社会風刺マザーグース

 

 『現代のための童謡集』Nursery Rhymes for the Times Jeff Sparks作 Malcolm & Hayes,Inc. 1971年)は、『環境とマザーグース』(Ecology and Mother Goose)という副題のとおり、環境問題をテーマとしたものです。

 公害問題人口問題などの難しいテーマをマザーグースを使って易しく訴えかけています。

Humpty Dumpty sat on a wall,

Humpty Dumpty had a great fall.

The reason why he lost his place

Was just a lack of living space.

ハンプティ・ダンプティ へいの上に座ってた

ハンプティ・ダンプティ おっこちた

居場所を失った そのわけは

居住空間不足のためさ

 次に、邦題は上と同じタイトルになりましたが、『現代のための童謡集』Nursery Rhymes for Modern Times Horatio Hotchpotch作 Sutter House, 1975年)。アメリカの社会や政治を風刺した内容です。 

Humpty Dumpty sat on a wall,

Humpty Dumpty had a great fall.

Every politico should have the sense

To be sure of his seat before he straddle a fence.

 

ハンプティ・ダンプティ へいのうえにすわってた

ハンプティ・ダンプティ おっこちた

政治家なら 身の安全をはかるべきだった

へいのうえに またがるまえにね

 

 

 反差別・男女平等をうたい文句に掲げた『がちょうおじさんの童謡集』Father Gander Nursery Rhymes Father Gander作 Advocacy Press, 1985年)では、ハンプティ・ダンプティの唄はどう変えられているのでしょうか。

Humpty Dumpty sat on a wall,

Humpty Dumpty had a great fall.

All the horses, the women and men,

put Humpty Dumpty together again!

 

ハンプティ・ダンプティ へいのうえにすわってた

ハンプティ・ダンプティ おっこちた

お馬と女性と男性 みんなで

ハンプティ・ダンプティ もとにもどした

 

 

 これらの替え唄は、現代の社会問題時事問題をマザーグースを使って風刺したものです。元唄がよく知られているからこそ、これらの題材が生きてくるのだと思います。

それでは、1つ、楽しいパロディとイラストが載ったサイトをご紹介します。

Uncle Shelby's Mother Goose

「大きな木」や「僕を探して」のシェル・シルバースタインが描いたマザーグースのパロディ。15編のマザーグースのパロディが素敵なイラストと共に描かれています。もともとは雑誌「プレイボーイ」に連載されたものです。