TOPメニュー名古屋のスズメバチ図鑑 > オオスズメバチ

オオスズメバチ Vespa mandarinia japonica Radoszkowski, 1857


体長は女王バチ40〜45mm,働きバチ27〜40mm,オス35〜40mmで,スズメバチの中で最大の種です.営巣場所は地中や樹洞などの閉鎖的な場所で,外皮は薄く底が抜けています.巣盤数は4〜10層,育房数は3,000〜6,000房になります.

名古屋市では東部丘陵地を中心に生息していますが,営巣場所が人目に付きにくいためか駆除依頼はそれほど多くありません.

越冬した女王バチは5月中旬頃から営巣を開始します.働きバチは7月から羽化し,9月〜10月には100〜500頭程度になります.オスは9月〜11月に,新女王バチは少し遅れて10月〜11月に羽化し,巣内に1〜2週間滞在した後巣を離れます.本種は先に羽化したオスが,巣の入り口付近で待機し,中から出てくる新女王と交尾する習性があります.そのため,新女王の羽化時期である10月中旬〜11月中旬にかけての午前中(9時〜12時頃)に,何十頭ものオスが巣付近を飛び回り驚かされることがあります.

幼虫の餌はコガネムシやカミキリムシ,大型のガの幼虫などですが,秋口には集団で他のスズメバチやミツバチの巣を襲い,幼虫や蛹を餌にします.これは本種独特の行動で他のスズメバチではみられません.他種を襲った例はコガタスズメバチ,キイロスズメバチおよびモンスズメバチで確認しています.ニホンミツバチの巣を襲う例はかなり多く,毎年数件の相談が寄せられます.

攻撃性,威嚇性ともに強く,地中や樹洞に営巣した場合,近くを通行する際の振動が巣に伝わり,そのためハチが興奮して攻撃してくることがあります.刺傷被害は7月〜11月に発生していますが,特に9月〜10月に多く発生しています.

ヤナギ,アベマキ,コナラなどの樹液によく飛来する他,カキ,イチジク,ブドウなどの塾果,ヤブガラシやキヅタなどの花にも吸蜜に訪れます.本種は縄張り意識が強く,樹液などの餌場においても威嚇や攻撃がみられるので注意が必要です.


名古屋市における
最大巣の記録
巣盤数 8層 1998年10月9日(中村区)
育房数 4177房
成虫数 817頭 2202年10月28日(守山区)

地中の巣(駆除後)外皮が見えている 巣穴を拡張するため土の固まりを口にくわえて外に出てきた働きバチ 崖上のある切り株の下に作られた巣の入り口付近の様子
地中の巣を堀りだし中(駆除後) 幼虫の餌にアブラゼミの死骸を狩る働きバチ 草の上を低空飛行して餌のバッタを探す働きバチ
コナラの樹液を舐める働きバチ ヤブガラシの花で吸蜜する働きバチ アベマキの朽ち木で越冬する新女王