独り言

8822今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



嫌がらせのようにボタンがたくさん付いたシャツ。このボタンを全部留めるのにどれぐらい時間がかかるんでしょうか。中にはボタンどうしが重なってるものもありますし、一筋縄ではいかなさそうな配置になってますね。作るのだって超面倒くさいでしょうに、なぜこんなシャツを作ったんでしょうか。ファッションセンスの無い私には全く理解できません。ところで、このシャツの袖口のボタンはどうなってるんでしょうか。もし袖口もこんな感じになってたら...私なら脱ぎ着する際に発狂します。間違いない(笑)。 (2024.04.19)
8821今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



アメリカでしょうか、パトカーの写真です。が、フロントに装備してるのは何なんでしょうか。どう見ても体当たりする気満々にしか見えませんけど。車種が何か車に明るくない私には分かりませんけど、パッと見後部座席があるようには見えませんので、容疑者を捕まえて後ろに乗せるということは端から考えてないのは間違いないでしょう。確実に容疑者の車に追いつき、そして強烈に体当たりして仕留めるための専用車にしか見えません。日本の警察も暴走族相手とかこれぐらいやってもらって構わないんですけどね。そう思いません? (2024.04.18)
8820今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



どうやったらこうなるんでしょうか。昨日と同じ例の1.21ジゴワットかもしれませんけど、そうじゃなくてもこうなる可能性はありますね。思い浮かびませんけど。一番簡単な説明はやっぱり1.21ジゴワットで、突然空中に現れたこの車がそのまま落下して地面に突き刺さったというやつですけど。オッカムの剃刀ということで、きっとそれが正解なんでしょう。1.21ジゴワットという仮定がシンプルな説明かどうかはみなさんの判断に委ねますけど(笑)。 (2024.04.17)
8819今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



どうやったらこうなるんでしょうか。これはやっぱり例の1.21ジゴワット案件でしょうかね。昔か未来か分かりませんけど、時代が違ってたらこの高さがグランドレベルだったと。で、1.21ジゴワットの電力供給によってタイムスリップしたら空中だったというわけです。ご愁傷さまです(笑)。 (2024.04.16)
8818今日は近所のスーパーで撮ったこんな写真をご覧ください。



BOSSは5本買うと1本無料で付いてきて、なんと合計6本になります!という商品。ちょっと待て。こういうパックってノーマルで6本が常識だったはず。ビールだって6本パックで売ってます。それをあたかも1本サービスしてますという体で恩着せがましく売るとは、サントリーもとうとう顧客騙しの路線に突入したってことですかね。ただ、サントリーのビールは今でも普通に6本パックで売ってますから、まずは缶コーヒーから騙せるかどうかやってみようってことなのかもしれません。日本の企業はいかに顧客を騙そうかとしか考えてませんからね、最近は。一方、キリンは良心的です。こんな感じで。



6本が前提で、それに1本おまけで付いてきて合計7本になるというお得パック。これは良心的です。というか、これが普通です。サントリーさん、いまのうち、まだあまり知られてないうちに態度を改めないとそのうち客が離れますよ(笑)。 (2024.04.15)
8817今日は今年1月に買ったこんなものをご覧ください。



ご存じ天狗のピリカレーですけど、チーズ(左)、激辛(中)、普通のピリカレー(右)が一緒に売られてたので全部買ってみたというわけです。私は以前からピリカレーが好きだったので、もちろんすぐに食べました。チーズと普通のやつはすぐに食べきりましたけど、買ってからもうじき3ヶ月経つというのに、今日現在激辛はまだ半分ぐらい残ってます。というのも、名前どおりというか名前以上に超激辛で、1本食べたら口の中が大変なことになって、それ以上食べる気が起きなくなるからなんです。辛い物好きの人には大したことないのかもしれませんけど、あまり辛いものが好きではない私にはかなり強烈な辛さで、一気に5本食べてみたらその後数時間苦しむことになりました(笑)。というわけで、辛い物好きの方は挑戦してみてください。超辛いです! (2024.04.14)
8816今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



トラ?だと思います。この縞模様は。ですが、顔はどう見てもトラには見えませんね。トラを見たことが無い人がネコとイヌを混ぜて作ったみたいな顔です。入り口の門の上に飾ってるようですけど、笑いを取りたいのか威厳を見せたいのか、はたまた威嚇したいのか分かりませんよね。まあ、この顔なんですから現地の芸人か何かの家で、訪ねてきた人を一発目でまず笑わせようとしてるという説が一番しっくりきます。いかがでしょうか(笑)。 (2024.04.13)
8815昨日は雲の中に潜んでたUFOの話でしたけど、今日はその巨大版を捉えたこんな写真をご覧ください。

  

超巨大UFOによる大量アブダクション事案が発生しているまさにその瞬間です。で、少し引いて撮ってみた2枚目をご覧ください。なんとUFOがはっきり写り込んでました。これはスクープか!と思って拡大したのが3枚目です。なんか見たことあるなと思ったら、これを撮ったところの天井に点いてるライトでした。ガラスに映り込んでいたというわけです。まあ、結果的にUFOは写ってなかったわけですけど、雲の中にはきっとUFOがいると今でも信じてます(笑)。 (2024.04.12)
8814今日は出勤時に駅のホームから見えたこんな光景をご覧ください。



空が割れて強烈なビームがマンションに向かって伸びてます。矢追純一氏がやってたUFOもののテレビでよく見た光景です。きっとあの雲の中にUFOが潜んでて、マンションの住人を拉致して人体実験しようとしてるに違いありません。朝の忙しい時間帯を狙えば誰も見てないと思ったに違いありません。が、私だけはちゃんと見つけてしまいました。心配なのは、遥か何十光年、何百光年先から地球くんだりまでやって来られる技術力を持った宇宙人には、私が目撃したことなんて余裕でバレてるだろうことです。きっとそのうち私も拉致されます。毎日8000回以上も更新し続けてるこの独り言がある日突然更新が止まったら、その時は私がUFOに拉致されたと思ってもらって間違いありません。ああ、心配で夜も眠れません(笑)。 (2024.04.11)
8813今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



1本足のネコちゃん。こんな珍しいネコもいるんですね。見事に1本足でバランスよく立ってます。まあ、ネコは元々バランスキングですから、生まれつき1本足ならこの歳まで生きてたら余裕で対応できますからね。って、もちろん冗談ですから。写真を撮る位置とタイミングが生んだ偶然の1枚ってことです。以前紹介した頭だけのウシと同じような感じですね。ただ、ウシは確かに大きな頭なので体全体が隠れそうな感じがしますけど、この細いネコちゃんの胸と前足1本で全体が隠れるのはちょっと信じがたいです。もしかしたら本当に1本足のネコなのかも...(怖)。 (2024.04.10)
8812今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



巡礼で蝋燭が無いから代わりに蝋燭の画像を見ながら参加しますの図。確かに昔は「灯り」と言えば蝋燭や油を燃やしてできる炎しかなかったわけですから、蝋燭を灯して巡礼してたわけです。それを、テクノロジーが進んだからと言って蝋燭の画像で良いのかどうか、私には分かりません。例えばキリスト教で蝋燭を灯すのは、おそらくヨハネの福音書1.9の
「すべての人を照らすまことの光があって世に来た」
あるいは、ヨハネ8.12の
「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず命の光を持つ」
あたりを由来にしてるんだと思いますけど、それはどう考えてもスマホに映し出した蝋燭の映像ではないですよね。というわけで、横着しないでちゃんと蝋燭を用意しましょう。神は全てお見通しらしいですから(笑)。 (2024.04.09)
8811F1第4戦日本GP、これまで10月頭の連休で開催されていたのが、今年は4月頭に開催ということで、前回からわずか半年での鈴鹿となりました。事前の天気予報では曇りか、もしかしたら雨が降るかもしれないけど、決勝の日曜日の午後には雨が止むかもしれないという感じでしたけど、実際には金曜日の午後に雨が降ったものの、他は完全にドライセッション、決勝は快晴で路面温度もグランプリウィークで最高というコンディションとなりました。で、フリー走行ではあまり勢力がはっきりしなかったんですけど、予選を迎えてみたら案の定レッドブルが最速、それにフェラーリが付いていくかと思いきやマクラーレンの方が速いという結果に。期待のメルセデスは若干失速して、決勝スタートはレッドブルがフロントロー独占、3番手にはマクラーレンのノリスという順番でした。で、スタートした直後にRBのリカルドとウイリアムズのアルボンが接触してS字1個目あたりでクラッシュ赤旗。1回目のスタートで10番手から12番手に順位を落としたRBの角田も2回目のスタンディングスタートを決めてポイント圏内でレースを展開することに。結局、フェルスタッペン、ペレスがまたワンツーフィニッシュを決め、フェラーリのサインツが3位ポディウムをゲット。期待の角田はきっちり10番手に入り目標だったポイントゲットというレースでした。今シーズン初めてのパーマネントサーキットでのレースと言うことで、ようやく今シーズンの勢力図がはっきりしたレースとなりました。次回は久しぶりの中国、上海GPです。サーキットがどういうコンディションになってるのか、各チームが鈴鹿でのデータでどうアップデートしてくるのか、楽しみはまだまだ続きます! (2024.04.08)
8810今日は九州のお土産としてもらったこんなものをご覧ください。



まんまる博多カステラ。JRとコラボしてドクターイエローをあしらったデザインになってます。で、開けてみたら出てきた丸いカステラの中央にブラックジャックに出てくる「ヒョウタンツギ」、あるいはスターウォーズに出てくる「ストームトルーパー」みたいな絵が描かれるじゃないですか。これはなんだ?と思いましたけど、ドクターイエローを真正面から見たらこうなってるんではないかという結論に達しました。よく考えたら新幹線を真正面から見たことなんて無いわけですから。まあ、カーブになってる線路のちょうど接線方向真正面に線路と同じ高さの窓があるビルでもあればそこから見られるとは思いますけど、特に新幹線が好きなわけでも無ければ普通は見たこと無いですよね。普段乗ってる客室を見る限り、真正面から見たら投影された形は四角いもんだと思ってたんですけど、これはどう見ても下膨れです。本当にこれって新幹線なんですかね??? (2024.04.07)
8809今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



車の街の教会。壁のタペストリーも車、祭壇も車。車愛がひしひしと伝わってきますね。私も車の街である豊田市に住んでたことがありますけど、いくら車の街と言ってもお寺や神社に車を使ってるなんてことはありませんでしたからね。確かに、市役所の窓口や大きな病院の窓口、旅行会社の窓口にトヨタ社員専用窓口はありましたし、生協(コープ)で普通にトヨタの工場で着用する作業着や帽子を売ってましたけど。っていうか、そもそも市の名前が豊田市になった(以前は拳母市)ぐらいに完全にトヨタの街(トヨタ本社の住所は豊田市トヨタ町1丁目)ですけど、それでも宗教施設にまで車が入り込んでるってのは無かったです。まあ、アメリカの神なんてたかだか2024年しか歴史の無い新しい神(まあ、預言者の歴史が2024年というだけで神は悠久の太古から存在してたということでしょうけど)ですから、伝統とか格式とか関係ないのかもしれませんけど(笑)。 (2024.04.06)
8808今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



何を送ってきたのか分かりませんけど、なんとなく形から想像できますね。きっとクリンゴンの武器であるディスラプターです。ちょっと短いような気もしますけど。しかしわざわざ手間暇かけて中身が想像できる箱に梱包する必要があるんでしょうか。私なら普通の四角い箱に詰めて、周りに緩衝材を突っ込んで発送しますけどね。まあ、その緩衝材が何か適当なものが見つからずに毎回あたふたするのがお決まりですけど。結局、資源ごみに出そうと思ってた広告とか包装紙とかをゴミの束から引っ張り出してきて、クシャクシャに丸めて突っ込む羽目になるわけです。その手間と、商品の形に箱を成形する手間とどっちを取るかってことですけど、仮に商品の形に成形する方が手間がかからないとしても、やっぱり隙間には何らかの緩衝材を入れるわけなので、どう考えても四角い箱に詰める方が楽だと思いますね。何か間違ってますかね? (2024.04.05)
8807今日は朝の通勤時に見かけたこんな駐車場をご覧ください。



一般のお宅のガレージですけど、新旧カローラが鎮座してました。カローラに思い入れがある家なんでしょうかね。確かにトヨタ車の中ではコストパフォーマンスに優れた良い車だと思います。もはや国民車と言っても過言ではないかもしれません。昔からずっと続いてるブランドですし、これからもきっと続いていくでしょう。何でもいいからとりあず車が欲しい、という人には自信をもっておススメできる車の一つであることは間違いありません。私も国産車を買うなら候補に入れても良いと思いますから。1550mmより低いので今停めてるマンションの立体駐車場にも入りますしね。というわけで、このお宅も末永くカローラを乗り継いでいって欲しいと思います、ハイ。 (2024.04.04)
8806今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



絶対に嘘としか思えないんですが...以前紹介したピエロの入り口と同じ匂いがします。まあ、あっちは一応ピエロで飾るという”努力”はしてましたけど、こっちは全く楽しそうな要素が一つもないですよね。それどころか入り口すら無いわけで、ここに見えてる椅子らしきものが置いてあって中を覗けるかどうか分からない窓があるだけですから、何をどう楽しめと言うのか全く分かりません。大人は立って、子供は椅子に上ってこの窓から覗いてごらん、ほら、楽しいよ!ってことなでしょうかね。私は遠慮しときます(笑)。 (2024.04.03)
8805今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



飛行機に乗ってふと窓の外を見たら翼の脇の席だったけど、その翼がダクトテープでこれでもかと補修されていたのを見て遺書を書き始めた人の最後の投稿写真。まあ、この飛行機が墜落したかどうか分かりませんし、これがこの写真を撮った人の最期だったかどうかも知りませんけどね。ただ、おびただしい量のダクトテープが翼一面に貼られてるのは確かで、その状態でフライとしてるのも確かです。塗料の重さすらも燃費に影響するからとケチってる航空会社があるという現実で、重さもさることながら多少なりとも空気抵抗が増したり左右でバランスが崩れたりしそうな大量のダクトテープを貼ってまで運行するって、飛行機を直したり新調したりするお金なんて無い、背に腹は代えられないほど資金難の航空会社ってことなんでしょうかね。というわけで、みなさんも飛行機に乗る前には待合室から自分が乗る飛行機の翼やボディを、ダクトテープが貼られてないかどうかよくチェックしてから乗りましょう(笑)。 (2024.04.02)
8804今日は大阪ミナミの地下街、NAMBAなんなんにあるおでん屋さんで撮ったこんな写真をご覧ください。



おススメの日本酒メニューですけど、真ん中にある「鳴門鯛」というお酒が「高知県」と書かれてます。「鳴門」で「鯛」なのに高知県。これはびっくりですよね。というわけで注文してみました。超辛口と書いてありましたけど、確かに辛口でしたが以前飲んだ山形の「ばくれん」の方が辛口な気がします。で、注文したお酒が届いた際に店の人に「これ、高知県って書いてあるけど徳島の間違いじゃない?」って聞いたら、確認します!と言われて厨房に戻っていき、小走りでこちらに来たと思ったら「印刷ミスだそうです!よく分かりましたね!」とのこと。そりゃ分かるって、鳴門なんだから。というわけで、いつになるか分かりませんけど、次行ったときに直ってるかどうか確認したいと思います。 (2024.04.01)
8803ブレーキとアクセルの踏み間違い事故や、歩行者に突っ込む事故、正面衝突、高速道路での事故などなど、事故のニュースになると大抵プリウスなのが不思議でしょうがないんですけど、プリウスを擁護する人は口をそろえて「それだけ売れてるからだ」と言います。私の感覚では、確かに売れ筋の車ではあるものの、プリウスがクソ運転する割合がダントツに高いとか、事故を起こす確率がダントツに高いほど売れてるようには感じないんですけどね。というわけで、去年の乗用車売り上げランキングをまとめてみました。こんな感じです。
順位(前年)車 名台 数前年同期比(%)
1(1)ホンダN-BOX231,385+14.4
2(2)トヨタヤリス194,364+15.3
3(6)ダイハツタント159,392+47.8
4(3)トヨタカローラ154,870+17.7
5(15)トヨタシエンタ132,332+92.0
6(7)スズキスペーシア122,275+22.0
7(8)ダイハツムーブ104,557+10.2
8(4)ニッサンノート102,508−6.9
9(5)トヨタルーミー100,800−7.7
10(34)トヨタプリウス99,149+203.4
やっぱりプリウスって言う程売れてませんね。前年の2倍以上売れてようやくトップ10に入ってきたぐらいしか売れてません。なのにクソ運転や事故はプリウスばかり。これは車自体に欠陥があるのか、プリウスを好む人がクソばかりなのかどちらか、もしくは両方としか考えられませんよね。というわけで、プリウスに乗る=自分はクソだと宣伝してるようなもんだという見方もあるということを購入希望者は一度考えてみてください(笑)。 (2024.03.31)
8802楽天を利用してると勝手におススメ商品とかがメールで送られてきますけど、そんな中、こんな本の宣伝が来ました。



「コロナワクチンの恐ろしさ」。よく陰謀論とかでワクチンは人類滅亡のためだとか言ってる人が居ますけど、その類かなと思って内容紹介を見てみると、医師の高橋徳教授、中村篤史医師、船瀬俊介氏、ノーベル賞受賞者モンタニエ博士が新型コロナワクチンの危険性を訴えてるようです。そんな中にあったモンタニエ博士の警告は、
「希望はない。ワクチンを打った人に対する治療法はない。ワクチン接種者は全員2年以内に死亡する。我々にできるのは大量の死者に備えて火葬場の準備をしておくことくらいだ」
だそうです。私は3回接種しました。最後の3回目は2022年3月21日。9日前に既に2年が過ぎてます。全員死ぬと警告してるのに。そもそも、2年で全員死ぬと言ってるのに阿鼻叫喚が始まるのは2年後〜5年後って意味不明です。だってワクチン接種者で3年目を迎える人はいないのに、接種者が全員死んだ更に3年後にワクチン接種者に関するどんな阿鼻叫喚が起こるんでしょうかね。というわけで、この本は私にとってはノストラダムスの大予言と同レベルってことに確定しました(笑)。 (2024.03.30)
8801昨日までの50話を過去ログに移しました。興味のある方はご覧ください。
さて、では今日はネット上で見つけたこんな写真をご覧ください。



こんなおどろおどろしい文字のデイケア施設には大切な家族を預ける気にはなりませんね。以前紹介したケーキショップもそうでしたけど、特にちゃんとしてないと利用してもらえない施設に限ってこういう看板を出してしまうのはなぜでしょうか。ペンキが乾く前に看板を立ててしまうとこうやってペンキが流れてしまうというのは分かります。が、そうならないように注意するということすらできないデイケア施設とかケーキ屋とかが、サービスや商品だけはちゃんとしてるなんて思えませんよね。もしかしたら看板を寝かせた状態で書いたんでは無く、この場所でそのまま直に書いたという相当横着なやり方をしてるかもしれません。そんなことをする人が衛生的に本業をこなしてるとは思えませんから、やっぱりこういう看板を出してるところは利用したくないです、ハイ。 (2024.03.29)