WeB NoVeL
学校 編 執筆中
 
世志 凡太
いやでも真剣にならざるを得ない。
U−−,マンぼー」と、生徒。

若者は世志凡太知らないかね」と、教諭。
今は浅香光代の内縁の夫?」と同調した。

生徒が首を捻った。
毛鉤はよく釣れるんだよねぇ」と、校長。
アレがね」と同調した。
ヘェ〜そうなんだ
頭を掻く生徒。
アレって?」穏やかな表情に一瞬、迷いの色が浮かんで消えた。
いや〜ん ばっか〜ん・・・
ええわ
女史の言葉は全員の気持ちを代弁していた。
ええか、ええか、ええのんか」と、生徒は思ったが口には出さなかった。
ええ!
あがえ」と,うなだれたまま言った。
ハズキルーペ  大好き♪」と、女史。
せやろか
ちゃうちゃうちゃう
生徒は言った。
ぼえぇ〜〜〜
女史の理解を超えていた。
淡々と…「えー
音痴
かわゆいけどね」笑顔はぎこちなかった。
どね?
生徒の理解を超えていた。
撤回します
回します」と同調した。
いつもより多めに回っております〜〜」と、担任。
やらしいわね」と、生徒。
だっちゅーの」と、生徒。
死語だべさ」小声で生徒。
死後の世界はあるんだよ、ね、丹波さん?」と、校長。
あへへへへ
ウソ?」と、生徒。
13日の金曜日」穏やかな表情に一瞬、迷いの色が浮かんで消えた。
なんなの?
生徒が尋ねた。
14日の土曜日
あ、やべ。明日15日じゃね?
生徒の言葉は全員の気持ちを代弁していた。
16日の月曜日」生徒は手を振り上げた。
それは誕生日」と、生徒。
丹正火
おれ、実は60歳なんだよ
生徒が言った。
還暦?
体力が60歳相当」と、生徒。
そんなあなたに課題を出します」と、医者。
毎日100`走れ?
警部が尋ねた。
ゲームで
生徒は苦笑する。
ゲーム&リアル
生徒が告げた。
リアじゅう」と、生徒。
pjG4って検索する→pc壊れた (嘘)」と、生徒。
せやな」と、生徒。
ぼえぇ〜〜〜」と、生徒はまったく邪心のない笑顔で答えてた。

もどる

WeB NoVeL by micky