(2)ローラが読んだマザーグース絵本

 1937年出版の『プラム・クリークの土手で』に、ローラが初めてマザーグースの絵本を手にして、目をみはる場面が出てくる。これは、日本でも大人気の、ローラ・インガルス・ワイルダーの『大草原の小さな家』に続く物語で、7歳ごろのローラを描いた作品。

 一家はカンザスの大草原をあとにして、ミネソタ州のプラム川のそばへ引っ越し、ローラたちは、学校へ行き読み書きを習う。パーティーに招待され、絵本を貸してもらう場面である。

 The other was a book with a thick, glossy cover, and on the cover was a picture of an old woman wearing a peaked cap and riding on a broom across a huge yellow moon. Over her head large letters said, MOTHER GOOSE. Laura had not known there were such wonderful books in the world. On every page of that book there was a picture and a rhyme. Laura could read some of them.

 もう一冊は、厚い表紙の本で、そのつやつやした表紙には、とんがり帽子をかぶってほうきにまたがったおばあさんが、大きな黄色おばあさんい月を横切って飛んでいく絵。おばあさんの頭の上には、大きな字で「マザーグース」と書いてあった。ローラは、この世にこんな素敵な本があるとは思ってもみなかった。その本のどのページにも、絵と唄が一つずつ載っていた。ローラにも読める唄が、いくつかあった。

 それまで本を読んだことがなかったローラには、ハード・カバーのマザーグースは、とても魅力的だったのだろう。また、読み書きを覚え始めたばかりのローラにとって、マザーグースはぴったりの絵本で、パーティーのことをすっかり忘れてしまうほど、絵本に熱中したのだった。

 ローラが手にした本が、どこの出版社のものであったかは、 知るよしもないが、 マザーグースのおばあさんが、がちょうではなく、ほうきに乗っているのは、'There was an old woman tossed up in a basket' という唄の挿し絵であったと思われる。これは、おばあさんが、ほうきを持って月へ飛んでいく、といった内容の唄である。

では、「大草原の小さな家」のすてきなホームページをご紹介します。

大草原の小さな家

矢次さんのサイトです。「大草原の小さな家」が詳しく紹介されています。ローラゆかりの場所の写真や年表などがあります。