TOPメニュースズメバチはなぜ刺すか > ハチ毒の成分とその作用

ハチ毒の成分とその作用


ハチ毒はアミノ酸をベースにした化合物で,人に対して強い生理活性を持っています.成分は大きく分けてアミン類,低分子ペプチド,酵素類の3つの区分されます.

刺された時の激しい痛みはセロトニンやヒスタミンなどのアミン類や,ハチ毒キニンなどにより引き起こされます.スズメバチの毒成分には,他の生物毒に比べてセロトニンの量が多いことが特徴です.セロトニン含量が最も多いのは大型で攻撃性も強いオオスズメバチですが,濃度は”刺されると最も痛い”と言われているチャイロスズメバチが一番高くなっています.

その他には,肥満細胞に作用し,ヒスタミンを遊離させる働きをする成分や,血圧降下,平滑筋収縮,組織破壊などを引き起こす成分が含まれており,これらが原因となってさまざまな症状を引き起こします.ハチ毒にはホスホリパーゼAやヒアルウロニダーゼなど多数のアレルゲンが含まれており,分類学的に近縁関係にあるスズメバチとアシナガバチでは,共通する成分も少なくありません.

毒の強さ(LD50値:mg/kg)は,意外にも攻撃性の弱いセイヨウミツバチとヒメスズメバチが 2.8と最も強く,キイロスズメバチが 3.1,オオスズメバチが 4.1となっています.ハチ刺傷により発現する症状の程度は,単に毒性の強さだけではなく,毒の量や濃度にも大きく左右されると考えられます.


LD50値
複数のマウスに毒を注射して半数の個体が死亡する毒量
(体重1kg当たりに換算).数値が小さいほど毒性が強い.