5、1967年 マザーグース元年(その1) 

 マザーグースがちりばめられた歌 I Am The Walrus が書かれた年。1967年の夏は「サマー・オブ・ラブ」と呼ばれ、愛と平和を求める「フラワー・パワー」をスローガンに、若者たちはサイケデリック・カラーのファッションで身を飾った。

 ビートルズにおいてサイケデリック・ミュージックがマザーグースとクロスオーバーした年であったいえよう。

 

C Lucy In The Sky With Diamonds 

           (1967年3月 rec.) ジョン・レノン 意図的引用

 

 4歳間近のジョンの息子ジュリアン・レノンが、保育園友達のルーシー・オドネルがダイヤモンドを持って空に浮かんでいる絵を描いた。その絵からタイトルを、そして「不思議の国のアリス」から幻想的な雰囲気をもらったという作品。

 歌の頭文字がLSDなので、ドラッグが連想され、BBCはこの歌を放送禁止にしたが、「ドラッグとは無関係」とジョンは否定している。

 なお、1974年にエチオピア東部で発見されたヒト科の女性の化石が Lucy と名付けられたのは、発見者のキャンプでこの歌がかかっていたからだそうだ。 

Picture yourself in boat on a river,

With tangerine trees and marmalde skies

Somebody calls you, you answer quite slowly,

A girl with kaleidoscope eyes.

Cellophane flowers of yellow and green,

Towering over your head.

Look for the girl with the sun in her eyes, And she's gone.

Lucy in the sky with diamonds,

Follow her down to a bridge by a fountain

Where rocking horse people eat marshmallow pies,

Everyone smiles as you drift past the flowers,

That grow so incredibly high.

Newspaper taxis appear on the shore,

Waiting to take you away.

Climb in the back with your head in the clouds, And you're gone.

Lucy in the sky with diamonds,

Picture yourself on a train in a station,

With plasticine porters with looking glass ties,

Suddenly someone is there at the turnstile,

The girl with kaleidoscope eyes.

Lucy in the sky with diamonds.

 

 Lucy in the sky with diamonds の一節が次のマザーグースを連想させる。ジュリアンが絵を描いているときに、このマザーグースが頭の中に浮かんだのかもしれない。

Twinkle, twinkle, little star,    きらきらひかる ちいさな星よ

How I wonder what you are!      あなたは いったいなあに  

Up above the world so high,     おそらたかくで かがやく  

Like a diamond in the sky.      ダイヤモンドみたい     

 

D All Together Now  (1967年5月 rec.) ポール・マッカートニー  意図的引用

 

 数字、アルファベット、色を並べた子供向けの数え歌のようだが、Can I take my

friend to bed? というフレーズを入れて、くすっと笑わせる。

One, two, three, four, Can I have a little more,

Five, six, seven, eight, nine, ten, I love you.

A, B, C, D, Can I bring my friend to tea,

E, F, G, H, I, J, I love you.

Sail the ship, Chop the tree, Skip the rope, Look at me.

All together now, All together now,

All together now, All together now,

Black, white, green, red, Can I take my friend to bed,

Pink, brown, yellow, orange, and blue, I love you.

All together now, All together now,

All together now, All together now,

Sail the ship, Chop the tree, Skip the rope, Look at me.

All together now, All together now,

All together now, All together now, All together now!

 

One, two, three, four, Can I have a little more,

Five, six, seven, eight, nine, ten, I love you

の部分がマザーグースの数え歌からの引用。

 

数字を列挙した数え歌では、

One, two, three, four, five,

Once I caught a fish alive

がよく知られているが、次のマザーグースの方がこの歌に似ているようだ。

 

One, two, three, four,        1、2、3、4

Mary at the cottage door,       メリーは 家のドアのところで

five, six, seven, eight,        5、6、7、8

Eating cherries off a plate.     お皿のさくらんぼを 食べている