トップページ | 診療案内・地図 | 田淵正文院長の履歴田淵正文院長の業績 | 消化器疾患E-mail | 消化管ドック | 電話03−3714−0422|FAX 03-3714-0424|併設前立腺癌センター|中目黒消化器クリニックの第2ホームページ

 

診療科目


●消化器科●内視鏡科●大腸肛門科●内科●代謝(肥満治療)●心療内科(精神科)

住所  〒153-0043東京都目黒区東山1-10-13 電話03−3714−0422

外来時間 <予約制>

曜日

午前

午後

夕方

8:00〜12:00

---

16:00〜18:00

8:00〜12:00

---

16:00〜18:00

8:00〜12:00

---

16:00〜18:00

8:00〜12:00

---

16:00〜18:00

8:00〜12:00

---

16:00〜18:00

    お電話かメールでご予約のうえ、ご来院ください。

1)社会保険診療    費用、2012年4月改定 社会保険診療報酬規定に従う

2)自由診療 :プライベートクリニック : private clinic 費用下記のとおり
 

          ○ 初診 5000円、再診 2500円、

          上部消化管 無痛・拡大内視鏡 

         内視鏡検査                                  31,500円

         その他の検査や投薬、(病状や治療内容により値段は、一定ではありません)   実費

                               概算合計      50,000円〜100,000円     

     ●部消化管 無痛・拡大内視鏡 

         内視鏡検査                                  52,500円

         その他の検査や投薬、(病状や治療内容により値段は、一定ではありません)   実費

                               概算合計      70,000円〜150,000円     

    

                                  

診療細目は社会保険でカバーされないもの 一部認められているもの

       大腸内視鏡(内視鏡的ポリープ切除同時実施可)
●  胃・食道内視鏡(ピロリ菌チェック可)

        慢性胃炎ピロリ菌除去
   無痛内視鏡検査・拡大内視鏡検査

         超音波検査・超音波内視鏡
    内視鏡的ポリープ切除術(高周波電気メス)
    内視鏡的粘膜切除術(EMR)=癌切除術
    内視鏡的止血術(クリップ、O-ring、止血剤局注法)
  内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 

         内視鏡的縫合術
    内視鏡的拡張術(バルーン法、切開法、ステント法による)
    内視鏡的静脈瘤硬化術(O-ring、止血剤局注法)
    内視鏡的腫瘍焼却術(アルゴンプラズマ法)
    内視鏡的胃噴門部形成術(逆流性食道炎根本的治療)
   
内視鏡的粘膜下腫瘍核出術(胃全層切除術)                    

         肥満治療 

     ●  慢性膵炎治療

  ●  HIFU : 前立腺がんに対する超音波による焼却療法

入院について

当院には、1人部屋2つ、2人部屋1つ、3人部屋1つあります。

個室利用で、腸管洗浄時にプライベイトのトイレがあります。

内視鏡検査・手術前後の宿泊も可能です。

遠方の方や、検査後の安静が必要な場合にご利用をお勧めします。

入院費用(自由診療の場合)  1日10,000円

(保険診療の場合) 保険診療規定に従う

個室指定             1日10,000円       

(ただし、リネン代、食費、消費税は別途)

       

      

院内案内 (7床) 個室2、2人部屋1、3人部屋1 戻る

自由診療制:プライベートクリニックのポイント

自由診療には社会保険が効かないという、費用面でのデメリット(社会保険では自己負担は3割)もありますが、以下のようなメリットもあります


1.プライバシー完全秘守

社会保険医療の場合、レセプトには、病名と治療内容、投薬内容、手術名などすべてが記載されるため、患者は、保険者(会社・組合や自治体) に、病状のほぼすべてを知られてしまうことになる。たとえは、癌の場合、病名には、胃癌とか大腸癌とか、食道癌とかの病名が入る。そして、どんな手術をしたか、抗がん剤を飲まされているかどうかで、病状が深刻な状況かどうか分かってしまいます。

2. より効果のある診療

昨今の社会保険では、費用を制限する流れから、学会などで効果が認められている薬や手術でも、認められていない手術・治療や薬が多数存在するようになってきています。その点、自由診療制では 、個人負担はかかりますが、このような診療制限はないので、効果のある治療法を選択することが可能です。

当院で行っている社会保険外の診療内容で、薬や特殊な手術法で、効果的な治療や予防のできる疾患には以下のようなものがあります。

大腸癌(内視鏡的治療・投薬による予防)、

大腸腺腫(内視鏡的治療と投薬による予防及び除去)、

胃癌(内視鏡的治療と投薬)、

胃粘膜下腫瘍(内視鏡手術)、

慢性胃炎(ピロリ菌除去など)、

慢性小腸炎(投薬)、

潰瘍性大腸炎(投薬)、

慢性膵炎(投薬)、

肥満(投薬)、

糖尿病(投薬)、

逆流性食道炎(内視鏡的手術と投薬)、

NERD(内視鏡的治療)

前立腺癌(HIFU)

癌の転移予防(投薬)

癌の発生予防(投薬)などなど。

詳しくは診察をお受けになってください。適応を考慮して状態に合わせた治療内容を説明します。
 

3.任意保険の利用は可能

大腸ポリープを内視鏡的に切除したり、胃や食道のポリープを切除した際は、手術特約もついている任意保険では、手術1件につき、5ないし10万円程度の保険金(ただし、金額は契約内容により異なりますので、契約内容をご確認ください)が支払われます。

がん保険もOKです。拡大内視鏡を使って、より小さな段階でがんが見つけて、助かりながら、がん保険給付も受けられれば、大変幸運なことといえます。

助からない段階でがんが見つかって受ける給付金に比べて、ありがたさの違いは容易に想像できるのではないでしょうか。

がん保険の給付金は契約金により異なりますが、一般には数十万円から数百万円まであるようです。