TOPメニュースズメバチはなぜ刺すか > 巣を刺激した場合の働きバチの反応

巣を刺激した場合の働きバチの反応


スズメバチの巣では,警戒行動として常に門番(見張り役)のハチが巣穴から周囲を警戒しています.比較的攻撃性が弱いコガタスズメバチでは,静かに巣に接近すれば,1〜2mまで近づいても攻撃してくることはありません.

一方,攻撃性が強いオオスズメバチやキイロスズメバチでは,静かに巣に接近した場合でも,数m〜10m以内に近づくと働きバチによる威嚇や警戒の行動が見られます.

巣に近づきすぎたり軽い刺激を与えると,巣内から多数の働きバチが外に出てきて外皮上に止まり,触角をやや開き,翅を開き気味にした威嚇のポーズをとって歩き回ります.もう少し接近したり強い刺激を与えると,ハチは外皮上や付近を走り回ったり,周辺を飛び回りますが,静かに巣から離れれば興奮もしだいに収まり,2〜5分後には順次巣内に戻ります.

更に巣に近づくと巣から飛び立った働きバチが相手に接近し,体にまとわりつくように周囲を飛び回ったり,相手に狙いをつけて空中で停止(ホバリング)します.その際には”ブンブン”という大きな羽音の他に,大顎を噛み合わせて出す”カチカチ”という大きな威嚇音を出します.

この段階でも静かに巣から離れれば,攻撃を受けずにすみますが,さらに巣に近づいたり,手で払うなど急に体を動かしたりすると一斉に攻撃してきます.ただし,巣へ急に近づいたり,直接強い刺激を加えたような場合には,警戒や威嚇の段階を通り越して,いきなり攻撃してくることがあるので注意が必要です.


● 巣を刺激した場合のコガタスズメバチの反応 ●

2009年10月19日(名古屋市千種区)

巣から1m位の距離から防護服なしで撮影.巣を刺激しないように静かに接近すれば, 攻撃を受ける心配はない. 巣の近くの細枝を1本折ると,振動が巣に 伝わり10頭ほどの働き蜂が警戒のため 巣穴から出てきて外壁に止まっている. さらにはさみを使って枝を取り除くと,多数の 働きバチが 巣穴から 出てきて外壁上を 歩き回ったり,巣の周辺を 飛び回った.

2014年8月6日(愛知県稲沢市)

巣を刺激する前(9時17分)

巣を刺激した状態:多数の働きバチが巣の表面を歩き回る(9時18分) ほとんどの蜂が巣の内部に戻った(9時21分)