TOPメニュー名古屋のチャイロスズメバチ > 春日井市で営巣を確認(2010)

春日井市でチャイロスズメバチの営巣が確認されました!(2010)


2011年3月,ネット検索中に,”春日井市玉野町”というサイトで,春日井市玉野町にある五所神社にチャイロスズメバチが営巣していたことを知りました.

同サイトによれば,”8月15日に,五社神社東の道路に面した木の祠から羽音がするので見ているとモンスズメバチが出入りし,巣がある模様.当初は上側のみを巣としていた.”とあり,最初はモンスズメバチが樹洞に営巣していたようです.

その後,8月25日には,”下側の祠にハチがいるのでよく見ると,モンスズメバチと違いチャイロスズメバチ.上側をよく見てみるとモンスズメバチはいなく,チャイロスズメバチが出入りしていた.どうもチャイロスズメバチに乗っ取られた模様.どちらのハチも,夜でも出入りしている.”と書かれており,モンスズメバチがチャイロスズメバチに乗っ取られたことが分かります.

また,モンスズメバチは日没後も活動することが知られていますが,チャイロスズメバチも同じように日没後も活動することがあるようです.

9月29日朝には,”五所神社東の道路に面した木の祠を見ると,1匹のオオスズメバチが出入りし,チャイロスズメバチが羽を震わせ威嚇しているのが見えたので,しばらく見ていると3匹のオオスズメバチが巣のある祠へ入ったり出たりしている.ハチどおしのバトルまで進んでいないようだ.なお,下側の祠は現在は使用していない模様.”と書かれており,オオスズメバチの飛来が確認されています.

オオスズメバチの他種に対する攻撃は,9月下旬から10月上旬を中心に活発になり,そのため廃巣になるケースがしばしば見られます.この巣も”オオスズメバチが来て幼虫を運んでいた.”とのことですから,攻撃を受けて廃巣になってしまったと考えられます.

チャイロスズメバチが営巣していたツブラジイの木は,”オオスズメバチが来て幼虫を運んでいる時期に,ビニール袋に砂を入れたものを複数用意し、祠の上から投入し穴を塞ぎ放置後伐採した.”とのことでした.2011年3月10日に現地を訪ねました.伐採されたツブラジイは,他の木と共に神社の境内に積み上げられていました.


チャイロ地図

五所神社の森を南から望む(3/10) 五所神社正面.巣は右側の奥にあった.(3/10)
中央の木に営巣(8/15) 下部の巣穴の様子(8/25)
上部の巣穴の様子(9/20) 巣穴に飛来したオオスズメバチ(9/29)
伐採された跡(3/10) 伐採され積み上げられたツブラジイ(3/10)

8月,9月に撮影された中央の4枚の写真は,”春日井市玉野町”のサイト管理者より承諾を得て転載しました.