独り言

8887今日は和歌山県内のとあるところをドライブ中に見かけたこんな看板をご覧ください。



森本整骨院の看板の隣に空手会員募集の看板。一見、何の変哲もない看板ですけど、実はこれらは森本整骨院の壁に掲げられてる看板なんです。メインの道路に面しておらず、少し入ったところにあるのでお客(患者さん)を呼び込むためにも自分とこの看板を出すのは分かります。で、一緒に空手の会員募集までしてるわけですけど、当然空手をやれば一定の割合で怪我をする人も出るでしょう。そこで整骨院の出番なわけです。つまり、お客を増やすための看板も設置してるというわけです。自給自足と言うのかマッチポンプと言うのか、なかなか商魂逞しい整骨院でした(笑)。 (2024.06.23)
8886今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



昨年の秋に行った東北旅行で立ち寄ったところをGoogleマップの衛星写真であれこれ振り返ってたら、立ち寄りはしなかったけど近くを通ったとある施設に”何か”がありましたの図。場所はここ。何だろうと思ってストリートビューで見ようと思ったら、当然道路からは見えませんけど、多くのユーザーが画像を共有してくれてて見ることができました。”何か”の正体は巨大な犬の上半身でした。青森県はロシアが攻めてきたりするようないざという時、この巨大犬型兵器で返り討ちにする計画があるようです。きっと探したら県内のあちこちに隠されてるに違いありません。今度暇なときに探してみます(笑)。 (2024.06.22)
8885今日は近所のスーパーで見つけたこんなものをご覧ください。



サマーシュトーレン。シュトーレンと言えばクリスマスの時期にしか見ないドイツの菓子パンですけど、クリスマスに向けての仕込みが始まったのか、それとも去年のクリスマス用に作った生地を冷凍保存してたけど、いよいよ消費期限が近づいてきたからサマーシュトーレンと名付けて販売することにしたのかは分かりませんけど、とにかくクリスマスとは正反対の時期に登場してきました。これを見つけて、近所の他のスーパーを数軒回って30分後ぐらいに戻ってきたら無くなってるほどあっという間に売り切れたので、世の中には「なんでクリスマスの時期にしかシュトーレン売ってないんだ!」という人が意外といるってことですね(笑)。 (2024.06.21)
8884今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



 「もしもし?JAFさんですか?あの〜、ちょっと端に寄り過ぎて側溝に落ちてしまったんですけど...」
 「ああ、側溝ですね?小さな側溝ですか?」
 「はい、タイヤの幅ぐらいの側溝です」
 「了解しました!すぐ救出できると思いますのでお待ちください。すぐ向かいます!」

というやり取りで到着してみたらこんなんなってましたの図。担当のJAF隊員はここ最近で一番ハードな日になったことでしょう。まあ、これは日本ではないので実際にはJAFじゃないですけど。しかし、何をどうやったらこうなるんでしょうかね。映画やドラマでこの場面を再現するのも綿密な計画を立てて大勢であれこれやらないとできない気がするんですけど。事実は小説より奇なりって言いますけど、確かにそのとおりです(笑)。 (2024.06.20)
8883今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



バットマンを呼び出すバットシグナルの投光器を作ろうと材料を揃えたんだけど、いざ完成して電源を入れてみたら全くバッドシグナルが出来なかったから即ゴミ箱行きになりましたの図。光量のあるライトならきれいにシグナルが浮かび上がると思いますけど、この程度のライトではまあそうなりますわな、という感想以外出てきません。この人は真面目にこれであのシグナルが浮かび上がると思ったんですかね。やっぱり基本的な物理とかはみんな習得しておくべきだと思います。数学だってしかりです。一方、古文や漢文なんてクソの役にも立たなさそうなので、あれらは要らないと信じて疑いません(笑)。 (2024.06.19)
8882今日はネット上で見つけたこんなマンガ絵をご覧ください。



スペインのサイトにあったものですけど、誰しも一度はやったことがあることらしいです。私は一つもやったことがありませんけど、スペインではみんな「あるある」って頷いてるんですかね。中でも左の上から2番目の階段で何かしてる絵なんて、一体何をしてるのかさえ私には分かりません。右側の一番下も同様に、どんな状況なのか分かりませんね。というわけで、誰か日本版、しかも昭和50〜60年代バージョンを作ってくれませんかね。私も「あ〜、あるある」ってしたいので(笑)。 (2024.06.18)
8881今日は近所の花屋さんに売られていたこんなものをご覧ください。



ヒマワリ。小さな鉢植えの可愛らしいヒマワリですけど、どうみてもほぼ枯れてますよね。まあ、値段も50円ですので、枯れてるのを承知で種取り用として購入するのもアリかなと思いますけど、だったら種を集めて50円で売ってくれと思わんでもないです。既に鑑賞に堪えうる時期は過ぎてますので、あとは種を取るまで淡々と作業するだけの状態だと思いますので。まだ1鉢も売れてるようには見えませんでしたけど、あれから2日以上経過してるので、そろそろいくつ売れたのか見に行ってみるのも良いかもしれません。覚えてたら見に行って報告します(笑)。 (2024.06.17)
8880昨日はタテラーを紹介しましたけど、実は私も意図せずこんなトナラーをやったことがあります。



同じ車、同じ色でトナラー。しまなみ海道の多々羅大橋の袂にある道の駅的なところに立ち寄った際、連休中ということもあって激混みで、駐車するのに係の人の誘導に従って停めたんです。そうしたらこうなりました。私が後から停めたので(私の車が向かって左)、帰る際にはもうお隣さんはいなくなってましたけど、きっとお隣さんも「お、同じ車、同じ色だ!」と写真を撮ったに違いありません。知らんけど。ルーテシア4自体がなかなか少ない中、青という色どうしが遭遇するなんて滅多にないのにそれが隣同士になる確率は、きっと宝くじに当たるより低いんじゃないかと思います。この車に乗って10年ですけど、この10年間ですれ違った青いルーテシア4はわずか3台(このお隣さんはすれ違ってないのでカウントしてません)。貴重なトナラー体験でした(笑)。 (2024.06.16)
8879今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



某SNSでは空いてる駐車場でわざわざ隣に停めてくるバカ、いわゆる「トナラー」が話題になってますけど、それを遥かに凌駕する縦に停めてくる「タテラー」が遂に発見されました。小さな車ならではですけど、なかなかいない同じ車種を見つけるとついつい嬉しくなってしまうんですかね。まあ、この写真は偶然同じ車に乗ってる緑の車の人が、白い車の持ち主が知らない間に縦に停めたというわけではなく、お互い承知のうえでこの写真を撮るために縦に駐車したんでしょうけど。トナラーは先行して駐車してる車の出入りには影響しませんけど、タテラーは先行駐車してる車が身動き取れないですからね。これが白い車の持ち主の与り知らぬところで起こったことだとしたら、ビッグトラブルになること間違いないですから。というわけで、小さな車をお持ちの方は、タテラーをやりたくなってもグッと堪えてトナラーぐらいでやめておきましょう(笑)。 (2024.06.15)
8878今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



死んだ後でもなおそっぽ向かれてしまう可愛そうな旦那さんとその奥さんの遺骨発掘現場の図。きっと遺言書に奥さんが明記してたんでしょう。世間体があるから夫婦一緒に埋葬するのは仕方なく同意するけど、絶対に仲良く並んでの埋葬はお断りよ!ってな感じで。遠い将来、こんな形で衆目に曝されることになるとはつゆ知らずに。というわけで、死んだ後にまで恥をさらしたくない方は是非火葬にしましょう。日本はみんな火葬にしてますので、こんな風に遠い将来話のネタにされる心配はありません。ホント、良い国です(笑)。 (2024.06.14)
8877今日はいつもスカパーで見てる日テレニュースのウェブサイトにあったこんなニュースをご覧ください。



岡山県精神科医療センターがサイバー攻撃され、最大で4万人分の患者の個人データが流出したというニュースです。注目して欲しいのは最後の方に安心してくださいと言わんばかりに書かれてる
流出したデータは匿名性の高い「ダークウェブ」と呼ばれるネット上にあるため、一般の人が閲覧できる可能性は極めて低いと考えられています。
のところ。一般の人が閲覧できなくても、ダークウェブに流れてるならもう終了じゃないですか(笑)。一番心配しないといけない情報を、あたかも安心材料のように報じるのはいかがなものかと思います。むしろ一般人だけに流出してた方が悪い使われ方しない可能性が高いと思うんですけど。記事を書いてる記者も分かってないんでしょうね。ホント、最近のマスコミは低能に成り下がってしまって嘆かわしい限りです。 (2024.06.13)
8876今日はしまなみ海道の来島SAのお土産コーナーで見つけたこんなものをご覧ください。



「青い瀬戸内レモンゼリー」。写真のとおり、食べ物とは思えない綺麗なブルーなんです。化粧品か何かと思って近づいてみたらゼリーだったというわけですけど、瀬戸内レモンと言いながら青いってどういうことなんでしょうかね。私は個人的に青い食べ物には近づかないようにしてますので、もちろん買いませんでした。基本的に青いものって体に毒というイメージしかありませんので、本能に従って青いものは徹底的に避けます。なので、これを見ても全然美味しそうに見えませんでした。というわけで、青い食べ物を気にしない方は珍しいのでお土産にいかがでしょうか。渡す相手が私と同じ感覚だと即行でゴミ箱行きになりますけど(笑)。 (2024.06.12)
8875今日は近所のドラッグストアで撮ったこんな写真をご覧ください。



コパトーンの日焼け止めの宣伝看板ですけど、まずコパトーンっていう超懐かしいメーカーはまだ生き残ってて、今でもずっと日焼け用オイルを出し続けてるってのに少々驚きました。が、何か違和感が。ここで私が学生時代、「日焼け用オイル=コパトーン」だったころのコパトーンの宣伝には必ず付いてたイメージイラストをご覧ください。



違いにお気づきでしょうか。そうです。昔のイラストではワンちゃんが女の子のパンツを引っ張って、日焼けしてない白いお尻を丸出しにしてる絵になってます。しっかりきれいに焼けますよ、ということが言いたい故でしょう。しかも女の子は上半身裸ですね。一方、今のイラスト(上の写真)を見てください。ワンちゃんは女の子のお尻を丸出しにしてませんし、よく見たら分かりますが女の子はワンピースの水着をしっかり着用してます。また、肌の色も白人なのか黒人なのか分かりません。昨今のポリコレに対応した結果なんでしょうけど、こうなるともはやなぜこのイラストなのか意味不明ですよね。女の子が襲い掛かろうとしてる犬に驚いて振り返ってるところにしか見えませんし。テレビ番組やテレビドラマ、ハリウッド映画なんかがクソつまらなくなったのもみんなポリコレが原因ですけど、声のでかい少数意見に振り回されるのはいい加減やめませんかね。 (2024.06.11)
8874今日は昨日紹介した豊稔池堰堤に行く前に腹ごしらえをした地元のスーパー、ハローズのこんな弁当をご覧ください。

 

1枚目が天丼と焼きそばというちょっと変わった取り合わせの弁当、2枚目がロースかつ重、いわゆるかつ丼です。どちらも普通に美味しそうですけど、お値段は天丼焼きそば弁当が398円、ロースかつ重が388円という激安価格。ロースかつ重弁当を買いましたけど、特に量が少ないというわけではなく、むしろ大阪のスーパーで買うよりご飯の量が多いぐらいでした。電子レンジも置いてあるし、テーブルと椅子も用意されているので店内で食べることもできます。それでも消費税は8%というちょっとグレーな感じでしたけど。本当はダムに向かう途中にある蕎麦屋に行きたかったんですけど、行ってみたら定休日だったのでやむを得ず弁当を買ったという経緯でしたけど、そこそこ満足できました。というわけで、豊稔池堰堤に行く前に大野原インターの近くにあるハローズをチェックしてみてください。 (2024.06.10)
8873今日は四国は香川県にある豊稔池のマルチプルアーチダム、豊稔池堰堤をご覧ください。



いろいろダムを見てきましたけど、これは今まで見たどのダムとも違った佇まいで、狭い道路をくねくね登った山の中に突然現れると圧巻という感じのダムでした。高松自動車道の大野原ICを降りて20分ぐらいで着きますので、四国方面に車で出掛けた際はちょっと立ち寄ってみるのも良いと思います。あまり人もいないし、自然の中で土木史跡とも言えるような構造物をゆっくり見るのもたまにはイイんじゃないでしょうか。ベンチもあるし、お弁当を持ってピクニック感覚で行くのも良いかもしれません。海の方に行けば銭形もありますし、町中には白栄堂もありますし、ゆっくり1日潰すのに良さそうなところでおススメです。 (2024.06.09)
8872今通ってるスポーツジムが8月末で閉店することになりました。月に15回、平均すると2日に1回運動不足解消のためにコツコツと行ってたわけですけど、1年10ヶ月で終了ということになってしまいます。行き始めた一番の理由は運動不足解消ですけど、続けられた理由は家から徒歩数分という圧倒的な近さだったのは確かです。これが徒歩10分だったらここまで続いてなかったかもしれません。で、せっかく運動する習慣が付いたので他のジムは無いかと探しましたが、確かに徒歩5分ほどのところに1軒、徒歩7分ぐらいに1軒、徒歩8分ぐらいに1軒あります。どれも徒歩10分かかりませんけど、一番近いところはかなり混んでるのをいつも見てます。次に近いところは直接見えませんが、そこのバッグを持った子供を多く目にするのでパス。ちなみにその2軒とも今より料金が高いので、それも理由でパスです。で、最後はチョコザップなんですけど、確かに料金は今の半額以下です。なので今のところ候補なんですけど、その店舗に置いてあるマシンを検索すると、今やってる運動と同じレベルにはどうしてもならないんです。比較するとこんな感じ。
マシン名称近所のチョコザップチョコザップマシンの重量今のジムでの使用重量
チェスト・プレス5kg〜85kg68kg
ラット・プルダウン5kg〜90kg68kg
シーテッド・ロウ×89kg
ペクトラル×75kg
アブドミナル×5kg〜75kg95kg
トーソ・ローテーション×95kg
レッグ・エクステンション×70.5kg
レッグ・プレス5kg〜105kg115kg
ショルダー・プレス5kg〜75kg
バイセップ・カール5kg〜90kg
アダクション5kg〜85kg
アブダクション5kg〜85kg
赤字がチョコザップに行っても問題無く今までどおりできるもの、青字がウェイトは軽くなってしまうけど一応運動としてはできるもの、緑の字がそもそもマシンが無いのでできなくなってしまうもの、オレンジが新たにできるものです。トレッドミルは普通にありますので変わりないですかね。腹筋系は全滅です。元々これ以上筋肉を付けずに、でも全身の筋肉を無理なく万遍なく使うことを目的としてたんですけど、チョコザップにしたら上半身中心にしか使わないってことになってしまいます。悩ましいですね。はてさて、どうしたものか... (2024.06.08)
8871相変わらず脱炭素とか言って二酸化炭素の排出を減らそうとそいう意味不明なことをやってるけど、日本製鉄がCMしてる水素還元鉄なんて本末転倒の真骨頂。今の酸素投入による還元は発熱反応だからコークスと鉄鉱石のミルフィーユに熱した空気吹き付けるだけでいいのに、水素還元は吸熱反応だからドロドロに溶けた銑鉄なんてできずに個体の還元鉄が出てくるだけ。で、その後の脱炭とか成分調整するのに追加でエネルギー投入して融かさないといけない。使うエネルギー量は確実に増える。結局、省エネではなく二酸化炭素排出量削減が目的になってしまってるからそういうことを平気でするようになる。
数値で示すと、
  • CO2濃度=410ppm=0.041%(2019年平均)
  • 地球の大気の総重量=5,300兆トン(H29版理科年表)
  • CO2の重量=5,300兆トン×0.041/100=2兆1,730億トン
  • 人類の活動によるCO2総排出量=314億トン(2020年)
  • 地球上のCO2に占める人類の排出量=314億トン/21,730億トン=0.014=1.4%
つまり、人類の活動により排出されてる二酸化炭素の量は自然界に存在する二酸化炭素のわずか1.4%しかないわけ。これが倍になったところで2.8%。誤差の範囲内。元々ノーベル賞を取った真鍋さんのシミュレーションは、地球の二酸化炭素濃度を300ppmとして、それが600ppmに倍増したら世界の平均気温が2.36℃上昇するというもの。人類が今の100倍以上二酸化炭素を排出しない限り600ppmにはなりません。こんな無駄なことに労力を使ってるって、脱炭素脱炭素って叫んでるやつらの頭の中にはウジがわいてるとしか思えません。そんなウジがわいてるやつらが言う「ではなぜ年々二酸化炭素濃度が上昇してるんだ!」というのの答えは、地球が温暖化してるから。二酸化炭素濃度の上昇は、地球温暖化の原因ではなく明らかに結果。温暖化の原因はほぼ太陽活動。温暖化した結果、海水中に溶け込んでいる二酸化炭素が空気中に放出されるから(水への気体の飽和度と温度の関係から自明の物理現象)。その量は人類の活動の比ではありません。というわけで、いい加減無駄なことにエネルギー使うのやめましょう。 (2024.06.07)
8870今日は調子が悪くなったFirefoxをリフレッシュしようとオプションメニューから辿って実行した際のプログレスバーをご覧ください。





上のダイアログが出て、結構速いペースでプログレスバーがみるみる緑色になって行ったんです。ああ、これならものの数秒で終わるなと思ったんですけど、この状態、つまり見た目的には100%まで進行した状態から実際に完了するまで待つこと30分ちょっと。Firefoxの中の人は、一体何をもって進行度を表示してるんだろうと考えたんですけど、どう考えても下の図のようになってるとしか思えませんでした。つまり、我々ユーザーは真正面から見た状態しか知らないけど、実際には完了の直前でプログレスバーが90度奥に向かって曲がってて、真正面から見えるバーの1000倍とか1万倍とかの長さが延々と奥の奥まで続いてるという感じ。間違いない。こうじゃなかったら説明付きませんから。そうですよね、Firefoxの中の人。 (2024.06.06)
8869今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



取扱説明書。よく製品の各ボタンの機能を説明してありますよね。これもそうしようと思ったに違いありません。が、長々と書かくと各国版を作る時に翻訳が面倒くさい、だったら誰でも分かる絵や記号でいいんじゃないか、という喧々囂々の会議の末にこうなったんでしょう。結局、製品にプリントした記号と全く同じ記号をちょっとだけ大きくして配置してみました、というマニュアルになったというわけです。知らんけど(笑)。 (2024.06.05)
8868今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



97%BAMBOO、つまり日本語で平たく言えば「ほぼ竹」ってことですね。日本にも「ほぼカニ」という商品がありますけど、「ほぼ」という割には1ミリもカニじゃないという極めてインチキ度の高いネーミングです。ということは、この「ほぼ竹」も1ミリも竹じゃない可能性が十分にありますね。アデニン(A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C)の塩基配列の組合せだけに着目すれば、人間とチンパンジーは98.5%一致していると言われてますけど、そんな「ほぼ人」と言えるぐらいのチンパンジーですら見た目は人間と全然違います。なのに、こういう「ほぼ竹」や「ほぼカニ」、最近では「ほぼホタテ」なんかもありますけど、これらは見た目が似てるんですよね。つまり、中身が全然違うから見た目だけは似せてみました、中身は「ほぼ」じゃなく「全く違う」ものですよ、と言ってるに等しいわけです。というわけで、この「ほぼ竹」は見た目を寄せてることからして、ほぼ竹じゃない何かだと思います(笑)。 (2024.06.04)
8867今日は最近100円ショップで買った「え?これが100円?マジか!」ってなったこんなものをご覧ください。



取っ手の取れるティファールのような(かなりレベルは低いですが(笑))鍋掴み。挟んで握って留め金を掛けてハイ終了、というお手軽さ。それでいて握力が70kg近くある私が全力で引き離そうとしても抜けることが無いほど強固に固定してくれます。ちゃんと挟むところにゴムが付いてるのでテフロン加工の鍋だって傷付くこともありません。レンジやオーブンで熱々になった耐熱皿を片手で引っ張り出すことだって楽勝です。これがなんと100円。まあ、税込みだと110円ですけど、それでも安いです。買ったのはセリアですけど、岐阜羽島IC近くのバローというお店の中にあったセリア以外で見たことない(大阪でかなり巨大な店も含めて何店舗か探したけど無かった)のでどこにでもあるわけでは無いかもしれませんが、お近くのセリアで探してみてください。 (2024.06.03)
8866今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



監視カメラを木に設置したら時間が経過して木が監視カメラを飲み込み始めたの図。カメラなので、まるで「目」のようになりつつあります。こうしてまずは目を獲得した植物は、次に人間を飲み込めるように口を獲得し、最後は自由に動き回れるよう足を獲得したのでした、という感じで、何百年後か何千年後に猿の惑星ならぬ植物の惑星になった時に語り継がれるようになるのかもしれません。その歴史的第一歩を今目の当たりにしている、そんな写真の紹介でした(笑)。 (2024.06.02)
8865今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



どういう意味でしょうか。もしかして、「ちゃんとドア閉めてますからね。過積載じゃなくてきっちり荷室に格納した状態で運んでますからね」というアピールでしょうか。あるいは、単純にバックドアの下部に付いてるナンバープレートがちゃんと見えるように配慮してるとか。真相は分かりませんけど、わざわざこんなことをしてるんだから何か意味はあるはずです。どこの国で撮られた写真か分からないですけど、きっとこうすることで罰則を回避できるような法律があるんでしょうね。法やルールには常に抜け道があるってことです(笑)。 (2024.06.01)
8864今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



なるほど、エイリアンVSプレデターは映画化される前から宿命のライバルだったわけですね。こんな身近にアイデアが転がってたなんて、気付いた人は少なかったんじゃないでしょうか。というわけで、誰かマニキュアと除光液からインスピレーションされた映画を作ってみてください。あるいは、チョークと黒板消しとか、鉛筆と消しゴムでもいいかもしれません。きっと私は見ませんけど(笑)。 (2024.05.31)
8863今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



43年前のシトロエン「Karin」と、最新のテスラサイバートラックの比較。好みの問題かもしれませんけど、私は43年前の車の方が先進性を感じますね。サイバートラックは、何と言うか、子供が工作の時間に有り合わせのお菓子やティッシュの箱でとりあえず作りました的な感じにしか見えないんですよね。あるいは中国の山村で車に憧れてる少年が一生懸命ベニヤ板を切り貼りして作りました的な感じ。空力的に優れてるようにも見えないし、トラックと言いながら積載性が良さそうにも見えないし、もちろんカッコ良くも見えません。まあ、好みは人それぞれなので、サイバートラックの存在自体を否定する気はありませんけど。ただ一点ハッキリと言えることは、サイバートラックには興味ないですけど、サイバートラックを買う人には興味あります(笑)。 (2024.05.30)
8862今日は近くのスーパーで見つけたこんなものをご覧ください。



瀬戸内レモンメロンパン。レモンなのかメロンなのかはっきりして欲しいところですが、まあ普通に考えたらレモン味のメロンパンってことですね。かといって、ただのメロンパンがメロンの味かというとそんなこともないわけで、だったらレモンメロンパンもレモンの味である必要は無いですね。じゃあ何でレモンメロンパンなのかということになりますけど、色がレモン色の見た目がメロンみたいなパンダから、ということで十分でしょう。なんせ「モンブラン」と名の付く商品で、白い山に見えるものなんてほぼ皆無なのに、正々堂々と、憚ることも無く、臆することも無く「モンブラン!」と言い切ってても誰も文句言いませんから。というわけで、私にはレモンにもメロンにも見えませんけど、瀬戸内レモンメロンパンの紹介でした。どっちかと言えば黄色いカリフラワーですよね(笑)。 (2024.05.29)
8861今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



挑発的な洗濯機。後ろの車に向かって思いっきり中指を立ててます。しかも相手を小馬鹿にしたような顔で。もしかしたら冷蔵庫とか冷凍庫かもしれませんけど。ピックアップトラックの荷台に載せてこれぐらいの高さとなると、やっぱり洗濯機ですかね。いずれにせよ、設置してしまえば目にすることは無い面ですけど、こうして運搬中には思いっきり後ろのドライバーを挑発してしまいますから、デザイナーはその辺りに配慮してデザインしていただきたいものです、ハイ。 (2024.05.28)
8860F1第8戦モナコGP、これまでポールポジションを取ってもフェラーリがフェラーリだったせいで優勝を逃してきたルクレールが、とうとう母国GPを制してポールトゥーウィン。スタート直後のマグヌッセンの相変わらずの傍若無人ぶりでチームメイトのヒュルケンベルグを巻き込んでペレスに突っ込む大クラッシュで赤旗中断があり、そこでタイヤ使用義務を果たした各車がピットストップすることなくゴールまで走り続けるという忍耐のレースを見事に制しました。まあ、そのせいでいつもにも増してつまらない決勝になりましたけど、地元モナコ出身のドライバーがようやく優勝したということで良しとしましょう。2番手には予選であわや初ポールかという好タイムを叩き出したマクラーレンの2年目の若武者ピアストリ。3番手にはルクレールのチームメイト、フェラーリのサインツが見事マクラーレンのノリスを抑えてポディウムをゲットしました。角田もスタート順位の8番手を最後までキープしてポイントゲット。ほとんど追い抜きのない78周の退屈なパレードラップでしたけど、まあ年に一度のお祭りだと思えばいいわけですからね。見方を変えれば、前ではなく自分より後ろのドライバーと、直後を走ってるライバルとのギャップを見ながらあまり後ろのドライバーと離れないよう、つまり直後のライバルにフリーのピットストップを与えないよう、かつ抜かれないようわざとゆっくり走るという特殊なレースを見られたってことで満足しないといけないのかもしれません。さて、次はサラリーマンには厳しい時間帯の北米大陸、カナダGPです。退屈なモナコから一転して高速バトルが見られるかもしれないという期待を持ちつつ楽しみに待ちましょう! (2024.05.27)
8859今日は近所のモールで売ってたこんなバッグをご覧ください。



パンダらしきものの手提げバッグ。一見するとパンダに見えますけど、よく見てください。特にお尻の辺り、というか尻尾を。このバッグに付いてる生き物の尻尾は黒いですよね。では実際のパンダの尻尾は何色でしょうか。答えは白です。パンダをトレードマークにしてる「サカイ引越センター」のマークを見てください。ちゃんと尻尾は白いですよね。あれがパンダです。ではこのパンダらしき生き物は何でしょうか。私には分かりませんけど、とりあえず「パンダもどき」とでも呼びましょうか。で、このパンダもどきですけど、実はかなりあちこちに生息してます。世の中にある一件パンダ風の生き物の半分以上はこのパンダもどきなんじゃないかってぐらいに。というわけで、みなさんも街中でパンダもどきを探してみてください。結構生息数は多いですから、レッドデータブックに載る事は無さそうですよ(笑)。 (2024.05.26)
8858今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



まあ、そのオーダーなら当然そうなりますね。ここまで何もかも抜けばただのピクルスにしかなりませんから。それをわざわざマクドナルドで注文する必要があるのかって話ですけど。マクドナルドのピクルスが好きで好きでしょうがないって人なんですかね。全ての材料に「NO」と付けてるのに、ピクルスだけは「XTRA」ってなってますから。こんな特殊な注文しないで、素直にどこで仕入れてるのか、単品として買えるのかを問い合わせた方が良さそうですけど(笑)。 (2024.05.25)
8857今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



深海で育った車。深海生物特有の大きな目がそれを物語ってます。しかし、一体どこを走ることを想定してこんなにも巨大なヘッドライトが付いてるんでしょうか。昔走ったことがあるアメリカ西海岸のインターステイト5号線は、自分が走ったのは昼間だったので明るかったですけど、今考えるとあれが夜中だったら全く灯りが無い真っ暗闇の中を自分のライトが照らしているところだけを見ながら走ることになりそうですので、そういう所を安心してぶっとばせる仕様ってことなのかもしれません。知らんけど(笑)。 (2024.05.24)
8856では今日も昨日に引き続き、仕事で行く予定あたりをGoogleストリートビューで見てた時に見つけたこんなものをご覧ください。



トンボ。見事に映り込んでました。こんな風にトンボを撮影することなんて無いので、ちょっと新鮮でした。場所はここ。ちょっとずつ位置を変えるとトンボの位置も変わりますので、何もすることの無い暇な人はいろいろなトンボの姿を探してみてください(笑)。 (2024.05.23)
8855今日は、仕事で行かなきゃいけない付近をGoogleマップで見てて見つけたこんな線路をご覧ください。

 

衛星写真で見てもどうしてこうなってるのかよく分かりませんでした。道路でもよく高低差のあるところでグルグルとループする構造がありますけど、そこまで急な坂になってるようにも見えませんし。2枚目でこんな感じに進むのかな?という矢印を入れてみましたけど、赤い矢印と青い矢印の交差するところは、青い矢印のラインがトンネルになってるようです。なので、少なくともトンネルの高さ分の高低差はありそうですけど。鉄道は車と違ってパーセントではなくパーミルという単位を使うぐらいなので、ちょっとした高低差でもこうしないといけないのかもしれません。南海本線の高架工事の前後の上り坂を見る限り、結構な坂でも上れそうな気はしますけど、きっと気のせいです(笑)。 (2024.05.22)
8854今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。

 

バリアフリーを考慮して点字の表示も付けてみましたの図。建物の壁に
ZVEZA DRUSTEV
SLEPIH IN SLABOVIDNIH
SLOVENIJE
と書かれた看板が付いていて、その下におそらく同じ内容の点字の看板が付いてます。翻訳機によれば「ドルスター連盟 視聴覚障害者 スロベニア」と書いてあるそうです。調べてみるとスロベニア視覚障害者協会とのこと。だから点字の看板が付いてるわけですね。が、この写真を見てお分かりのように手が届く高さでは無さそうです。Googleストリートビューで確認しても確かに手は届かなさそうです。まあ、視覚障碍者にはこんな看板が付いてることなんて見えませんから、問題になる事は無いと思いますけど(笑)。 (2024.05.21)
8853F1第7戦エミリア・ロマーニャGP、レッドブルのフェルスタッペンが見事ポールトゥーウィンを飾りました。こう書くといつもと同じように余裕綽綽で何事も無く安泰で優勝したように思えますけど、実際には薄氷を踏むような状況でギリギリのポールポジション、決勝もあと1周か2周あったらもしかしたら2位のノリスに抜かれてたかもというギリギリの優勝でした。予選では2番手のマクラーレンのピアストリと0.074秒差のポールポジション、決勝でも2番手の同じくマクラーレンのノリスと0.725秒差での優勝でしたからね。3番手には地元のティフォシの応援を受けてのフェラーリのルクレール。なんとか地元でのポディウム獲得ということで面目躍如ってところでしょうか。しかし上位陣は予選も決勝もほとんど差が無くなってきて俄然面白くなってきました。中団勢も角田を筆頭に団子状態になってますし、毎回予想できない面白いレースが展開しています。次は伝統のモナコGP。予選までは楽しいですけど決勝はクソつまらんレースが毎年繰り広げられてますけど、今年は予想に反する面白いレースが続いてますので、もしかしたら決勝も面白くなるかもしれないという期待ができます。というわけで、バックトゥーバックの今週末のモナコGP、楽しみに待ちましょう! (2024.05.20)
8852今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



お漏らしジーンズ。かれこれ1年前になりますが、ファッションブランドのジョーダンルーカが股の部分におしっこの染みを模したシミ模様のついたジーンズをデザインしてファッションショーでお披露目した時の写真です。実際に10万円を超える値段で売り出され、既に完売してるとか。写真は前の部分にシミがある男性用ですけど、股から太腿の内側に向けてシミのある女性用もありました。なぜこんなデザインが売れるのか、ファッションに明るくない私には理解不能ですけど、破れたり穴があいたりペンキが付いてたりするジーンズも街中では普通に見かけますし、そのうちお漏らしジーンズも当たり前になってくるんでしょうかね。ダメージジーンズも含めて私は履きませんけど。もしかしたら、普通のジーンズを自前でお漏らしジーンズにする人も出てきたりして(笑)。 (2024.05.19)
8851昨日までの50話を過去ログに移しました。興味のある方はご覧ください。
さて、では今日は特徴的なテレビCMでお馴染みの三菱のデリカミニをご覧ください。

 

「ウェイッ」と言いながら2枚目の写真にあるぬいぐるみの犬が出てくるCMなのでご覧になった方も多いと思います。今でもやってますね。車を真正面から見たイメージ(1枚目の写真)をそのまま顔にした犬の「デリ丸」が登場しますけど、特徴は車とそっくりの目と下の歯が見えてる口でしょう。目は確かにそっくりです。そのままと言っても過言ではないぐらいに。が、私の間隔では口は違うのでは?と思うわけです。1枚目の写真をよく見てください。バンパーの最下部にシルバーのパーツがありますけど、おそらくあれが歯だと思うんです。でも、実際の車のパーツは上から下に向けて延びてる形状ですよね。一方のデリ丸は下から上に向けて延びてる下あごの歯になってます。どう見ても逆ですよね。というわけで、早急にデリ丸の歯を上から下に向けて生えてる形に修正することをお願います。きっと今ほど人気は出なくなると思いますけど(笑)。 (2024.05.18)