TOPメニュースズメバチに刺されないために > 私のハチ刺傷歴(刺傷時の状況)

私のハチ刺傷歴 (刺傷時の状況)

刺されないための注意集団刺傷被害を防ぐには刺された時の対処法抗体検査私のハチ刺傷歴

ハチに刺された時の症状,抗体検査の結果などを私の体験を元にお話しします.中学生か高校生の頃フタモンアシナガバチに2度刺されたことがあります.その頃はまだハチ毒に対する正しい知識などありませんので,アンモニアなどを付けて効き目があったような気がしていました.その後はズッとハチに刺されることはありませんでしたが,現在の仕事をするようになってからは,ハチに関わる機会も多くなり,刺される回数も多くなりました.

ミツバチ(いずれもニホンミツバチ)に5回,アシナガバチに7回(フタモンアシナガバチ2回,セグロアシナガバチに4回,キアシナガバチ1回),スズメバチに7回(キイロスズメバチ,クロスズメバチに各2回,コガタスズメバチ,モンスズメバチ,種不明のスズメバチ各1回)刺されたことがあります.ハチ刺傷後の症状はいずれの場合も軽いものでしたが,種により少し違いがありました.


刺 傷 後 の 反 応  (私 の 場 合)
ミツバチ  刺傷部が少し腫れ,その後しばらく痒みが続きます.また刺された場所が少ししこります.
アシナガバチ  刺傷部が2~3日間腫れ,その後しばらく痒みが続きます.
スズメバチ  刺傷部が2~3日間腫れ,その後しばらく痒みが続きます.また刺された場所が少ししこります.キイロスズメバチに手首を刺された時は,刺された翌日は腕時計がはめられませんでしたが,まもなく腫れも引きました.

▶ 1回目

ハチに刺された回数が多いという事は,私のドジさを証明している?ようであまり名誉なことではありません.(と言いながら自慢している自分が怖い?)

最初に刺されたのは1988年8月8日です.出来過ぎた話のようですが,駆除の記録がそうなっているので間違いありません.まさに「蜂・はち・ハチ」の日だったのですが,当時はビックリしてそれどころではなくて,随分後になってからデータを整理していて気付きました.

家屋の天井裏に営巣したキイロスズメバチの巣を,脚立に乗って3m位離れた場所から観察していたところ,突然多数のハチが体当たりしてきました.いつもと様子が違うような気がしたので,すぐに脚立から降りましたが,防護服の上から手首を刺されました(現在は防護服も改良されています).すぐ水道水でよく洗い流して抗ヒスタミン系の軟膏を塗りましたが,数時間後に腫れ始め,翌日には肘のところまで腫れて腕時計がはめられませんでした.2日後には少し腫れも引いて快方に向かい,刺された場所がしこった他は特に症状はみられませんでした.キイロスズメバチの怖さを思い知らされた貴重な経験となりました.


▶ 2・3回目

その後,しばらくはスズメバチに刺されることもなく経過しましたが,1995年8月と1996年1月に相次いで刺されてしまいました.8月のケースは北海道へキオビホオナガスズメバチ(名古屋にはいない)の巣を採りにいった時のことです.現地の駆除業者の方に案内してもらい何カ所かを回った後,ついでにクロスズメバチの巣を駆除をするということで,床下に営巣した巣の駆除を手伝っていた時左手の指を刺されました.1月のケースは名古屋市内の雑木林でスズメバチの越冬調査中に不注意から刺されたものです.症状はいずれも軽症でした.


▶ 4回目

1997年9月の夕方,自宅で庭木の手入れ中に左手の指を刺されたもので,もう薄暗くなっていたこともありハチの種類は不明でした.当初はアシナガバチだと考えたのですが,いつもより指の腫れがひどく変だな?と思っていました.1998年2月の検査結果ではアシナガバチの抗体価も少し上昇していましたが,スズメバチの抗体価が8.21UA/ml(陽性++)と大幅に上昇していました.刺傷後の症状と合わせて考えると,アシナガバチではなくスズメバチに刺されたものと思われます.


▶ 5回目

その後しばらくは無事でいましたが,2000年11月中旬にまたクロスズメバチ刺されてしまいました.市内で駆除した成虫を標本用に確保しておいたのですが,その中の1頭に右手を刺されたものです.この時も大した腫れもなく終わりましたが,2001年2月の検査で,スズメバチの抗体価は再び6.67UA/ml(陽性++)に上昇していました.相変わらずハイリスクと見なされる3つの条件(40歳以上の男性,刺された時の症状が重い,抗体価が高い)のうち2つを満たしているので,今後とも十分に注意していく必要がありそうです.


▶ 6回目

2002年10月2日にモンスズメバチの観察中,写真を撮る際に右膝の付近を刺されてしまいました.幸い大事に至ることなく刺傷部周辺が2・3日腫れただけで済みました.2003年2月の抗体検査では,幸いにもスズメバチとアシナガバチの抗体価が若干上昇したのみでした.


▶ 7回目

2005年8月30日にキイロスズメバチに頭頂部と左上腕を刺されてしまいました.当日は同僚と4人で別の場所でオオスズメバチの駆除を実施した後,天井裏に営巣したキイロスズメバチの駆除現場へは3時10分頃到着しました.

安全を考え車をハチの出入りしている場所から20m程離れた場所に駐車した後,営巣場所を確認し駆除方法を決定しました.駆除作業は2名が防護服を着用して従事した.1名は室内から天井裏に燻煙剤を配置し駆除を行った.他の1名は家屋の外側で,スプレー式殺虫剤およびバドミントンのラケットを使用し巣に戻ってくるハチ(以下戻りバチ)の処理にあたりました.

私と他の1名は駆除の補助作業に当たっていましたが,防護服は着用しておらず,危険を避けるため常に車付近に止まっていました.背後からの攻撃を避ける意味もあり,車を背にして待機していたところ,3時20分頃,突然頭頂部を戻りバチに刺され,次いで同じハチに左上腕部を刺されました.すぐ同僚に刺された旨を伝え,まだまとわりつくように飛んでいたハチをバドミントンのラケットで処理してもらいました.

その後10分ほど,室内で刺傷部を水道水で流しながら強くしぼり応急処置を行い,車で速やかに職場に帰着後,医療機関に受診しました.刺傷から受診するまでの間,刺傷部の痛み以外に特に変わった症状はみられませんでした.血圧の低下や全身症状が無かったので,塗り薬と痛み止めの飲み薬を処方されました.次回の抗体検査では再び抗体価が上昇していると思われます.

2006年1月に抗体検査を実施したところ,スズメバチが0.53UA/mlから5.06UA/mlと大幅に上昇しました.アシナガバチも0.36UA/mlから0.96UA/mlに,ミツバチも1.68UA/mlから3.92UA/mlとそれぞれ上昇し,3種の抗体間には交差性が認められました.

その後は刺傷被害に遭うこともなく,2007年1月の検査では2.092UA/ml,2008年1月には1.11UA/ml,2009年6月の検査では0.57UA/ml,2010年1月の検査では0.53UA/mlと順調に低下しています.

2011年9月にセグロアシナガバチに手指をさされたため,2012年1月の検査ではスズメバチが1.16UA/ml,アシナガバチが0.82UA/mlと再上昇しました.