TOPメニュー日本のスズメバチ図鑑 > ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチ  Vespa velutina Lepeletier, 1836


体長は女王バチ25〜30mm,働きバチ17〜25mm,オスバチ20〜28mm前後で,キイロスズメバチと同じくらいの大きさです.

営巣場所は極めて高所の木の枝や建物の外壁などの開放的な場所です.本種は働きバチの羽化後営巣空間が狭くなると、より広い場所を求めて引っ越しする性質があります.初期の巣は,藪や木の茂みなどの外部から巣を隠しやすい場所や,崖の割れ目や地中などの閉鎖的な場所に創設され,7月〜8月に新しい営巣場所に引っ越します.

巣は大きなものでは直径50cmを越え,巣盤数は5〜7層,育房数は10,000房以上になります.活動期間は極めて長く,越冬を終えた女王バチは4月中旬頃には営巣を開始し,巣は12月一杯まで活動します.働きバチは5月下旬より羽化し,活動の最盛期には1000頭を越えます.オスバチ,新女王バチは9月〜11月に羽化します.

幼虫の餌としてはハチ,ハエ,アブなど各種の小昆虫類やクモなどを狩る何でも屋です.現時点では刺傷被害の発生は少ないですが,攻撃性,威嚇性ともに強く,今後市街地に侵入した場合には注意が必要です.

2012年に,長崎県対馬で初めて成虫が捕獲され,翌2013年には多数の巣が見つかり駆除されました.2014年に入ってさらに分布を拡げ,多数の巣が見つかっていることから,既に定着したものと考えられます.一度侵入を許すと,営巣規模が大きく,高所に営巣するため駆除も難しいことから根絶は困難と思われますが,現在さまざまな対策が取られています.環境省は2015年1月9日,外来生物法にもとづく特定外来生物に指定しました.

徹底的な駆除対策とトラップによる越冬女王バチの捕獲が実施されて、営巣確認数も2016年には259巣あったものが,2017年には49巣と大幅に減少しました.その後もトラップによる徹底的な女王バチの捕獲を実施したにもかかわらず,2018年,2019年と営巣数は増加傾向にあり,根絶の困難さがうかがわれます。

2015年8月には北九州市門司区で巣が見つかり駆除されました.新聞報道によれば対馬経由ではなく直接韓国から侵入したと考えられることから,各地の港湾地域での水際対策が重要になってきます.

2016年5月に,宮崎県日南市油津港の周辺に設置されたトラップで,女王バチ1頭が捕獲されましました。その後の調査では,本種は全く捕獲されず,営巣も確認されませんでした.たまたま侵入した1個体がトラップに捕獲されたことになり,港湾地域周辺での捕獲調査の重要性を示す結果となりました.

2017年9月24日に,長崎県壱岐市でニホンミツバチの巣箱付近を飛んでいる働き蜂が見つかり、本種と確認されました.その後の九州大学の調査でも本種が確認され,営巣の可能性が高いことが示唆されました.巣は発見されていません.対馬と壱岐とは直線で50Kmしか離れておらず,自力で飛来した可能性が十分考えられます.その後,徹底した生息状況調査が実施され,11月20日に500mほど離れた地点で営巣を確認,翌日駆除されました.

2018年10月8日,大分市内で営巣が確認され,翌9日に駆除されました.その後の生息状況調査では成虫は捕獲されませんでした.

2019年11月18日には,山口県防府市内で営巣が確認され駆除されました.11月21日に本種と確認されましたが,回収された成虫はいずれもオスバチでした.巣は廃棄されており詳細は不明ですが,新女王バチを産出した可能性があります.その後のトラップによる捕獲調査では捕獲個体はありませんでしたが,今後の動向に注意する必要があります.

今までの発見場所は全て九州でしたが,初めて本州で確認されたことになります.防府市はかっては三田尻と呼ばれた港湾都市で,荷物に紛れての船による侵入が考えられます.

ツマアカスズメバチの関するより詳しい生態や情報は下記サイトを参考にしてください.

上野高敏のウェブサイト  ・対馬の昆虫館

高所の枝に作られた巣
高所の枝に作られた巣 サザンカを訪れた働きバチ 働きバチ


※ 画像はA氏から提供を受けた.