TOPメニュー名古屋のチャイロスズメバチ2005年までの概況 > 八百津町で営巣を確認

八百津町でチャイロスズメバチの営巣が確認されました!(2005)


10月22日(土)の中日新聞(朝刊)に,”岐阜県加茂郡八百津町でチャイロスズメバチの巣が見つかった”という記事が掲載されました.岐阜県下でチャイロスズメバチの営巣が確認されたのは初めてのことです.10月31日に現地を訪ねて写真を撮影するとともに,巣の様子を観察しました.

営巣場所は八百津町の中心部から北へ1Km程離れた,周囲を小高い山に囲まれた地点で,標高は140mです.

巣は住宅の2階軒下に作られており,すぐ隣にはキイロスズメバチの旧巣がありました.巣の表面には1〜2頭の働きバチが止まっているのみで,時折外役に出かける働きバチの姿を見かけるものの,営巣活動はほぼ終了したものと思われました.

当日は現場付近でオオスズメバチ,キイロスズメバチおよびコガタスズメバチを目撃していることから,キイロスズメバチに寄生した可能性が高いと思われます.

2009年11月26日に現地を訪れる機会がありましたが,巣は営巣時と同じ状態でそのまま残っていました.

中日新聞
 2005年10月22日(朝刊

チャイロ地図

営巣地付近の様子 南東から見た巣
南から見た巣(隣はキイロスズメバチの旧巣) 巣の表面の拡大写真
巣の表面に止まる2頭の働きバチ 巣の下部の様子