TOPメニュースズメバチの生物誌スズメバチが集まる花 > アレチウリ

アレチウリ (ウリ科) Sicyos angulatus


北アメリカ原産の帰化植物で,放棄された畑や河原,荒れ地など,あちこちに群生しているのを見かけます.蔓性の一年草で,直径1cm程の小さな花を固まってつけます.

雄花と雌花の区別がありますが,どちらの花にも同じように多数のスズメバチやミツバチが吸蜜のため飛来します.その他にはホウジャクやセセリチョウもやってきます.花期は8〜10月.繁殖力が旺盛で,生態系に大きな影響を与えることから,特定外来生物法による特定外来生物に指定されています.


雄花,おしべはキノコのような形をしている.中:雌花,右:実

コガタスズメバチ ヒメスズメバチ オオスズメバチ モンスズメバチ
キイロスズメバチ チャイロスズメバチ クロスズメバチ
セグロアシナガバチ キアシナガバチ キボシアシナガバチ ヤマトアシナガバチ
セイヨウミツバチ ニホンミツバチ スズバチ