接しないんだろうって思います。
ということもあって、当方はガーミンのVIRBで撮影することにしてます。
ほいで後でナンバー控えたり、危険に感じたシーンは教訓のために残したりします。

2018-5-20


ハンドルを交換しました。デダのゼロ100。244gです。もともとはアダプタ込みで314gなので70gの減量です。
まだ3本ローラしかやってないので分かりませんが、
うーんあんまり変わらんです。はい。
さて、本日は佐渡ロングライドをやってますね。参加者の方、頑張ってください!
淡路島ロングライドはエントリーしました!

2018-5-6
国道2号線を歩いているとロードバイクでツーリング中の方をよく見かけました。
GWは当方はどっこもいきませんでした。(自転車)
家で3本ローラでフルもがき50sec、休憩50secを8本。全部20分ほどのトレーニング。
いつもの朝練(芦有ゲート。3.55km、平均9.4%)のタイムを30sec縮めることができました。
なるほどー。こういうトレーニングが必要なのかと思いました。
しかし普段仕事のあるとき(今はGW中)はこんな時間すらも作れないなと。
なんとか工夫せねば、と思うのです。


(写真はだいぶまえのもの。出だし17%に面喰らう良い坂です。)


2018-4-22

伊吹山ヒルクライム無事完走しました。
タイムは去年より30秒縮めました。
寒い割にはがんばったのではと思ってます。
痛感したことは、パワーが足りないことですね。
パワーがつくようなトレーニングに移行しようかと考え始めました。
レース中気になったことは、
ヒルクライム好きな方が多いんでしょうね。
坂道はどんどん早く行っちゃうんですが、
平坦路や下りでは、ちっともスピードを出さないんですよ。
下りみたいなところでスピード出せば平均速度があがるんですが、そういうことをしない。
なので少しイライラしました。登りは淡々と、下りは攻めでの姿勢で今回も臨みました。


2018-4-1
全然更新してませんでした。
これと言ってネタがなかったからなのですが。
二週間後に伊吹山ヒルクライムへ参加します。(やっとネタができました。)
ハンドルを買った話を前回しましたが、まだ変えてません。
このヒルクライムが終わってからやろうかと思ってます。
トレーニングはやってるのですが、短距離ばかりなのでちょっと不安です。
(伊吹山は15kmで約7%。当方は3.5kmの約9%の練習)
前回参加して分かったことは勾配はぜんぜんきつくないということ。
でも長いので結構体力にきいてくるなというイメージ。
伊吹山ドライブウェイのHPをみてたのですが、今年はやはり15kmフルでいけそうな感じ。
(去年は雪がおおくて10kmだった)
はじめてのフルなのでうれしいような、うれしくないような。
ま!ホビーですから!楽しみたいと思います。

2018-1-7
あけましておめでとうございます。
トップページにあるように体調不良にて、どこにも行けませんでした。
年末年始で体調くずすとは。。
また走られるようにがんばります。



小物を一つ紹介。ここの更新をしていない間にいろいろ小物を買っているのですが
なかなか紹介できずにいました。
デダのハンドルです。ゼロ100のRHM(rapid hand movement よく分かりません。笑)
今のジオスハンドルよりかは軽くていいだろうと思って購入しました。まだまだ取り付けはしません。

2017-10-08
淡路島ロングライド150レポートはまだまだです。気づいたら1年くらい立ってるかもしれません。
パンクしたという話を書きましたが、
追加でコンチネンタルのスプリンターを買いました。

Tire

このタイヤはギザギザが入ってないベタ表面のタイヤなんですが、
以前使った時にパンクしないし、傷みにくい感じだったので今回ちゃんと使ってみたいと思って買いました。

Tire

パンクについてはこのような特別な処理(safety system)がなされております。
よく分かりませんが、効いていると言い聞かせて使ってます。

2017-9-24
おって淡路島ロングライド150の2017年版レポートを作成してアップしたいと思います。
今回は初めて尽くしでしたね。台風。島の東側での向かい風(台風の影響)。パンク。
はじめてパンクしました。この経験でもうこれからはタイヤ2本持ちにしようと決断しました。
走るペースは最初から狙っていた通り、ゆっくり目で思惑通り。
ペダリングを意識したことで、肩の痛みは全然OK。(これは成長したなあと思います。)
チャリダーの撮影隊とは全く遭遇せず。これが残念でした。
(無事完走されたらしいですね。)
ぼちぼち作りますのでよろしくお願いします。


これより以前のログ