TOPメニュー名古屋のスズメバチ図鑑 > シダクロスズメバチ

シダロスズメバチ  Vespula shidai Ishikawa, Sk.Yamane & Wagner, 1980


体長は女王バチ15〜19mm,働きバチ10〜11mm,オスバチ12mm〜14mm位の小型のスズメバチです.身体は黒色で白い斑紋があり,各地で普通に見られるクロスズメバチとよく似ていますが,頭盾中央の黒帯が下縁まで達しているのと,複眼内側の白色部がえぐれている点で区別できます.

北海道,本州,四国,九州,奄美大島に分布し,北海道では平地から低山地にかけて普通に見られますが,他の地域では山地寄りに多く分布しています.営巣場所は閉鎖的な場所で,大部分が土中ですが,屋根裏や樹洞にも営巣します.

活動開始は早く,越冬した女王バチは3月下旬には活動を開始します.活動期間は極めて長く12月頃まで続くことがあります.働きバチは6月から羽化し,オスバチ,新女王バチとも10月〜12月に羽化します.

営巣規模はクロスズメバチよりも大きくなることが多く,巣盤数は8〜12層,育房数は8,000〜12,000房になります.幼虫の餌として主にハエやアブなどの小型の昆虫やクモなどを狩ります.攻撃性,威嚇性は強くありません.

名古屋市では2101年11月5日と11月19日に,働きバチ各1頭が誘引トラップで捕獲されていますが,駆除実績は無く,営巣も現在まで確認されていません.クロスズメバチとともに”へぼ”,”地蜂”などと呼ばれ,幼虫や蛹を珍味として食用にします.


シダクロスズメバチの巣 シダクロスズメバチの働きバチ シダクロスズメバチのオスバチ
巣穴から出入りする働きバチ テープに止まる働きバチ 巣盤に止まるオスバチ