TOPメニュースズメバチの生活史 > スズメバチの越冬

スズメバチの越冬

営巣期間と営巣規模スズメバチの交尾行動スズメバチの越冬スズメバチの採餌習性

スズメバチ類越冬状況調査

 コガタスズメバチの新女王バチは,9月始めから10月にかけて羽化し,オスバチと交尾した後,速やかに越冬場所に移動します.そして翌年の春(5月頃)に越冬からさめて巣作りを開始するまでの半年以上の間,体内にため込んだ脂肪を栄養にして,全く餌も採らず長い越冬生活をおくります.

越冬場所は倒木や土の中などですが,種により異なっています.コガタスズメバチやキイロスズメバチは,雑木林に点在する倒木や朽ち木内,切り株などで越冬しています.昼間もあまり日光が当たらず,温度変化の少ない東向きから北向きの斜面が特に好まれます.



腐って柔らかくなった倒木に,なめらかに削り取られた楕円形の越冬室を作りその中で越冬します.その際削り取った木屑は入り口や隙間を塞ぐのに使われます.

越冬室への入り口の下には,左の写真のようにスズメバチによって囓り取られた荒い木屑が落ちていることが多く,クワガタやカミキリの出した細かな木屑とは容易に判別できます.入り口から赤い点線のように8cm程堀り進んだ場所に越冬室を作り,1頭のコガタスズメバチが越冬しています.

普通は1頭で越冬しますが.都市環境下では越冬に適した場所や倒木が少ないためか,1本の倒木から97頭が見つかったり,1つの越冬室で31頭が越冬していた例もあります.多頭越冬が見られた倒木の特徴は,1雑木林内の沢筋,2 水平に近い状態で倒れている,3 下部が地面に接していない,4 途中に枝や節などが多いという共通点があります.

越冬中に真っ白なカビが生えて死亡したり,他の昆虫などに捕食されて死亡する個体が10%位見つかります.また,スズメバチネジレバネに寄生された働きバチは,冬になっても死亡せず,そのまま越冬することが知られています.越冬調査ではネジレバネに寄生された働きバチがしばしば見つかります.


隣り合った越冬室で単独越冬するコガタスズメバチ

樹皮直下に作られた越冬室

朽ち木内で集団越冬するコガタスズメバチ
朽ち木内で越冬するオオスズメバチ 朽ち木内で越冬する2頭のキイロスズメバチ 朽ち木内で越冬するヒメスズメバチ
越冬中の女王バチ(右) とネジレバネに寄生された働きバチ(左) バラバラになって死亡したコガタスズメバチ 白くカビがはえて死亡したコガタスズメバチ