作品名: シェーン -


書込欄へ  ヘルプ
お名前: クインキャノン   
 一昨年の夏、アラン・ラッドの背丈が168cmで、ジェイムズ・キャグニーは170cmって書き込み
したね。これはIMDbのデータ欄にそう書いてあったんだけど、最近ふとキャグニーの項を見直したら、
165cmに縮んでたよ。確かに「オクラホマ・キッド」やその他の写真で見るとそんな感じだよね。きっ
と昔のデータは5cmだけさばを読んでたんだよ。クーパー、ゲーブル、トレイシーなんかに並ぶ大スター
連のなかで、一番小柄なのはこの人じゃないかしらん。
[2008年2月3日 19時34分42秒]

お名前: シェーンファン   
出典:
「ミッドナイト・エキスプレス、星の輝く夜に」より  
西部劇の名作「シェーン」
[ 映画 ] / 2006-04-05 08:02:44 
 
シェーン

「シェーン」(53)は、“シェーン、カンバック”の声がワイオミングの山並にこだ
まするラスト・シーンで有名な西部劇不滅の名作。

監督・製作は「日のあたる場所」(51)、「ジャイアンツ」(56)の巨匠ジョージ・スティーヴンス、
原作はジャック・シェーファー、脚本はA・B・ガスリー・ジュニアとジャック・シャー、
撮影は「十戒」(56)のロイヤル・グリグス、特殊撮影はゴードン・ジェニングス、
音楽はヴィクター・ヤングが担当。

主演は「砂漠部隊」(53)のアラン・ラッド、「西部を駈ける恋」(43)のジーン・アーサー、
「三銃士」(48)のヴァン・ヘフリンで、子役のブランドン・デ・ワイルド、
ジャック・パランス、ベン・ジョンソン、エドガー・ブキャナン、エミール・メイヤー、
エライシャ・クック・ジュニア、ダグラス・スペンサー、ジョン・ディアクス、
エレン・コービー他。

1890年・初夏、ワイオミングの高原に1人の旅人シェーン(アラン・ラッド)は、
移住民のジョー・スターレット(ヴァン・ヘフリン)の家で水をもらい、
家族の好意で1晩泊めてもらうことになった。
妻マリアン(ジーン・アーサー)、1人息子ジョーイ(ブランドン・デ・ワイルド)と3人暮らし。

スターレット一家にお世話になることになったシェーンは、
開拓移民と牧畜業者の間で土地をめぐる争いがスターレット一家にも飛び火し、
シェーンが・・・・・・。

オーソドックスなストーリーだが、ワイオミングの美しい山間風景の中にキャラクターを
浮き上がらせる。
風景描写、人物描写共に丹念かつリアルな演出を施した監督のG・スティーヴンス。
J・シェーファーの原作を基に、子供の視点から物語を構築させ、
英雄譚と人情劇を融合させた脚本、主題歌「遥かなる山の呼び声」の調べに余韻が残る。

スタッフとキャスト奇跡のコラボレーションがこの名作を造りあげた。
第26回アカデミー撮影賞を受賞。

エピソード
この映画は、アクション映画のサム・ペキンパー監督や、
クリント・イーストウッドなど沢山の映画監督に影響を与えた作品でも有名。
空き缶を拳銃で撃つシーンは「許さざる物」でも使われた。
日本でも山田洋次監督の「遥かなる山の呼び声」
高倉健と吉岡秀隆君のシーンも感動。
アラン・ラッドはアメリカ人が愛する俳優としてゴールデン・グローブ特別賞などを受賞、

アラン・ラッド・JRはプロデューサーをへてFOX、UA、MGMの社長を歴任。
 
こんにちは。 (プラム) 
2006-04-05 13:38:57 
西部劇は好んで観る方ではありませんが
この作品はかなり印象的です。
ちょっと悲しいけど。。
内容を知らなくても「シェーン!カムバッ〜ク!」
だけは知ってるという人、多いでしょうね。 

こんばんわ (kju96) 
2006-04-05 21:24:49 
何時も、コメント有難うございます。
この映画は
西部劇は勿論ですが、
映画のエッセンスが詰まっている映画です。
是非、ご覧ください。
[2007年12月1日 9時39分8秒]

お名前: シェーンファン   
シェーン
AFIアメリカ映画ベスト100〔2007年版〕第45位 
   
[西部劇] 
★『映画検定』見るべき映画100本★  
 
コンシェルジュのオススメコメント 

コンシェルジュ:
中沢啓治

子供の頃好きだったのは西部劇でね。好きな俳優はゲーリー・クーパー。
『真昼の決闘』なんてよかったねえ!もう最高よ!

でも西部劇の一番の最高傑作はやっぱり『シェーン』だね。アレは最高の傑作だよ。

日本の股旅ものに通じる構成で、流れ者がやってきて、
自分を受け入れてくれる普通の人たちと出会って、好きな女もできて、
そこに住み着こうかと思うけど…やっぱり平和な暮らしに安住はできない
サガの持ち主なんだね。

全部振り切って、闘いに身を投じて、去って行く。
日本人の琴線に触れるというか、万国共通でこういう生きざまへの憧れがあるんだろうね。
男の意地というかね。僕が観たのは17〜18歳の頃だったかな。
これだけは、3回全部劇場を変えて見に行ったよ。

シェーンがラストシーンで死んでたって説があるって?
どうだろう?そうかな?
僕はシェーンはあのまま山を越えて、次の街に行ったと思ってるよ。

『はだしのゲン』中沢啓治が選ぶ少年時代のなつかし映画5選
[2007年11月30日 3時14分52秒]

お名前: シェーンファン   
出典:老いの小文より

2007年1月10日 (水)
シェーン
 購読紙の土曜版『愛の旅人』で映画「シェーン」の記事を見た。
最も好きな映画のひとつで録画しているのをもう何回見た事か。
 
ありふれたあらすじながら水彩画を見るような遠景シーン、
ビクター・ヤングのやけに懐かしさを覚えさせる挿入音楽「遥かなる山の呼び声」、
ジャック・バランス扮する殺し屋との決闘、マリアンとのひそかな恋、
そして少年ジョーイの叫ぶラストシーン

「カムバック シェーン」

また録画したテープを引っ張り出して見ようかなぁ。
[2007年11月30日 3時0分50秒]

お名前: シェーンファン   
出典:イッポーの意匠懸命より抜粋
2007/09/03

所作を映画に学ぶ

9月3日は「ホームラン記念日」でアラン・ラッドの誕生日。
アラン・ラッドは西部劇「シェーン」の主役の人。
ラストシーンで馬に乗って去って行く人である。

小学校六年の時、自分の意思で初めて見た洋画がリバイバルの「シェーン」だった。
それからテレビやビデオを含めて20回くらいは見た。今ではDVDが500円で売られている。
今見ると、何のひねりも伏線も無く、淡々とした映画である。
三つ子の魂百まででは無いけれど、それでもやはり大好きだ。

シェーンが開拓農民と一緒に町で一つのお店(雑貨屋兼居酒屋)へ行って、
野良着を買うシーンがある。買った洋服に着替え、今までの服をさっと折り畳む。
そのたたみ方がカッコいいので、以来今日まで真似をしている。
それまで服など自分でたたもうとは思った事が無かったので、行儀が良くなる映画でもある。

その野良着の値段に「こんな服がこんな値段するのか?」と驚くところもある。
このシーンはシェーンがしばらく服を買っていない事を表していて妙にリアルである。
こちらも意味も無く真似をしている。

洋服を買う際「久しぶりに服を買ったらこんなに高いんだ」というような表情をして値札
を見つめる。私はひとりで楽しんでいるけれど、これは誰も気づかない………当たり前だろう。

もちろん「さようなら」をした後は振り返らない事をモットーとしている。
背中で「イッポー、またね」を聞くのが私の無上の楽しみなのだ。

中略

最後の決闘が終わった時、前へ2回転、後ろへ3回転させて拳銃をガンホルダーに
しまうシーンも銀玉鉄砲で猛練習しました。
[2007年11月30日 2時52分29秒]

お名前: シェーンファン   
出典: ファーマー佐藤の雑記帳
2007年1月 6日 (土)

シェーン

DVDが登場してから10年経ちましたが、当初から待ち望んで
いた作品が、西部劇の大傑作「シェーン」です。
それが、昨年の暮れに発売されていたのを発見して、早速買い
求めました。定価¥500!です。

いやー、30年程前にテレビで見て以来なので、随分と懐かしい
です。テーマ曲の「遙かなる山の呼び声」も実に良いっ!。

なんせ¥500なので、画質は期待していなかったんですが、
案外良くてジャケットも立派。音もそれなりで、著作権万歳です。
これはオススメですよ。
[2007年11月30日 2時29分36秒]

お名前: シェーンの各種レヴュー   
出典:ファーマー佐藤の雑記帳
2007年1月 6日 (土)
シェーン

DVDが登場してから10年経ちましたが、当初から待ち望んで
いた作品が、西部劇の大傑作「シェーン」です。
それが、昨年の暮れに発売されていたのを発見して、早速買い
求めました。定価¥500!です。

いやー、30年程前にテレビで見て以来なので、随分と懐かしい
です。テーマ曲の「遙かなる山の呼び声」も実に良いっ!。

なんせ¥500なので、画質は期待していなかったんですが、
案外良くてジャケットも立派。音もそれなりで、著作権万歳です。
これはオススメですよ。
[2007年11月30日 2時25分37秒]

お名前: シェーンファン   
出典:映画の世界、Memories of the Movies

名高き西部劇の傑作!!シェーンとライカート、ウィルスンとの壮絶なる死闘!!

53年は映画豊作の年。「ローマの休日」をはじめ、「地上(ここ)より永遠(とわ)に」、
「宇宙戦争」「聖衣」など名作が多く、著作権法の50年から70年への2003年改正にあわ
せてもこの年の映画は問題になったとのこと。
そうした名作のうちのひとつがこの「シェーン」である。

この作品はある一家と流れ者のシェーンとの友情(特に息子)とのストーリーと、
農家と悪の親玉ライカートとの死闘という二つの大きなストーリーで構成されている。
本当は凄腕ともいえる銃裁きをみせるシェーンも、なかなかその腕は見せようとしない。
「心に決めたことがある」とのことだったが、やはり暴力はいけないということですかね??

このこだわりがラストでの「どんな理由があろうと、人を殺したらもう後には戻れない」
というセリフにきいてきますね。このテーマの投げかけもこの作品が名作だといわ
れる所以だと思います

最大の見所はやはりラストの早撃ちですかね〜。シェーンかっこいいですよ!!!!
[2007年11月30日 2時12分56秒]

お名前: シェーンファン   
出典:「昨日も青春、今日も青春、明日も青春」

シェーン
Shane

流れ者と少年の心のふれあいを描いた「温かさ」あふれる名匠スティーヴンスの西部劇

のアカデミー賞に輝き、名声を得た。『シェーン』は、登場人物の心情を細やかに描き、
隙のない職人的な構成力をもつスティーヴンスだからこそ作り得た、
情感あふれる新しい「西部劇」といえよう。

俺は大丈夫だ、ジョーイ
ママやパパのところへ帰って正しい人に成長するんだ
それからな、ジョーイ
両親を大切にするんだよ

ジョーイ(ブランドン・デ・ワイルデ)に男の心得を伝え、
シエーン(アラン・ラッド)は去っていく。

ライカーの雇ったウィルソンは、名うての殺し屋だった。
ウィルソンを好演したジャック・パランスは、この作品でアカデミー助演男優賞に
ノミネートされた。

永遠の名曲「遥かなる山の呼び声」が全編に流れ
心優しき西部の男が、怒りに燃えて敵に立ち向かり

繊密な時代考証と、こだわりの演出が「交響詩」と呼ばれる名作を生んだ

『シェーン』の脚本は、ピューリッツアー賞作家のA・B・ガスリーJr.が西部
開拓史を丹念に研究し、綿密な考証を重ねて仕上げたものだ。
「俺は、この地に先に足を踏み入れ、自ら血を流して自然やインディアンと戦って
土地を得たのだ」と言うライカー。

しかし1862年、合衆国政府はホームステッド法を制定し、新たな入植農民にも
土地所有権を認めていた。ワイオミングが州になり、そして政府がフロンティ
アの消滅を宣言したのが1890年。

『シェーン』はその前年の物語である。この頃、銃による無法な開拓は、
すでに過去のものになっていた。

ライカーに対するシェーンの返答は、自分も人生を銃に託した古い人間である
ことを認めているのだ。
ワイオミングでは、1892年には牧畜業者と開拓農民の壮絶な戦い
「ジョンソン郡戦争」が起こっており、物語は、そんな時代背景をも反映している。

この作品で、名匠スティーヴンスが、登場人物や道具立てを徹底的に象徴化して
いるのも面白い。白い帽子に白っぽいバックスキンの上下を着たシェーンは、
ブルーの作業着に着替えたときからスターレット家に迎え入れられる。
そして、再び白の上下に着替えてウィルソンとの決闘に向かう。

一方、殺し屋のウィルソンは全身黒ずくめで、めったに口をきかず、
いつもコーヒーばかり飲んでいる無気味な男……。
これらの演出が、物語に明確な輪郭を与えている。
「交響詩」とも評される名作『シェーン』は、計算しつくされた脚本と演出から
生み出されたのである。

ジョーイ、だめよ
シェーンをあまり好きになっちゃ
いつかいなくなってしまうから

意気込んで酒場に乗り込もうとするトーレー(エライシャ・クックJr.)だったが、
ウィルソンの挑発にのって銃を抜き、撃たれてしまう。背景には、
南北戦争の遺恨も強く残る。

ジョーの妻マリアン(ジーン・アーサー)は、シェーンにほのかな想いを抱く。
この二人の微妙に揺れ動く気持ちも、物語の隠し味のひとつ。

他の開拓者家族と雑貨屋に向かうスターレット一家。中央がジョーイの父ジョー。
性格俳優ヴァン・ヘフリンが演じた。

0.6秒の早撃ちはラッドの努力の賜物
『シェーン』の主役に抜擢されたアラン・ラッドは、
この作品でゴールデン・グローブ賞の「世界でもっとも好かれた男優」に輝き、
甘いマスクとともにその名を広めた。

『シェーン』出演に際してジョージ・スティーヴンス監督は、
ラッドに完壁な銃の腕前を要求。ラッドは苦心して早撃ちを習得したという。
そして、努力のかいあって、ラッドは本物のカウボーイが舌を巻くほどの腕前に上達。
実際、映画のなかでラッドが銃を抜いて撃つまでの時間は、わずか0.6秒。
これは、映画史上の記録といわれる。

しかしラッドは、この作品の後はヒット作に恵まれず、
『シェーン』が唯一の代表作となった。そして1964年に、
薬物とアルコールの乱用のために、50歳の若さで他界した。
[2007年11月29日 1時47分53秒]

お名前: シェーンファン   
出典:「元気の出る映画特集」 

西部劇史上文句なしの傑作です。

ある程度の年齢の方は必ずご覧になられてると思うのですが、
若年層はあまりに有名すぎて観てないって人も多いのでは?

さてさてストーリーは・・・
舞台は緑の豊かなワイオミングの開拓地帯。その開拓地帯の
移民であるスターレット一家に厄介となった、流れ者のシェーン(アラン・ラッド)。
しかし、この地では開拓移民と牧畜業者との間で土地をめぐるトラブルが起こっており、
やがて、スターレット一家もその騒動に巻き込まれ・・・・・
シェーンは、彼らの間に割って入っていくが……。

しかし、放牧業者のいやがらせは日々過激の度合いを増していき、
あまりにも非人道的な行為についにシェーンは
スターレット一家や開拓移民の仲間のために
ついに銃を抜きます・・・・
シェーンは早撃ちの達人なのであった・・・・
って感じの展開です。

西部劇の定番って感じのストーリーなのですが、まさにこれが「元祖」。
シェーンに扮するアラン・ラッドはまさにかっこいいの一言です。

そのクライマックスの早撃ちシーンは、
それまで耐えに耐えてたであろうシェーンの心情も伝わってきてまさに圧巻。

あまりにも有名なスターレット一家の息子ジョイとの別れのラストシーン
「シェーン!カムバック!」は心に響きます。

最後の最後、瀕死の怪我をしているはずのシェーンが、元気を振り絞り
元気に振る舞ってジョイとの別れて、馬に乗り町を離れる姿の映像が微妙な表現で
「生きているのか」「馬に乗ってまま生き絶えてしまったのか」
と議論が別れるところでしょうが、

私は生きていたと思いたいです。
[2007年11月28日 2時23分12秒]

お名前: シェーンファン   
一体何度、この映画を観ているのだろう?

大のお気に入りでも、繰り返しては観ないで発酵する迄待ってから、再び鑑賞する
性質・たちなのに・・・。(変な点を見つけてしまうのが恐いのかも。もしかしたら)
この作品と『大脱走』位でしょう、重ねて見続けているのは。

そして多分これが今迄観た映画の中で一番鑑賞回数が多いと思う。

一等最初は白黒だった。もしかしたら父の膝の上で映画館でも観ていたかもしれない。
(勿論再々再々上映時だ。産まれてないよ53年は)
そしてTVで放映されるのに出会えば必ず観てた。

まだ小さかった時、シェーンが去っていってしまうのがどうしてもわからなかった。
10代に成って、シェーンとジョーイの母との間にほのかな恋心が生まれてたことに
初めて気付いた。

観る度に少しづつ気付く点があった。(あたしゃあ鈍いのでしょか?!それとも好き
な作品の為、目に霞が掛かってるからなのか?!)

今回は、はっじめてDVDで観た。
こんなに画像が綺麗なのは初めてだ。(当たり前だ。TVでしか見てないからだ)
118分だ。(カットされたのしか観てなかったんだな)
(今見ると、繰り返されるバック音楽がちとうるさいがそれは許してね。
当時では当たり前だったから)

最後の鑑賞から多分20年位経ってると想う。
そして原語で愉しんだ。

アラン・ラッドに一時惚れてたのを思い出した。
でもこんなに優男で短躯だったなんて・・・。
衣装もちと少女チックだ。(でも特典では
衣装の時代考証をしっかりやったと監督の息子が言っていた。
確かに典型的ハリウッドの見目麗しくはなって無くて良い。
が、シェ−ンのトップのヒラヒラが・・・)
でも当時の典型的なウエスタン像から敢えて遠ざけたからなのだと思う。
対ジョン・ウエインだ。
そんなところにも意味がある。

ウエスタンでありながらドラマ自体に比重が掛かってるので
今尚見返しても名作の名に恥じない。

明らかにスタジオで撮影されてたとこもあったが 
ワイオミングでも実際に撮影されてるので 
その絵を見るだけでも価値がある。

この時のジャック・パランス。相当脳髄に焼きつく顔ですね。
お年を召されてからの風貌はより普通に成ってることに気付きました。
『バグダッド・カフェ』にも出てましたね。
『シティ・スリッカーズ』2が最期だったんですね。
オスカーのステージで腕立て伏せを披露してたのが昨日のことのようです。

ジョーイを演じた役者さんはなんと30で他界されてます(事故)
その亡くなる1年前に父役の俳優さんも亡くなってました。

聡明な母を演じたジーン・アーサーも良いが、
今回はっきりしたのは父を演じたヴァン・へフリンが素晴らしいから
アランが光ってたのに漸く気付いた。

そしてジョーイの目。
シェ〜ン カム バッ〜クッ!

ありがとうね「帰って来いよ」なんて野暮に訳されてなくて。
これでCOMEBACKって言う英語の文を覚えたよ。生まれて初めて。

今見ても人間に捧げる深いメッセージが込められてて素晴らしかった。

出典:
Yahoo動画
投稿日時:2007/08/14 11:12:49
投稿者:んなもんなさん
[2007年11月28日 2時6分43秒]

お名前: シェーンファン   
2006年10月14日の記事です。

名作「シェーン」の米俳優J・パランスさん、
オークションで数千点の収集品を売却へ=農場の処分検討で

【ライブドア・ニュース 14日 東京】AP通信によると、1953年の「シェーン」での
悪役で脚光を浴び、1991年には「シティ・スリッカーズ」でアカデミー助演男優賞
を受賞した、米俳優ジャック・パランスさん(87)がこれまで収集し、
米ペンシルバニア州の農場に保管していた美術品や書籍などの数千点の品々が、
12日から3日間にわたり、同農場でオーク
ションを通じて売却されている。中には、馬用の鞍まで出品されているという。

パランスさんのビジネス・マネジャー、ジェス・モーガン氏によると、パランスさん
は現在、カリフォルニア州ベイカーズフィールド近郊の牧場に住んでおり、同農場
を5年前から訪れておらず、パランスさんは、農場の処分方法を検討しており、
それに伴う措置という。

オークションを実施しているキーストーン・ステート・オークショニアーズは、
3日間で約3000点を売却したいとしている。

同オークションに参加し、日本風の扇子などを計113ドル(約1万3500円)で競り落とした
ある女性は、「誰でもジャックの収集品の一部を手に入れることができるわね」と満足そ
うに話していた。【了】

ライブドア・ニュース 岩城伸也記者/em
[2007年11月28日 1時39分33秒]

お名前: シェーンファン   
シェーンは、私が最も気に入っている作品であり、永遠の名作だと思います。2ヶ月前に駅でシェーンのDVDを見つけ即購入し、20年ぶりに見ることができました。子供の頃から何回となく見ていたにもかかわらず、50歳を過ぎた現在、シェーンの奥深さに、改めて深く感動し、涙がとまりませんでした。以来ウェブの検索でシェーンに関する感想を探しては読んでいます。実際、相当の数の書き込みがなされており、そして最近このノスタル爺のサイトを見つけることができました。皆様の真摯なシェーンに対する感想を読むことは、大きな喜びを私に与えてくれています。素晴らしい名作は数多くありますが、書き込みがこれほどまでに多くなされている名画シェーンは、どれほど多くの方に愛されているか計り知れません。そして多くの方に愛されているという事実が、さらなる大きな幸福を私に与えてくれています。
[2007年11月19日 0時33分35秒]

お名前: ねえさん   
連休に動画で『シェーン』を見てから原作も読みましたし、DVDも早速買ってあれから3回は
見ましたが、映画の最後の方でフレッチャーやウィルソンとけりをつけに行こうとするスターレットを止めようとして、シェーンとかなり激しい殴り合いになりますが、あんな激しい殴り合いの後
で早撃ちは出来るものなのですか?ふと疑問に感じました。
 
 ノスタル爺さん こんにちは!
 
 ご挨拶が遅れましたが、本当に素敵なサイトありがとうございます。
 『シェーン』で検索してたまたまこのサイトに出会ったのですが、正直、西部劇ってほとんど見たことがありません。(小学校の頃、やはりテレビで『平原児』と『カラミティー・ジェーン』をを見たことがあります。話の筋はまったく憶えていませんが、面白かった印象はあります。)  
 ただ、このサイトで皆さんの西部劇への熱い思いに触れ、興味が湧いてきました。
 そこで、勝手なお願いですが、ノスタル爺さんのお奨めの作品を何本か教えて頂ければうれしい
のですが…。
 もし、よろしければお願いいたします。
[2007年5月14日 22時54分28秒]

お名前: シネマ・ホンマ   
初めまして、以前からこのサイトを興味を持って開いては見ていました。皆さん仰るように、
ノスタル爺さんのセンスあるデザイン、表現力、構成等、映画の情報誌より遙かに優れて
いると思います。それにレスの方達の西部劇が好きでたまらないという熱い想いが溢れて
いて、気持ちがいいですね。
小生が「シェーン」に出会ったのは1962年の最初のリバイバルで、まだ高校生でした。
その当時はビデオもレンタルも無く、テレビもまだ映画を放映してなかったと思います。
映画の情報は本で調べるか、映画館に行くかしかなかったように思う。
「黄色いリボン」と2本立てだった。「シェーン」については皆無。「黄色いリボン」も
ジョン・ウェーンの姿を本で見て知った程度だった。
いつものように面白いといいなという程度の気持ちで映画館に入った。
「黄色いリボン」からだった。モニュメント・バレーの雄大な風景、若い将校とじゃじゃ馬娘との健康的な恋、ウェーンとマクラグレンの大男同士の友情とユーモラスな演技、ジョンスンの鮮やかな馬の手綱さばき、インディアンと騎兵隊の戦い等、見所満載の映画に満足。
休憩に入り次の「シェーン」を見ようか迷った。夜の部だったので見終わると遅くなり、
暗い夜道を一人歩いて家まで帰るのが嫌だったのだ。
取り敢えず頭の部分を見てつまらなそうだったら中座しようと決めた。
休憩時間が終わり、館内の照明が消え暗くなった。カーテンが開き、ファンファーレ気味の
イントロから、初めて耳にするのにどこかで聞いたような実にきれいなメロディが館内一杯に
響き渡り、同時に白いスクリーンには、ノスタル爺さんのこれ以上の解説はいらないスレッドの
ように、一人のガンマンが画面左側から山の麓に下りていく、このファースト・シーンで釘付けになった。もう中座の事はぶっとんでしまった。
中略、マリアンとの切ない別れ、ラストの凄まじい決闘、そしてジョーイとの想い出に残る別れの言葉、それまで必死に抑えていた涙は堪えようもなく溢れ、どうしようもなかった。
負傷したシェーンが左腕をダラリと下げて墓碑の前を通って行く、意味ありげのシーンは
何度も見てから気づいたほど恥ずかしながらボロボロだった。
感動の映画が終わり館内には無情にも照明が灯った。涙が全然乾いてない私には辛い。
仕方なしにパンフレットを見る振りしながら、前の客が後ろに下がるのを待った。
映画館を出た後も余韻が醒めず、わけもなく又涙が溢れ出た。誰憚ることなく泣けた。
今年還暦を迎え、年金生活も始まり、これを契機にホームシアターを購入した。
120インチの画面で観る映画は格別で、せっせとソフトを集めています。
シェーンは「アメリカ版の股旅物」「一宿一飯の恩義」という見方でも十分に楽しめますが、
ドラマの時代背景やロケーションのワイオミング州グランド・ティトンの選択等が分かって
来ると、シェーンは実に奥深い映画だということに驚かされる。
名作は正に奇跡の産物でしかなし得ないとつくづく感じさせられる映画だと思います。
(それ程このシェーンには奇跡としか思えない事が多すぎる。)
シェーンには想いはつきないが、あまりに長い書き込みでさぞかしうんざりと思うので終わりに
します。
[2007年5月10日 0時3分13秒]

お名前: ねえさん   
 みなさま、はじめまして!
 この連休に無料動画で何となく『シェーン』を見ました。
 小学生の頃、テレビで見たのが最初で今回で2回目ですが、見終わった後の胸が張り裂けそうな切なさに自分でも驚きました。
 その夜は映画館で映画を見た後でしたが、『シェーン』を見た後の感動の方がすごかった!
 ワイオミングの緑豊かな景色も目に眩しく、「はるかなる山の呼び声」は胸が振るえました。
 穏やかな物腰のシェーン役のアラン・ラッドはまさにはまり役ですね。
 ジョーイ少年が畏敬と憧れを抱くのも無理ないです。
 ジョーイ少年の父、スターレットも信念を持ったりっぱな人でシェーンとの友情も心が温かくなりました。
 とても半世紀以上前の作品とは思えない瑞々しさを感じました。映画館で是非、見たいです。
 それにしても男が男らしく生きられた時代でしたね。

 それと…書き込み体験は初めてですが、同じ気持ちを分かち合える方達に出会えて幸せです。
 
 

 
 
  
 
[2007年5月8日 22時26分26秒]

お名前: 矢端 想   
農夫を撃ち殺した時にニーッと笑うジャック・パランスの顔!
なんとも言えません。
ぞぞっときました。
[2007年5月1日 22時43分9秒]

お名前: 村松厚和    URL
初めてお邪魔致します。
私はノスタル爺さんのサイトをあけたとたんに、構成と品格の良さを直感し、果たして、優に暖かいまなざしで
「シェーン」を見つめて終始した、あなたの文面にいっぺんにひかれました。

映画に批評はつきものでしょうが、自分も大好きな作品である場合、出来れば初めから終わりまで、単なる批評眼
でつづるのではなく、物語の時代背景、描出される数々のシーンへの共感を以てつづる映画紹介文のほうが、読後
感もさわやかです。

それにしても、文面整っていずれにも破綻がないどころか、見事にこの一作を語り尽くして遺漏なき好個の文章と
いうものを、久しく見られずにおりました。
「シェーン」を何度も見て、良い印象を残すためには、時にノスタル爺さんのような好感たっぷりの映画サイトが
本当に役立つ経験をさせていただきました。

意余りて、遂に委曲を尽くせぬほど、この映画はほぼ全篇に流れるさわやかな主題曲と共に、曰く言いがたい素晴
らしい余韻を私にいつまでも与えてくれます。
我が国の明治23年のワイオミングを舞台に物語が展開することを知った時、登場人物は架空ながら、実は満身創痍
で立ち去ったシェーンはもとより、あの有名な言葉を涙を流しながら叫んだ愛くるしいジョーイ坊やも、もはや
この世の人ではないのだと、そんなことにまで思いを致すようになりました。

少なくも私は「シェーン」を、西部劇の最高傑作と評価しつつ、やがて老境にさしかかり、生を終えるのだと、
自らに言い聞かせるこのごろです。
長いだけの駄文は、いい加減のところで終わりにしたほうが良いと察し、これで、貴掲示板をけがすことをとめます。
最後に、勝手ながら、ノスタル爺さんのこのページをお気に入りに追加させていただきました。
本当にありがとうございました。
[2007年1月28日 4時7分12秒]

お名前: 吉田賢司   
貧しい家計から、兄が、自分の小遣いで、薄暗い映画館へ連れて行ってくれました、年が離れていましたので、まだ
私は小学生低学年くらいだったと思います、字幕でしたがよく理解出来ませんでしたが、画面の流れで内容は分かって
いたようです、、、典型的な西部劇の映画で、アラン、ラッドの役が現実に存在しているものと信じていました。
再放送、ビデオ、何回も見ました、DVDももちろん一番のお気に入りです、時として見ています、、、、
懐かしい少年の日が蘇るようです。

定年して、少年の日の思い出探しと、充実人生を模索しながら、歩き出している、子供の心を大切にしたいオャジです。
                   名前 ダックスフンドのはな
[2006年12月1日 10時37分25秒]

お名前: 武蔵_3    URL
ノスタル爺様、大変ご無沙汰をしております。 武蔵_3です。
以前の書込みでは、私の質問に態々お答え頂きまして本当に有難う御座いました。
あれからも此方へはちょくちょくお邪魔させて頂いており、私のホームページ作りの参考にさせて頂いております。
実は今回 書込みをさせて頂きましたのは、ノスタル爺様にお詫びと御連絡がありまして書込ませて頂いた所存です。
と申しますのは、私のホームページでこれまで公開して参りましたコラムについてなのです。
私のこのコラムはNo.1からNo.27まで書込んでおりますが、その中でNo.2に「シェーン」のコラムがあります。
この「シェーン」のコラムの中に、私の想い以外にかなりの部分でノスタル爺様の「作品名 シェーン」から引用
させて頂いた文章があります。
私としましては、決して自分自身の文章として公開する気持ちなど全くなく、実際に(シェーン資料より引用)と
書込んで公開させて頂いていたのですが、実際に今 考えてみると確かにノスタル爺様の御了解もとらず、勝手に引用
させて頂いたのは筋道からしても間違いだと思いますし、例え御了解を戴いたとしましてもキッチリと(ノスタル爺様
サイトより引用)と明記するべきだったと反省しております。
本当に申し訳御座いませんでした。
因みに今現在では私自身が書込んだ他のコラム達も含めて、コラム全てを私のサイトから削除しておりますので
これで御了承頂ければ幸いです。
この度コラム全てを公開から削除した事が、私の今回のケジメと御理解下さい。

此方様のホームページが今後も更に繁栄されます様に願いつつ、これからも楽しみにさせて頂きたいと思います。
失礼致しました。
[2006年9月2日 17時29分58秒]

お名前: 杉本   
ノスタル爺さん、ウェイン命さん、勉強させていただきました。
最近の特撮が多い映画を、何度も鑑賞したい気が起こらない理由のひとつは、
その辺にありそうに感じました。他の作品でも、同様なご指摘をお願い致します。
[2006年8月22日 20時52分12秒]

お名前: ノスタル爺   
ウェイン命さん、こんにちは。
あのシーンは、貴兄のご指摘通りだと思いますよ。
スティーブンス監督は、緊張と緩和のリズムで作品全体のペース配分をしています。
緊張の連続ばかりの最近のノンストップ・アクション映画は疲れるだけで、後に何も残りませんが、
『シェーン』のような作品は、無駄と思えるシーンでも心に残るんですよね。
[2006年8月14日 6時34分6秒]

お名前: ウエイン命   
ラストの決闘、ウィルソンとライカーを射ったあと銃をクルクルっと回して(しかもどアップで)ホ
ルスターに入れますよね。J・スティーブンスは何故あそこにあんなカットを挿入したんでしょう。
と云うのは、中学の時初めて観て以来、かれこれ20回くらいは劇場で見ていると思いますが、どうし
ても毎回あそこで場内に笑いが洩れるんですよ。私自身もその後ビデオを観るたびに、確かに生き死
にの修羅場が終わったばかりの場面でプロの拳銃使いが、誰も見てないのにあんなことをやるのはお
かしいと思いますね。あれほどリアリズムで押してる映画ですからなおさらの感があります。しか
も、銃の大きさと重さをもてあまし気味、スピードがなくて余り鮮やかでないので余計に疑問が募り
ます。あの後、例の「シェーン、危ない」のシーンへと続くわけですが、もしかして、一旦観客に
「終わったナー」と思わせ緊張を解いたところでもう一丁、と云うスティーブンスの狙いかなーと思
ったりしてますが、どうでしょう。
[2006年8月12日 9時26分42秒]

お名前: ワフー   
 昨日の書き込みに補足します。

「支援」と書きましたが、発音としては「梨園」と同じ抑揚とご理解下さい。
[2006年5月17日 14時15分27秒]

お名前: ワフー   
 今は亡き美男俳優の長谷川一夫氏が、昔、白黒テレビで、この映画について話していましたが、
「支援」、「支援」というものだから、この映画のことと私が気づくのに大分時間がかかりました。

 ジャック・パランスという人は、自分の出演作を見ないんだそうですね。だから「シェーンも通
しては見ていない」、と本人が語っているのを何かで読みました。この人も好々爺になりましたね。
美しく、というか、魅力的に老いた人の一人だと思います。
[2006年5月16日 18時1分5秒]

お名前: ウエイン命   
クインキャノンさん、ラッドの上背の無いのをカバーするためには、例えば、相手と微妙に地面の高
さを変えてあるとか、足まで映ってない場面では脚立の上に乗っているとか、そんな手が使われてい
たようですヨ。逆に、先日NHKで大林宣彦監督が云ってましたけど、我がウエインの映画ではデカイ
体を更に強調するために、セット自体が小さく作られていたそうです。そう云われれば、晩年はウエ
インくらいの上背の人は沢山いて、彼が特別デカイわけではなくなってました。テンガロンハットの
分だけと云う感じでしたものネ。その程度のことはやられていたかも知れません。
[2006年4月30日 11時42分59秒]

お名前: ウエイン命   
ノスタル爺さん、ありがとうございました。私、最近このサイトを発見し、オールドウエスタン小僧
として嬉しくてセッセと書き込みしていますが、初めて会話が出来てとても幸せです。
パランスの「ウォルター」がこの映画以降なくなったのは何故かと思っていましたが、そう云うこと
だったんですか。最近、あれほどの悪役にお目にかかれなくなって寂しいですネ。
これからもよろしくお願いします。
[2006年4月9日 22時58分32秒]

お名前: ノスタル爺   
確かにジャック・パランスの服装は、黒ずくめとはいえないでしょうね。
ただ、黒い帽子、黒いチョッキ、黒いスカーフ、黒い手袋は、シャツが黒でなかったことで、
逆に強い印象を残しました。
それから、『シェーン』では、まだジャック・パランスでなく、ウォルター・ジャック・パランスです。
『シェーン』の好演で、メディアの多くがジャック・パランスとして紹介したので、
以後、ウォルターを外したとジャック・パランスが語っています。
[2006年4月7日 20時43分55秒]

お名前: ウエイン命   
ホントにつまんないことで申し訳ありません。でもこの何十年間ずっと思っていたことなので…。
「黒ずくめ」はジャックパランスの冠詞のよになってますが、あれって「黒ずくめ」ですか。
黒いのはハット、チョッキ、ブーツそしてあの銃を抜く時だけ着ける手袋で、シャツは白、
ズボンは茶系ですよネ。
「黒ずくめ」と云うのは、例えば「落日の決闘」のB.ドンレヴィー、「ヴェラクルス」の
ランカスター、「ガンファイター」のダグラス、そして「荒野の七人」のブリンナーのような
のを云うのではないでしょか。パランスが黒ずくめなら西部劇は黒ずくめだらけですヨ。
でも、「ジャックウイルソンは黒ずくめ」でみんなが納得してるんだからイインですヨ、本当は。
ただ、一度云ってみたかったんです。 
[2006年3月27日 23時4分15秒]

お名前: クインキャノン   
小柄に見えたジェームズ・キャグニーは背丈が170cmだそうだけど、アラン・ラッドは168cm
だってね。それじゃあ、あっしと同じくれえじゃねえか。もちろん大男にゃ見えなかったけれど、
183cmのバン・ヘフリンと同じ画面にいても、それほど小さく見えなかったような気がするのは、
どういう風に撮ったんだろうねえ。
オーディ・マーフィや、もっと昔のボブ・スティールなんて人たちが165cmだったって聞くと、
6尺豊かの大男揃いの西部劇の世界でよくやって行けたなあって不思議な気がするぜ。
ま、山椒は小粒でぴりりと辛い、ってとこかねえ。
[2005年8月22日 23時6分33秒]

お名前: ガンマン   
つい最近、シェーンのDVDがレンタルビデオショップ「ゲオ」にありました。
DVD化を首を長くして待っていたので、見つけた時は感激しました。
[2005年3月31日 16時32分37秒]

お名前: 新谷修   
シェーンと言えば、原作にはセールスマンが現れるシーンがあります。当時の西部の開拓者は、そうやって
物を手に入れていたのですね。イーストマンコダックの最初のボックスカメラもそうして売っていたそうです。
それにしてもシェーンのガンベルト銀の高い飾りがずらっと付いていて高価な物です。そして、ラスト近くで
相手のガンマンを挑発するのに「ヤンキーライアー」と言いますが、これは「北軍の嘘つき野郎」という意味
ですから、シェーンは南部の裕福な大地主の出身なのでしょうか。また、ラストでシェーンの服に血が滲みます。
そして、ラストでシェーンの左手が垂れ下がり、身体も力なくなっています。もう、呼ばれた時には死んでいた
という表現でしょうか。最後に向かう先にもガンマンなどの墓が見えています。時代遅れのガンマンがガンマンの
足を洗おうとしても洗えないで死んでいく。19世紀末のアメリカではよく見られた事とはいえ、可哀想な気がします。
上から撃たれたシェーンが振り向いて撃ち返した時に撃たれたのでしょう。ガンマンが早撃ちであればあるだけ上に
早撃ちをするのを苦手としたという事に合わせた表現に感心します。
[2004年11月25日 6時52分31秒]

お名前: ラッド    URL
私がこの映画見たのは六歳の暮れ 母に連れられ見たのですが 夜もう一度ねだり同じ日に見に行きました
[2004年11月24日 18時46分21秒]

お名前: じょなすこ〜ど   
みなさん、はじめまして。
ボグダノビッチ『ラスト・ショー』の検索かけてて、偶然このBBSにたどりつき、見えない手に
引きずりこまれて読みふけってしまいました(笑)。
『シェーン』は機会あるごとに見てます。大好きな映画のひとつです。
リアルな西部劇として批判された時期もあったようですが、語りすぎない、ていねいな脚本で、
いくつになっても鑑賞にたえる名作と思います。
みなさんの書き込みを読んでいて、『刑事コロンボ/別れのワイン』で、冷静な女秘書が
夜分に訪ねてきたコロンボを「これからアラン・ラッドの映画を見たいんだから帰って」と
追い返そうとする場面がうかびました。

ところで、ひとつ疑問。ラスト近く、シェーンが少年の頭を撫ぜるシーンで、シェーンの左手の
くすり指に指輪をみつけたんですが、これはシェーンが既婚者である(あった)と解釈して
いいんでしょうか? 天涯孤独と思いこんでたので、ちょっと意外です・・。
それとも、当時の海外スターは、あまりこまかいことは気にせず、ふだんしている結婚指輪のまま
映画に出てたんでしょうか?(ちなみに『大脱走』のマックインも指輪してました。
あのヒルツが、結婚はおろか婚約するヒマさえあったとは、とても思えない・・☆)
また遊びにまいります。よろしくお願いします。
[2004年9月17日 6時42分11秒]

お名前: 杉本   
2004年7月、パラマウントジャパンへDVD化予定があるか照会しましたが、現在はないとのことで
した。是非、シネスコに拘ってのDVD発売をとお願いしました。要望が多いとも伝えました。
1970年代はじめ、「ローマの休日」との2本立てリバイバルロードショーで、はじめて観ましたが
随分感動しました。
その後も何度も観ています。
皆さん好きなんですね。
ノスタル爺、底なし知識には驚くばかりです。
[2004年7月22日 0時27分56秒]

お名前: 放浪者   
 シェ−ンのDVDですか、まだ時間が掛かりそうですね。

 この作品の監督にして、製作に係ったジョージ・スティーブンスは既に故人となっていますが、
息子のジョージ Jr.が結構、商売上手な上に父親の作品を大切にしています。アメリカ映画
協会の重鎮もあるJr.は、最近、「ジャイアンツ」のDVD特別版をリリースしたばかりです
から、しばらくはヒット確実な作品は手元において置くような気がします。

 まずいことに、他の作品でも同じですが、主な出演者や関係者が亡くなっているので、なかな
かいいインタビューが撮れないのも、理由のひとつらしいです。ジャック・パランスはまだ健在
ですが、あの映画では脇役の一人に過ぎませんでした。(アカデミー賞の助演男優部門にノミネ
ートされましたが、ジョーイ役のブランドン・デ・ワイルドと同様に受賞を逃しました。)それに
結構、映画としては語りつくされている感じもある作品なので、「リバイバル(再生・復活)」
させるには、まだ少し時間が欲しいのでは?なんて思っています。

 「日の当たる場所」とか「偉大な生涯の物語」の方が先になりそうです。これらの作品の特別
編用の製作にも手間取っているという話です。
[2004年6月8日 21時12分31秒]

お名前: GOGH   
>byrdsさん
初めまして。超亀RESですみません。ワゴンマスターのGOGHです。
昔LDでは出てたんですけどね。ホントDVDはいつ出るんでしょ?
ここのところ結構西部劇も出てますからそろそろ出そうな気もしますが...

ところでそのHNですが、私も大昔からのファンでして今でも「ロデオの恋人」
が愛聴盤?です。(^_^ゞ
[2004年6月1日 22時53分9秒]

お名前: byrds   
シェーンのDVDっていつでるんですか?何でこんな良い作品なのにDVD出ないんだろう。。。
[2004年4月6日 17時3分51秒]

お名前: 神白万   
>彩雅さま
 お祖父さまのことはお気の毒でした。実は私もつい最近、父を亡くしたばかり。
やはり父も『シェーン』が好きで、何度も飽きずに観ていたので、他人事とは
思われません。或いはメールでどなたかがお教えしているかもしれませんが、
「遥かなる山の呼び声」の収録されたCDについて書かせていただきます。
 この曲を見つけるのは、実はそう難しいことではありません。ちょっと大き
めのCD屋さんの、映画音楽というコーナーへ行けば、大抵一枚くらいは、
「西部劇テーマ曲集」みたいなCDがあります。あるいは、「世界名作映画
テーマ曲集」でもいいかもしれません。そういったものには、かなりの頻度で
入っています。事実、私は自分が持っていない曲をゲットする為に似たような
CDを何枚も買ってきましたが、「遥かなる山の呼び声」は四つくらいダブっ
ています(笑)。原曲でないバージョンも偶にありますが、安売りでないCD
では、まず映画で使われたのと同じのが入ってます。

 さて、書き込み数の多さからして、人気の高さが伺える『シェーン』ですが、
私は原作小説が好きで、そちらと比べるとちょっと映画が物足りなく思えてし
まうというのが本当のところです。私が映画版を軽んじるので、亡父ともよく
口論になったものですが(笑)、「シェーン、カムバーク!」で終わらず、少
年の父(映画でヴァン・ヘフリンが扮した役)が、やる気をなくして土地を捨
てようとしかけるのを、母(同、ジーン・アーサー)が叱咤激励するエピロー
グが、これが開拓者のドラマであることを明示していて、しかも感動的でした。
[2004年3月14日 7時39分32秒]

お名前: 彩雅   
はじめまして!!
お祖父ちゃんが先日亡くなり、お祖父ちゃんの好きな映画の「シェーン」の「遥かなる山の呼び声」と
いう曲を探しているのですがお店にないんです(TOT)
どうやったら手に入るのでしょうか??
教えて下さいm(_ _)m
[2004年3月3日 20時5分33秒]

お名前: marineflat   
>ノスタル爺さん、今晩は。
ジョーイの母親の歌、それがシェーンがこの農場に住み着く伏線になっていたことには全くきづきませんでした。
てっきりガンマンとしての放浪生活に決着をつけるためだと思っていました。
三本の平行線なは薄々感づいていました。と云ってもコロンブスの卵ですが。
物語が少年の目で語られているとは思っていましたが、農夫がウィルソンに射殺されるシーンの銃声の大きさ、
農夫の倒れ方までジョーイの心の目で見た演出だとも思いつきませんでした。
映画の本筋からはずれますが、位置関係、即ちジョーイの農場、墓場、決闘の場所となった酒場、ワイオミングの
山々が未だによく分かりません。明日はそこを中心に観たいと思います。
観れるかどうか分りませんが。
[2004年2月18日 23時2分51秒]

お名前: 放浪者   
 ノスタル爺さん、こんにちわ。

  英語の教師が西部劇ファンだったかどうかは記憶にありませんけど、この
 宿題のおかげで「シェーン」を20年くらい見る気にもならなくなったんで
 すよ。

  シェーンの過去はついに明らかにならず、また、その最後もはっきりしな
 かったように記憶しています。ただ、物語を語る成人したジョーイでしたっ
 け?が風の便りにシェーンが死んだと聞いたとあったようです。映画で描か
 れたように町外れの墓場で「死んだ」わけではないみたいですね。

  ジョージ・スティーブンスは「シェーン」に死のイメージをかぶせている
 印象はたしかに感じますね。冒頭で、どこからともなく山中から現れて、墓
 場を通って、平原に出て人里へ着き、最後にふたたび山を目指し、墓場の中
 を通るところで終わる。そんな演出をどうして考えたのか、なんとなく知り
 たいですね。スティーブンス自身の境遇がそれなりの影響を与えていること
 は想像できますけど、当時を語る資料がないのであてずっぽうの見当をつけ
 る程度ですが。
[2004年2月8日 2時59分31秒]

お名前: ノスタル爺   
>放浪者さん
 英語解釈の副読本が「シェーン」だったとは、英語教師が西部劇ファン
だったんですかね。(^^)

 ワイオミングにおける大牧場主と農民の対立は、色々な西部小説の背景となっています。
 大牧場主の側から描いた「ヴァージニアン」は、新聞記者出身のオーウェン・ウィスターの
大ベストセラー西部小説で、
 これに対抗して、同じ新聞記者出身のジャック・シェファーは農民の側から「シェーン」を
書いたと云われています。
[2004年2月5日 7時36分7秒]

お名前: 放浪者   
 ノスタル爺さん、こんにちわ。 

 「ネバダ・スミス」でしたか。「大いなる野望」の方はロードショー劇場
 でみた記憶がありますが、こちらの方は名画座あたりで2本立てか3本立
 てで見たようです。マックイーン特集だったかな?「荒野の7人」などと
 抱き合わせでしたが、フィルムの方は使い込まれて「雨」は降っているは、
 音は跳んでるはで、小便の臭いの漂った場末の劇場の思い出があります。

  不思議とマックイーンよりもブライアン・キースの方が記憶に残ってい
 る作品でした。

  「シェーン」のコラムですから、こちらについても書きます。余りにも
 映画が叙情的なので、開拓農民と牧畜業者との対決という図式の背後にあ
 る歴史的な事件が薄れていますね。別に歴史の再現ものでも糾弾ものでも
 ないのですが、「天国の門」で改めて描かれた「ジョンソン郡戦争」と呼
 ばれた血なまぐさい事件があったんですね。原作の方ではこの事件につい
 て少しだけ触れていたように記憶します。高校生の時、英文解釈の副読本
 に「シェーン」の要約本を与えられて、ヒーヒー云いながら夏休みに60
 ページほどの本をノートに「翻訳」した思い出があります。
[2004年2月3日 21時28分3秒]

お名前: ノスタル爺   
>JUNEさん
 画面の外で射ったのが、ジェームズ・ディーンというのは、
 大林宣彦が『ぼくのアメリカン・ムービー』(奇想天外社)という本の中で、
 トビー門口から聞いた話として載っています。
 トビー門口は、銃の殺陣師として有名な人です。
 私は、この話は、かなりマユツバだと思っています。
 ヴェナブル・ハーンダン(高瀬鎮夫:訳)の『ジェームズ・ディーン』(ハヤカワ文庫)によると、 
 ジェームズ・ディーンがジョージ・スティーヴンスと会ったのは、『エデンの東』の撮影中だった、
とあります。
 私としては、こちらを信じていま〜す。

>放浪者さん
 アラン・ラッドが『大いなる野望』で演じた、ネバダ・スミスがそのまま題名になっています。
 原作であるハロルド・ロビンスの小説『大いなる野望』の「ネバダ・スミス」の章を、映画化して
いました。
[2004年1月22日 17時58分14秒]

お名前: 放浪者   
  ラッドとシェーン 

 ノスタル爺さんの初期の書き込み(1999年11月1日付け)にこんな書き込みが有ります

>スティーヴンス監督は『ジャイアンツ』において、ジェームズ・ディーンが演った役に
ラッドを考えていたのですが、ラッドは断ったそうです。そして、ラッドは、この役を
引き受けなかったことを、死ぬまで悔やんでいたそうです。

 これは無理からぬ話かも知れませんね。エドナ・ファーバー女史の原作で描かれた
 いたディーンが演じたジェッド・リンクは190センチ前後の赤ら顔の大男だそうで
 すから、実身長165センチ程度のラッドが難色を示したのは当然でしょうね。180 
 センチあったというディーンですら線が細いので、当初はミス・キャストと云われた
 そうです。

 ラッドは晩年、ハワード・ヒューズをモデルにした映画「大いなる野望」で、主人
 公の父親に育てられたカウボウーイを演じて評判をとり、演技的にも開眼したとされ
 ました。そのため、ラッドを主演に作品が準備されたのですが、製作直前に病気のた
 め急逝しました。あとをスティーブ・マクインが代役を演じたのですが、作品名を忘
 れてしまいました。ブライアン・キースが共演していたと思います。

 
[2004年1月17日 21時29分44秒]

お名前: JUNE   
はじめまして。
皆様の書き込みを拝見していて気になったことがあるのでお伺いします。
ジョーイに早撃ちしてみせる有名なシーンで、
実際にライフルを撃っていたのがジェームズ・ディーンというのは本当でしょうか?
SHANEさん、tyさん、またはご存知の方、
何の本に載っているのかを教えていただければ幸いです。
[2003年12月18日 20時48分43秒]

お名前: 捨石喜市   
 この映画はジャック・パランスなしでは成り立ちません。黒ずくめのウィルソンが馬にゆられてゆった
りゆったりと登場してから物語のテンションが一気に高まります。で、ジャック・パランスが馬に乗って
いるのは、この場面だけなのです。それには理由があります。実は、彼は馬にのったことがなかったので
すね。
 監督は、殺し屋ウィルソンが馬を疾駆させて町に入るようにパランスに言ったのですが、出来ませんで
した。それで少しゆっくり「早足」でと言ったところ、それも無理。
 匙を投げた監督、「それなら、ただ馬に乗ってテクテク歩いてくるだけでええわい」とやけくそでいい
ました。監督としては悪役ウィルソンが馬で暴れ回る場面をいろいろ考えていたんですが、それらはすべ
て割愛せざるを得なかったそうです。ほんとですよ。
[2003年7月8日 2時48分18秒]

お名前: 館林公三   
押してください。 最初の方のシーンでシェ−ンが河を渡ってくるところで、遥か後方を白いバスが
(向かって左から右へ)走っているところが映っているのは有名な話ですが(1ショット・2カット)、
最近図書館で借りたものは消されていました。最近のBS放送フィルムではバスは走っておりました。
DVDでは如何ですか?
[2003年6月22日 9時12分28秒]

お名前: Sleeper    URL
 小学生の時、淀川さんの解説を母と二人で観て以来のファンです。今もDVDを購入して見直しているわけですが、
その緻密なストーリ構成、演技力には脱帽するのみです。
 ちなみに小説を読んだ方がおられるようですが、原作の題名、ご存知の方がいらしたらお教えください。
[2003年6月20日 22時1分44秒]

お名前: 武蔵_3   
ノスタル爺様
御報告です!
毎度 毎度、ポスターの事ばかり書かせて頂いて
申し訳ありませんが、以前(今年の3月22日)に教えて頂いた
「シェーン」1953年製作の日本上映初版ポスター(実際日本上映は翌年の1954年)
を遂に購入出来ました!
非常な金額には なりましたが、物が物ですので仕方ありません。
しかし本当に嬉しく思います。
ここまで無理をして購入したポスターは「ローマの休日」と「シェーン」だけです。
出来れば此方の表のポスターとして‘ご提供’したいぐらい?です(笑)
此間も映画をビデオで借りて見た所でした。
また!このポスターを見ながら映画を見たいと思います。
お邪魔致しました。有り難う御座います。

                               武蔵_3
[2003年6月16日 20時36分7秒]

お名前: ミネソタ・ファッツ   
今日はじめてこのページを見つけました。
僕は現在41ですが、中学の頃にTV版「シェーン」を再放送で観ていました。
デヴィッド・キャラダインのシリーズです。
その中に、シェーンには同じガンベルトをした兄弟子がいた、という
エピソードがありました。
兄弟子を演じていたのは、J・D・キャノン―黒髪で奥目のクールな
脇役俳優です。「暴力脱獄」、「スコルピオ」「レイズ・ザ・タイタニック」
などでみかけます。また、カラー版「逃亡者」のキーパーソンを、それに
「警部マクロード」ではマクロードの上司をユーモラスに演じていましたよね。
これが忘れられないいい話で、今でも時々人に話します。
カーク・ダグラスの「ガンファイター」のラストに似ている、と言ったら、
映画好きの方なら分かるでしょうか。
[2003年5月24日 22時26分55秒]

お名前: 武蔵_3   
ノスタル爺様
 御連絡・ご回答、有り難う御座います。
私のポスターは、映倫No.45146ですので 残念ながら其方のポスターと同じ物では
無い様です。
仰るとうりでしたら、私のは1970年物の様ですね?!
今の今迄、1962年物だと思ってました。(ショック!)
でも、これから徐々に収集していきたいと思います。
やはり好きな映画のポスターは 是非持って見たいです・・・
あまり ご興味が無いのに、尽き合わせてしまい申し訳御座いませんでした。
有り難う御座います。
[2003年5月3日 17時51分25秒]

お名前: ノスタル爺   
>武蔵_3さん
『シェーン』は、1953年に初公開され、
その後、62年、70年、73年、75年にリバイバル上映されています。
私が初めて『シェーン』を観たのは、62年のリバイバル時で、あのポスターが
学校の掲示板に貼られていました。
私が通っていた中学校は、学校が許可した映画以外は鑑賞を禁止していましてね。
名作西部劇は、たいてい許可されていたけど、何故か『荒野の七人』が禁止。
無視して観に行きましたけどね。
ところで、62年と同じデザインのポスターは70年にも使われています。
私は、ポスター収集していませんが、パンフレットは収集しており、
70年のパンフレットの表紙は、あのポスターと同一デザインです。
おそらく73年も同じものじゃないかなァ。

>オーサカ老レンジャーさん
 ラストのシェーン死亡説は、私はどうでもいいことだと思っています。
 作品全体に与える影響はありませんからね。
 私がレビューで死亡説についてカキコしたのは、
 BBSで死亡説が話題になり、一つの結論付けとして提示したまでです。
 それよりも、「遥かなる山の呼び声」を歌っている歌手がわかったことが、嬉しいで〜す。
[2003年5月1日 21時34分39秒]

お名前: オーサカ老レンジャー   
 ノスタル爺氏の見事な映像分析に感心致しました。
 私も一寸長い一言を云わせて戴きます。
 「シェーン」はよく一宿一飯の義理から決闘に赴いたと股旅ものに喩えられますが、
全く検討違いと思います。旅のやくざは地元の貸元にワラジをぬいで一宿一飯の恩義
受ける事ができるが、求められれば必ずこの恩義に報いなければならない(義理を果
たす)のが股旅ものと理解しています。この時、道理や人情より義理が重たい男の世
界という美学が生れ、邦画でよく取上げられます(私は全く嫌いです)。「シェーン」
はこんな世界ではない筈です。
 シェーンは好意を持ったマリアンをなくしたくない、ジョーイの家庭を壊したくな
い、この一家を守りたい、自分に出来る事は何か、と銃をとったのです。恩返しでは
ないのです。又、そのまま残ってもこの家庭を壊します。この点からも去らざるを得
なかったと理解しています。
 ラストの生死についてですが、私は寡聞にして最近まで知らなかった。東京での話
ではないかと西部劇は白黒、スタンダードと主張するオールドタイマーに確認すると
公開当時から大阪でもあったとの事。西部劇マニアと任じていながら、1957年に初め
て見てから2001年の「大いなる西部劇」(逢坂剛、川本三郎)まで知りませんでした。
 瀕死の状態で去って行く方が作品価値が上がるのでしょうか。私はそうは思わない。
又、生死に関る程の被弾ならショットガン故もっと撃たれる際の姿は明確だろう。
 ラストのライディングは左手手綱のスタンダード姿勢(冒頭登場シーン)でなく右
手で操っていますから左腕か左肩を怪我したのは確かのようです。するとあの近さで
一部のみに当るような当り方があるのかと言う疑問が出てきますが、何れをリアルに
解釈するかではないでしょうか。
 何はともあれ、アクションに至るドラマや人間像が描かれていないと、いくら素晴
らしいCG等のアクションシーンでも万人の心に残らない。「シェーン」の鮮やかさ
はこの恰好の例と思う。
 P.S.「遥かなる山の呼び声」:ドロレス・グレイ、DECCA、テイチク、45rpm.
を幸いにもずっと持っています。
[2003年4月30日 21時11分36秒]

お名前: 武蔵_3   
ノスタル爺様  今日は、武蔵_3です。
早速ですが、ひとつ教えて頂けませんか?
この「シェーン」のBBSの最初にあるポスターは
1962年のRのポスターですね?
この絵柄と良く似た?ポスター(1962年以外)は、他にシェーンでありますか?
出来れば参考までに お教え下さい。
お願いします。
[2003年4月29日 17時51分18秒]

お名前: w/w   
いやー 今 衛星放送で見ました 最後まで物静かであったシェーンがウィルソンに“北部のウス汚ねー
ホラ吹きヤロー”(日本訳もいいね 原語は下のどなたかを参照)などと言うところは迫力あったね 
最後の決闘に向かうワイオミングの切り立った山を背景にしたシェーンの姿にはゾクゾクしちゃいます
前後しますが ジョーイに早撃ちを教えるシーンの迫力はクーパーたりともかないませんね 最初に見たときの
轟音が今も耳に残っています このシーンがモンティでなくて我らは幸せですね 
他の映画はトイレに行くタイミングが必ずありましたが、これは1分たりとも見逃せない感じでした
今までの西部男にはないダンディーさを持ったアランラッドは新鮮そのものでしたね とにもかくにもこんな
ヒーローはただ一人だけです 
DVDを買って永久保存します
[2003年4月25日 23時22分30秒]

お名前: 館林公三   
SHNEを見たのは中学二年生の頃でした。西部劇と言うより人生訓を授かったような気がしたものでした。
当然ジャックシェ−ファーの原作も読んでいました。登場人物の名前が少し違っていたのと、服装が原作
ではシェインは黒尽くめだったことぐらいです。ShaneやJoeの名セリフも聞かせどころですが、バーテン
ダーがライカーたちに「これは良心の問題だ。」と言う箇所にジーンときました。決闘の場のセリフも忘
れられません。

Shane[I've heard about you.]  Wilson[What have you heard, Shane?]
Shane[I've heard that you are a lowdown yankee liar.] このセリフの時Laddの声のトーンが低くなるのです。Shaneについてはいろいろと後日談を想像する話が ありますね。Shaneは撃たれたので山を越えてから死んでしまうのだとかいろいろ言われましたが、原作では 他の町でShaneに似た人を見た人がいる・・とかで終わってますよね。又謎は、SHANEと言う名は、Family Name か Given Name かにもあります。
[2003年4月24日 19時55分31秒]

お名前: 武蔵_3   
ノスタル爺様
 御連絡 有り難う御座いました。
御連絡頂いたポスターの内容・絵柄は おそらく日本上映版のオリジナルポスターですね?
教えて頂いて思い出したのですが たしかに その絵柄は 以前に見た事があります。
ある大阪の お店で「シェーン」¥150,000で売却済みだったポスターです。
たしか そのポスターはピン穴が4ヶ所 空いていたと思います。
あれが「シェーン」の初版ポスター(日本上映版)だったのですね。
もう少しハッキリと見ておけば良かったです・・・残念!
いつかは 日本上映版かUS版のオリジナルポスターを手許に置き観賞したいものです。
 此方に御参加の方の中にもポスターの収集されている方もいらっしゃると思いますが 
なかなか良いもんですよ!!
 それでは、また御連絡します・・・・・・
                            武蔵_3
[2003年3月31日 0時10分19秒]

お名前: ノスタル爺   
1953年の『シェーン』のポスターは、
馬に乗ったシェーンを中央に、左にジョーイ、右にマリアンとジョーの夫婦の横向きの画像です。
ポスターの最上部に、“西部史を飾る最高の金字塔!”の惹句があります。
[2003年3月29日 20時44分56秒]

お名前: 武蔵_3   
 数ヶ月前に 此方に掲載されている「シェーン」のポスターと同じ物を購入しました。
このポスターは 一回目のリバイバル時のポスターの様ですが この「シェーン」のポスターそのものが 
あまり市場にも出て来ない印象が あります。
「シェーン」の文字のバックが綺麗なブルーで非常に上品な印象が致します。
本当は初版(オリジナル)が欲しいのですが 初版もリバイバル同様 なかなか市場には出てきません。
1953年当時の物ですから無理もないですね?!
どなたか その絵柄をもし御存知なら教えて下さい。お願いします。
 昨年暮れに「ローマの休日」USオリジナル版 1953年当時の物を非常な破格の値段で購入しました。
それと並ぶ 魅力のある「シェーン」の初版(オリジナル)も いつかは手に入れたいと思っております。
「シェーン」の映画は今までに10回近く見ましたが また見てみようかなァと思っております。

 
[2003年3月21日 19時3分10秒]

お名前: シェーンっていいな   
マールティンさん
シェーンの原作はジョーイ少年のシェーンに対する回想録でした。
その本の最後は、ジョー少年が後にシェーンおじさんの悪いうわさ(死んだとか書いてあったかは
覚えていません)をききますが、シェーンおじさんを知っている私にはそんなことはどうでも良いこと、
ほんとのシェーンを知っているのは私だけ、今でも彼のしてくれたことは私の心に生きていると言うような
感じでしめくくられていたと・・・うるおぼえですが。
 そういえば、クリスはスターレット家族やシェーンの生き様に改心させられたのでしょうね。後にスター
レット家で働いたそうです。
[2002年11月7日 0時10分25秒]

お名前: マールティン   
みなさん、こんにちわ。SHANEの最後のシーンでシェ−ンが死んでしまう、ということを書かれている人がいましたが、
それについて書かれている書籍なんかがあったら教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします! m(_ _)m
[2002年10月12日 14時43分27秒]

お名前: カウチポテト   
「天地創造」のノア役はジョージ・スティーブンスでなく、
ジョン・ヒューストン(監督も)ですよ。
[2002年7月15日 12時58分48秒]

お名前: shin   
らぁらぁめさん。古き良いものは、いつの世代にも通じるということを知り、叔父さん
世代からエールを送ります。「シェーン」の監督ジョージスティーブンス は、古き良き
アメリカのために1年をかけて撮影したと聞いています。
 昭和30年代、戦後の混乱を抜け出し「オリンピック開催」「新幹線」がはじめて日本
人に自信と勇気を取り戻した頃、叔父さんもやる気に燃えていた1中学生としてこの映画
に出会いました。安保反対の反米感情が高まる中、いや違う、アメリカ人も日本人と同じ
清潔さ温かさを持っている(日本の任侠かな)と、自習したのもこの映画を通じてです。
 後年、中年になって米国西海岸の大学に短期留学する機会があり、ロケ地のグランド
ティートン公園を訪れました。(昨年の書き込みが残っている掲示板っていいものですね。)
この映画の「しっとりした水気」は雪解け水のスネークリバーから醸し出されているんですよ。
 もう一つ、監督の姿は、「天地創造(黛敏郎音楽)」の中でノアの箱船のノア役で自ら出演
しています。暖かい人柄が滲み出ていますよ。
 ジョーイ少年は交通事故で20代で亡くなっています。今は誰もいませんが、フィルムに残さ
れた「古き良きもの」は語り継がれていくのですね。映画っていいな。そして日本も大丈夫さ。
[2002年7月9日 4時31分47秒]

お名前: らぁらぁめ   
始めまして。
アメリカで学生をしているものです。
短期大学を卒業するためにどうしても映画の歴史か
音楽史を取らなければならす、映画史を取る事になりました。

ところが、私、映画にはこれっぽっちのも興味が無く困り果てていました。
4本79年以前の映画を見るのですが、ウェスターンジャンルの
映画は何がいいか、聞いて回ったところ、SHANEがいいと言われたので
見たところです。

今日2回目見たんですが、うわぁ〜映画っていいですね!
最後のシーンはよっぽど有名なんでしょう、あれはすばらしい終わり方ですね〜
今までアメリカ人、日本人、韓国人にシェーンを見たよというと
みなさん、そろって最後のかむばーーーっくが・・・と語られます(笑)
西部劇には知識が全く無く、よかった!としかいえないのですが
いいですね(笑)映画って実は面白いのかも・・・・
[2002年6月17日 6時18分38秒]

お名前: mako   
「シェーン」は私にとって「癸院廚留撚茲任后
この映画を見た時の感激は生涯忘れることはないでしょう。

日本で上映される前、「映画の友」の編集長だった淀川さんが、
初めての渡米で、この「シェーン」を試写室で見た感想を帰国後、
「映画の友」の東京友の会の会場だった上野高校の階段式教室で
話をしてくれました。その時「シェーン」について初めて知ったのですが、
まさか、私にとってのベストワン映画となるとは思いもよりませんでした。
その後ずっとずっと私はこの映画のフイルムを手に入れたいと思っていました。
自分の宝物として、映写機がなくても、映写室がなくても、持っていたいと・・・

ビデオのお陰で家庭でも気楽に見られるようになった現在、念願を果たしたかと
いうと私はビデオもDVDも持っていません。上映当時から合計で6,7回?位しか
見ていませんが、心にすべての画面が焼き付いているので、必要なくなったのかも
しれません。それほどこの映画は私の心の宝物なのです。
[2002年6月7日 2時48分4秒]

お名前: mako   
「シェーン」は私にとって癸韻留撚茲任后
この映画を見た時の感激は生涯忘れることはないでしょう。
日本で上映される前、
[2002年6月7日 2時11分35秒]

お名前: mako   
「シェーン」は
[2002年6月7日 2時7分3秒]

お名前: ty   
思い出しました。シェリル・ラッドはアラン・ラッド・Jrの
嫁さんでしたね。
[2002年3月25日 19時46分42秒]

お名前: ty   
いやぁ、すごいですね、こんなページがあったとは。
私も子供の頃シエーンを観て、もうすっかりはまりました。

その後は関係書籍を色々探しましたが、世の中はSTAR WARSの
時代でなかなか見つからなかったのを覚えています。
また当時人気のあったチャーリーズエンジェルにアラン・ラッドの
娘のシェリル・ラッドが出ていて、何か変な気分になりました。
孫でしたっけ?息子は確か映画会社の社長をしてましたね。

やっと見つけた本で読んだんですが、
.薀好箸妊轡─璽鵑去って行き、最後には馬から落ちている。
▲献隋璽い坊銃を撃って見せる場面では、実際にはジェームス
 ディーンが撃っている?
ラッドは背が低くて、ジーン・アーサーと並ぶ時には台に乗って
 演技した。
ぅリジナルのポスターは「シェーン」ではなく「シエーン」であり
 「エ」を少し下にずらしてあったこと。

などなど、ホントかいな?も含めて何度も確かめようと観なおしたのを
覚えています。

なんかまた観たくなってきました。
[2002年3月25日 19時15分17秒]

お名前: marineflat   
LDで観ました。何年ぶりだろう。20年は経っています。
今回見たのは、いろいろチェックしたい点があったため。
シェーンがジョーイの牧場へ行くとき、ずっと後ろに白い
自動車が、確かに左から右に走っていました。
シェーンがウィルソンに撃たれたのは左の腕で、確かに
右方は下がっていますが、右手で馬の手綱をしっかり握り
撃たれた方の左手がブラブラしていますね。墓場を通り
過ぎたところで映画は終わったと思います。
逢坂剛、川本三郎さんの対談集によると、車が走る、死場を
求めるというような話は、ビデオが普及し、何度も繰り返し
見られるようになってから出てきた話のようです。
それにしても凄い映画ですね。今回初めて気がついた(或いは
忘れてしまったことかもしれませんが)こともあります。
ジョーイの母は、初めからシェーンが銃を捨てるために
来たことや、決闘に行くとき、二度と戻ってこないことを、
ジョーイの父は、妻のシェーンに対する気持ちを分かって
いたんですね。
それから犬の演技。ウィルソンが動くと犬も殺気を感じて
その場から立ち去るんですね。
残念だったのが音楽。レコードもCDもサントラ表示のあるものを
持っているんですが、ちょっとオーケストレーティングが違う
ようです。作曲者ビクター・ヤングの手によるものだと思い
ますが、サントラとは別テイクのようです。
[2002年1月18日 22時31分40秒]

お名前: 民谷壮太郎   
最後の『シェーン』と叫ぶ場面には感動して涙ボロボロ
[2001年10月25日 12時55分34秒]

お名前: SHANE   
しばらく見ていなかったのでいろいろ失礼しました。Shinさん、グランド・ティートンに行ったこと
がおありとのこと、羨ましいです。私も一度は必ず行きたいと思っています。
持分法さん、これからもよろしくお願いします。
Noirさん、アラン・ラッドのお孫さんが大学院の先生だったんですって!それはまた、すごいですね!
私も5年ほど前にハリウッドで、アラン・ラッドの孫娘(ポストプロダションで働いているそうです)
と会える機会があったのですが、どうしても時間の都合がつかずNGになったことがあり、残念で
なりませんでした。
Noirさん、もし差し支えなかったらぜひその方の話を聞かせていただけないでしょうか?
こちらに書き込んでいただくか、もしできれば(図々しいお願いですが)私の携帯にお電話いただけな
いでしょうか?090ー8844−9029です。ご迷惑でしたら、無視していただいて結構です。
こういうページに、telを書くのはルール違反なのかもしれません。申し訳ありません。
でも、せっかくの貴重な情報でしたのであえてお願いしたしだいです。皆々様にもご理解をいただき
たいと思います。
[2001年9月7日 16時16分38秒]

お名前: Noir   
こんなページがあるなんて!!アラン・ラッド、私は最近まで知りませんでした。ごめんなさい。
実は大学院で教えている先生がアラン・ラッドの孫にあたる人だった為、にわかに
興味がでてきてしまって。授業で西部劇をとりあげ、歴史やアメリカ文明などと比較しながら
見ていたのですが、アラン・ラッド、かっこよすぎ!
ちなみに彼はフィルムノアールと呼ばれるジャンルの「ブルー・ダリア」っていう映画にも
なかなか恐い役で出演しています。
[2001年8月5日 6時56分49秒]

お名前: 結城 優   
marineflatさんへ
シェーンが死にに行くという説は時々耳にします。
その証拠とされているのが、ラストシーンのバックは
墓場となっているからといううもので、確かに右肩も落ちており
その目で見るとそんな感じがしてきます。私も長年謎に思っていました。
裏の真実を知っている方はいないでしょうか?
[2001年7月26日 22時25分16秒]

お名前: 持分法   
SHANEさん始めまして。私は54歳のサラリーマンですので、ほぼ同じくらいの年代ではないでしょうか。
私は学校を休んで、リバイバル上映を見ました。最初のシーンの美しさに感動したものでした。

SHINさん始めまして。ロケ地のグランドティートン国立公園に一度行きたいと思っています。その節には、
旅程等の詳細を教えて下さい。なお、私はモウニュメントヴァレーに昨年妻と行き、感動の余り写真を
沢山撮ってしまいましたが、中でもnorth windowという景観は忘れられません。
[2001年7月1日 22時31分16秒]

お名前: Shin   
いやあ!こんなにすばらしい書込み群はないですね。しかも同世代が多いようで。
中学生の時、場末の映画館で朝から晩まで繰り返して見ました。駅馬車と2本立で。
  今日は、4年前の夏にロケ地「グランドティートン国立公園」を訪れた時の興奮を。
イエローストーン国立公園の南のこの地は米国では上高地みたいなところで1年前
から公園内のホテルは満員。ジャクソン空港(高原のローカル空港)を降りると、
あの「遥かなる山、ティートン山脈」がどーんと目の前に。その時点でもう涙が。
車を借りれば、今も残るロケ現場に行けます。国道89号を10分北上して分岐点
ムースの先を右にある小道の先。撮影で使ったというジョーイ少年の丸太小屋が
草原にぽつんとあります。(本当のセットそのものという話なのですが??)
「池のような雪解け水」は細い小川を塞き止めて作ったそうで。映画に登場する
スネークリバーもそのままにあります。一度行かれることをお薦めします。
[2001年5月25日 13時2分35秒]

お名前: ワード・ボンド   
グリーンベイさん、こんにちは!
以前、この作品のBBSでご推薦頂いた「ラストショー」を、先日、NHK−BS2で
やっと観ることができました。おしゃるとおり、ベン・ジョンソンの存在感が際立って
いました。まさに孤高のカウボーイですね。あの「サム・ザ・ライオン」というキャラ
クタは、古き良きアメリカの象徴なんでしょうか。
時代背景は朝鮮戦争の直前と思われますが、50年代初頭はアメリカの最も輝ける時代
と思っていましたが、テキサスの片田舎ではこんな退屈で鬱屈した人生があったんです
ね。劇中、「花嫁の父」と「赤い河」が上映されていましたが、「赤い河」は希望に満
ちた旅立ちのシーンが使われていて印象的でした。
[2001年4月7日 12時9分57秒]

お名前: marineflat   
皆さん、こんばんは。
『シェーン』一作品にスゴイレスですね。
雪村いずみだったんですね。「山が〜呼んでる〜」と歌っていたのは。ずっと気になっていました。
アラン・ラッドはハリウッド一の早撃ちだと思っていました。ラッド0.7秒はハリウッドレコードだと
何かの本に書いてありました。
ところでシェーンがジョーイのもとから去っていくのは何故なのか。
普通は 1、自分の役割が終わったから
    2、ガンマンの自分がいたのでは、ジョーイの教育上よくないから。
    3、ジョーイの母親に恋をしてしまったから。
と考えられますが(私一人かも知れませんが)、最近読んだ本には
ウィルソンに肩を撃たれたので、死場を求めて、と書いてありました。
その証拠に、ジョーイから離れて行くにつれ、だんだん右肩が落ちていっているのだそうです。
本当ですかね。

[2001年4月6日 21時56分54秒]

お名前: ワード・ボンド   
SHANEさん、こんにちは!
いや、実にインタレスティングで貴重なお話ありがとうございました!
楽屋裏の話は興味が尽きないですね。おっしゃるように「ジャイアンツ」のジェットは
ジェームス・ディーンの遺作ですし、老け役までこなしてそれなりに評価せざるを得な
いと思いますが、ラッドが演じたらもっと味のあるキャラクタになったでしょうね。
脇役ながらも「大いなる野望」でネバダ・スミスをやったのは、「ジャイアンツ」の反
省なんでしょうか。それにしても、結果的に、シェーンがラッドで、スターレットがヴ
ァン・ヘフリンというキャスティングは誰が見ても大正解でしょうね。やはり、シェー
ンはウィルソンを上回る殺しのプロという側面があるわけですから、ラッドのあの、
「雪舟」を使ったといわれる小柄ながら、ドスのきいた声で「Low-Down Yankee Lier!」
と挑発するところに凄みを感じるわけです。
[2001年3月22日 18時28分59秒]

お名前: SHANE   
ワード・ボンドさん、こんにちは。書き込みをしてから、今日までチェックしていなかったため、失
礼しました。これからもよろしくお願いします。
以前こちらの書き込みにあったように、ジョージ・スティーブンスは最初“シェーン”役にモンゴメ
リー・クリフトを考えていたようですね。また、ジョー・スターレット役にはウィリアム・ホールデ
ンをキャスティングしたそうです。ホールデンとしては、スターレットはあくまでも脇役であり、
いわば同期デビューのアラン・ラッドの下につくのは、いかに巨匠スティーブンスの作品とはいえど
しのびない、との理由で断ったそうです。
後年スティーブンス監督の「ジャイアンツ」で、ジェット・リンク役をオファーされたアラン・ラッド
は、モンティの立場(前作の出来が良かったために監督に指名される)とホールデンの立場(主役ス
ターなのに脇役を充てられる)の両方を味わったことになりますね。
ジェット・リンクはもちろんあのジェームス・ディーンが演じることになるのですが、実は
「シェーン」のあの有名なシーン、ジョーイ少年にせがまれて白い石を目にも止まらぬ早射ちで撃ち
とばすあのシーンで、画面の外からラッドのアクションにあわせてライフルを撃っていたのが、無名
時代のジェームス・ディーンだったそうです(この話は映画監督の大林宣彦氏から聞きました)。
ラッドとディーンの不思議な縁と言えます。
ちなみに、スティーブンス監督はラッドが(というより奥さんで、彼を売り出した敏腕マネージャー
でもある元女優スウ・キャロルが)断ったあとに、もういちど考え直せ、これはいい役なのだから、
と再オファーしたそうです(スティーブンスとしてはごく珍しいことに)が、夫はいまでも主役を
はれるハリウッドの大スターなのだ、ここで脇にまわったら今後にさしつかえる、と考えたスウは
頑としてこれを断った、と聞きます。
ノスタル爺さんが書いておられるように、ラッド夫妻は「ジャイアンツ」を見たその瞬間に自分達
の過ちに気づいたそうです。
いま「ジャイアンツ」をビデオで見ると、やっぱりアラン・ラッドにあの役をやらせたかったとつく
づく思います。そうなれば、彼の晩年ももっと違ったものになったろうに・・・
「シェーン」やアラン・ラッドについて話しはじめると止まらなくなる私です、お許し下さい。
また、書かせていただきます。
[2001年3月22日 17時39分30秒]

お名前: ワード・ボンド   
SHANEさん、初めまして!ワード・ボンドと申します。
”アラン・ラッド”フリークの方に出会えて嬉しいです!ラッドは、私にとって
幼い頃、偶然出会ったカッコイイお兄さんというイメージで、永遠の憧れの対象
です。ハリウッドスターは見るだけで圧倒されそうな人が多い中、ラッドは小柄
ということもあって、そんな感じがありません。また、白人にしては目がやや、
吊り目なのも日本人的で親しみを感じさせます。彼の作品は「シェーン」しか観
るべきものはないなどと言う人もいますが、私はそんなことはないと思います。
ジューン・アリスンと共演した「マッコーネル物語」や「大いなる野望」などの
素晴らしい作品があります。
「シェーン」はパラマウント映画の宝で、以前はパラマウントが経営状態が悪く
なると「シェーン」を出してくると言われていたものですが、そろそろまた、大
きなスクリーンで観たいですね!
[2001年3月8日 18時6分42秒]

お名前: SHANE   
このBBSを見付けることが出来て、ほんとうに嬉しいです。「シェーン」は、私にとってのベスト・
ムービー、そしてアラン・ラッドはフェイバリッド・アクターなのです。
はじめて「シェーン」を見たのは1962年、最初のリバイバル上映で私は高校2年生でした。満員
の渋谷宝塚での立ち見でした。この日からおおげさに言えば私の人生は変わったのです。この時点で
すでに「シェーン」の情報や、いわんやアラン・ラッドの情報は「スクリーン」、「映画の友」とい
った洋画雑誌にはまるで載っておらず、街の古本屋を足を棒にして探し回りました。映画も2番館、
3番館と追いかけて結局学生時代だけでのべ150回くらい見たことになります。社会人になっても
何回も劇場に通い、もちろんTVでの初オン・エアもチェックし・・・・・。初めてLAに行った時は、
真っ先にグローマン・チャイニーズ劇場の広場に行き、ラッドの手形、足形を探しました。夕暮れの
薄明かりの中に、モンローのそれの隣に発見した時の喜びといったら。彼のサイン入りブロマイドを
150ドルで買って案内してくれた人を驚かせたものです。
「シェーン」に入れ込んだおかげで、私はフィルムメーキングの仕事をしたいと思うようになり広告
代理店に入社、いらいずっとCF作りをしています。「シェーン」の素材(有りポジ)を使う企画は
何回も出していますが、まだ実現していません。いつかきっと、と思ってます。まだまだ書きたいこと
は山ほどあるのですが、このくらいにしておきます。長々と本当にすみませんでした。すっかりコーフ
ンしてしまいました。これからもよろしくお願いいたします。
[2001年3月6日 18時31分32秒]

お名前: Arizona   
ノスタル爺さん、「はるかなる山の呼び声」の日本歌詞の紹介ありがとうございました。
以前、雪村いづみが歌っているところはNHKの映画音楽特集で聞いたような気はしますが、
あまり記憶に残ってないため、うまく歌えませんでした…。

>アメリカでは誰が歌ったんだろう。

70年代前半には、日本でも英語版の歌がシングル盤で発売されてました(MCAだっかたな…)。
歌っていた女性歌手の名前は…すみません…忘れました…。このレコード、中学生のときに買って
持っていたのですが、いつのまにか紛失してしまいました(大汗)。
このバージョンの歌詞の歌い始めの部分は  shadows fall on the prairieだったと思います。
[2000年12月29日 18時25分44秒]

お名前: ノスタル爺    URL
『シェーン』の主題歌、「はるかなる山の呼び声」は日本で作詞したものだとばかり思って
いたら訳詞なんですね。アメリカでは誰が歌ったんだろう。
雪村いづみが歌った歌詞は、

 青い たそがれ
 山が招くよ 呼んでいるよ
 広い草原に 陽は落ちて
 胸にせまる はてない悩み
 山が 呼んでる
 夢もあこがれも 山の彼方
 暗い草原に ただ一人
 馬を飛ばし 何処までゆくのか
 わたしゃ無宿の 渡り鳥だよ
 さすらいの はてはいづこ
 遠い山の あの呼び声に
 今日も 誘われてゆく

 There are trails I’ve never seen
 And my dreams are getting lean
 And beyond the sunset
 There are brand new thrills
 And a new dream or two
 May be just one star away
 I must obey the call of the far away hills

>終戦っ子さん
 『シェーン』のロケ地は、ワイオミング州西部に広がる標高2000メートルの高原
 にあるグランドティートン国立公園です。
  
[2000年12月24日 20時23分0秒]

お名前: 終戦っ子   
フォードは何を発明したか。テキサスのサバクみたいなところで映画をとったら、すごい迫力の
作品ができるだろう、ということに気付いた。そんな映画はアメリカ以外では撮れません。しかも
観光ではなく、それはアメリカの歴史の1ページなのです。フォードの前にはだれもそんな辺ぴな
ところで映画をとるなんてことは考えなかった。西部劇というとだれもが、フォード映画の1コマ
を思い浮かべますが、それは彼の発明なのです。

それでジョン・ウェインなどは1年中ほとんどロケ地で酒をのんだり、ポーカーをやっていた。
たいへんですよねー。一年中ピクニックをしているみたいだった。嫁さんはほったらかし。
仕事熱心だった。カツラを直してくれる助手だけ連れていた。

でまあ、フォードを越えようとすると、同じところでロケしたんじゃだめだ、ということに、
ちょっと賢い人なら気がつきまさあね。それではってんではるかにロッキー山脈の見える舞台を
選びました。シェーンが名作になる第一歩です。何州なんでしょうか?
[2000年12月20日 21時17分52秒]

お名前: ワード・ボンド   
グリーンベイさん、こんにちは!
たしかに、「赤い河」のマシューが流れ者になったら、シェーンみたいになったかも
しれませんね。アラン・ラッドとモンティに共通しているのは、小柄で神経質そうな
ところですか。早撃ちガンマンのイメージなんでしょうか。「シェーン」の5・6年
後に作られた「去年の夏突然に」で見たモンティは、無表情で精気が無かったのが妙
に印象に残っています。
それにしても「シェーン」についての書き込みの多さはさすがですね!
[2000年12月20日 17時12分20秒]

お名前: グリーンベイ   
ショージ・ステーブンスン監督は、当初、「陽の当たる場所」で使ったモンゴメリー・クリフトをシェーン
役に起用しようとしたが、M・クリフトは、フレッド・ジネマンの「地上より永久に」を選んだために、
アラン・ラッドになったと言うエピソードがあります。A・ラッド以外どの西部劇スターでも、想像で
出来ませんが、ただ一人いるとすれば、M・クリフトかなとも思います。如何なるシェーンになりました
ことでしょう。想像してみても楽しいですネ・・・・。
[2000年12月19日 14時54分2秒]

お名前: 終戦っ子   
シェーンは傑作です。まったく。ウイルソンが人を殺すところは、殺される農夫の方は足元が
ぬかるんだ道に立っていて、ウイルソンの方は戸口の一段高いところにリラックスして立っている。
相手はプロの殺し屋で、農夫の方は喧嘩なれしていないので、勝負ははじめからわかっています。
こいつはヤバいと観客が思うとやられてしまう。実際の決闘とはこんな汚いもんだろうなという気が
します。
最後の決闘もすごい。大体われわれは子供のころ、チャンバラや西部劇ごっこをして遊んだんだが、
どのようにして死ぬかというのが、いちばん面白いんですよね。大袈裟に空をつかんで、スローモー
ションで倒れていくとか。実際ゆっくり倒れることはできないので気持ちだけ。二ヤっと笑って横様に
倒れていったりして、とかいろいろ工夫したもんです。ウイルソンのやられ方は全く新鮮ですごい。
倒れた後、顔も見えない(と記憶しています)のが鮮やかです。
別の映画ですがダーティーハリーの最後のところで、ハリーが挑発すると、止めとけばいいのに、
犯人が拳銃を拾って ハリーを殺そうとして逆にやられてしまう。その拾う一瞬、犯人が殺意にかられて
笑うところがぞっとするような、うんざりするような感じでこれもよかった。しかし「シェーン」の
最後の対決のオリジナリティには勿論およびません。
[2000年12月18日 0時9分15秒]

お名前: COLKID   
こんにちは。はじめまして。COLKIDといいます。
私にとってもシェーンは、フォードの捜索者と並んでベストの一本です。劇場でもリバイバルの度に
足を運びましたし、今でも時々LDで観たりしています。(涙を堪えるのが大変ですが・・・)

私は1800年代当時から、現代までのガンベルトをコレクションしています。
かつてシェーンのガンベルトが欲しくて、アメリカの知人に頼んで数年掛りでレプリカを製作したことが
あります。
彼は子供の頃、原作者のジャック・シェーファーの娘さんがガールフフレンドで、
よくシェーファーの家に遊びに行ったそうです。
調査によると、映画で使われた実物はレッドウイングという殺陣師が製作したもので、ラッドの死後、
火事で他の財産とともに焼失してしまったようです。

ところで、古い映画ファンの方はご存知かもしれませんが、シェーンに関して言われている3つの
不思議について書きます。
1.冒頭の、シェーンが馬に乗ってワイオミングの山をバックに、こちらにやってくるシーンで、
  シェーンの後ろを自動車が横切る。
  これに関しては高速バスが通ったという説を日本の本で読みましたが、アメリカでは
  白いピックアップトラックだとされているようです。スティーブンス監督も承知の上で使ったとか。
2.ジョーイ少年に頼まれて、シェーンが早撃ちで石を撃つシーンで、引き金に指がかかっていない。
  ラッドが早撃ちが不得手だったため、抜いた瞬間にトリガーに指を掛ける事が出来ないため、
  あらかじめ紐でトリガーを縛り、引きっぱなしにしておいた。
  よく本でジョーイ少年がシェーンの隣で耳をふさいでいるスチルがありますが、シェーンの指に
  注目。
3.最後の決闘のシーンで、ウイルソンを撃った後ライカーをすかさず撃つシーンで、銃がいつのまにか
  ダブルアクションのコルトに代わっている。
  これもラッドが早撃ちが下手なため(当時日本ではラッドが一番早いとされていた。)片手で撃てる
  銃に替えたらしいとのことです。

以上、シェーンの映画としての出来には何の関係もないことですが、もう一度見るときの参考になったら
と思い書きました。
[2000年9月10日 12時28分24秒]

お名前: 水飛鳥   
初めて伺います。
皆さんの熱い熱いこの作品への思い入れ興奮しながら読みました。
皆さんが言い尽くされてるんで、何も書く事は無いんですが、
私がこの作品を観て思ったこと、感じた事というのは共通であるということです。
あの場面、この場面に一つ一つが鮮烈に蘇ってきます。
ビデオ、LDの両方を買い、機会があるごとに観ています。
原作のあとがきに、作者が『かって、アメリカがどんなタイプの人間を
持っていたかを書きたかった。』と言っています。
アメリカと言うよりも、人間の原点を描いた作品だと思います。

誰がなんと言おうと私はシェ−ンが大好きだ!!!!!

では。
[2000年6月23日 0時54分56秒]

お名前: 水飛鳥   
初めて伺います。
皆さんの熱い熱いこの作品への思い入れ興奮しながら読みました。
皆さんが言い尽くされてるんで、何も書く事は無いんですが、
私がこの作品を観て思ったこと、感じた事というのは共通であるということです。
あの場面、この場面に一つ一つが鮮烈に蘇ってきます。
ビデオ、LDの両方を買い、機会があるごとに観ています。
原作のあとがきに、作者が『かって、アメリカがどんなタイプの人間を
持っていたかを書きたかった。』と言っています。
アメリカと言うよりも、人間の原点を描いた作品だと思います。

誰がなんと言おうと私はシェ−ンが大好きだ!!!!!

では。
[2000年6月23日 0時54分47秒]

お名前: 水飛鳥   
初めて伺います。
皆さんの熱い熱いこの作品への思い入れ興奮しながら読みました。
皆さんが言い尽くされてるんで、何も書く事は無いんですが、
私がこの作品を観て思ったこと、感じた事というのは共通であるということです。
あの場面、この場面に一つ一つが鮮烈に蘇ってきます。
ビデオ、LDの両方を買い、機会があるごとに観ています。
原作のあとがきに、作者が『かって、アメリカがどんなタイプの人間を
持っていたかを書きたかった。』と言っています。
アメリカと言うよりも、人間の原点を描いた作品だと思います。

誰がなんと言おうと私はシェ−ンが大好きだ!!!!!

では。
[2000年6月23日 0時53分5秒]

お名前: たどん   
‘交渉人’で、ケビン・スペイシーがシェーンのラストシーンを語るくだりを見て、20年前の疑問を
思い出しました。
大事な事は、もう一度見ること。そしてさっきヤット理解できました。
ja_ajさんに教えていただいて、覗かせていただきましたが、皆さんの熱い思いを読ませていただかなければ、
きっと20年前と同じ思いをしてたろうとおもいます。
一つ一つのディティールのこだわりが、あのラストに終結していたように思います。
[2000年4月11日 22時28分17秒]

お名前: Pola    URL
(すみません。さっき間違って送ってしまいました。)

GOGHさん、レスありがとうございました。
早速見てみました。
やっぱり、彼はとってもかわいい!!
いくら探しても見つからなかったブランドン君の顔写真、
もう嬉しくてたまりません。
でも、ちょっと悲しかったのは、
彼は若くして亡くなってしまったのですね。
私、英語はからっきしダメですが、なんとなく解りました。
なんだか、とても胸が痛みました。
あんなに、澄んだ目をしたかわいい子供が、
その後そんな運命をたどったなんて・・・。
せっかく手に入ったブランドン君の顔写真なのに、
見るのがちょっと辛くなりました。
これからは、感動をくれたブランドン君への感謝の気持ちをこめて、
彼が出演した映画をすべて観てみようと思います。

こんなに映画を"観たい"と思ったのは初めてです。
こちらのサイトに偶然出会ったおかげです。
遅れましたが,こちらのサイトは作りが丁寧で、
内容も充実していて、とても見易くっていいと思います。
これからも、楽しませてくださいね。

P・S・・・ブランドン君情報も宜しくお願いします。
[2000年3月26日 23時5分42秒]

お名前: Pola    URL
(すみません。さっき間違って送ってしまいました。)

GOGHさん、レスありがとうございました。
早速見てみました。
やっぱり、彼はとってもかわいい!!
いくら探しても見つからなかったブランドン君の顔写真、
もう嬉しくてたまりません。
でも、ちょっと悲しかったのは、
彼は若くして亡くなってしまったのですね。
私、英語はからっきしダメですが、なんとなく解りました。
なんだか、とても胸が痛みました。
あんなに、澄んだ目をしたかわいい子供が、
その後そんな運命をたどったなんて・・・。
せっかく手に入ったブランドン君の顔写真なのに、
見るのがちょっと辛くなりました。
これからは、感動をくれたブランドン君への感謝の気持ちをこめて、
彼が出演した映画をすべて観てみようと思います。

こんなに映画を"観たい"と思ったのは初めてです。
こちらのサイトに偶然出会ったおかげです。
遅れましたが,こちらのサイトは作りが丁寧で、
内容も充実していて、とても見易くっていいと思います。
これからも、楽しませてくださいね。

P・S・・・ブランドン君情報も宜しくお願いします。
[2000年3月26日 23時3分32秒]

お名前: Pola    URL
GOGHさん
[2000年3月26日 22時36分49秒]

お名前: GOGH    URL
> Polaさん、はじめまして。(^^ゞ

ようこそ"WIDE WEST WEB"へ! Web MasterのGOGHです。よろしくお願いします。

さてブランドンのHPですが、IMDbで検索しましたら次のサイトのGalleryに写真がありました。
小さいですが覗いてみて下さい。

http://www.staroasis.com/DeWilde/index.html
[2000年3月26日 19時12分49秒]

お名前: Pola    URL
はじめまして。
先日TVで2度目の「シェーン」を観ました。
初めて観たのは、小学生だったかと思います。
その時も、子供ながらに強烈な感動を受け号泣した記憶があります。
今回は、冒頭でジョーイ君の顔が出るなり涙が込み上げてきました。
なんの計算もなく、素直に物事を見つめるジョーイ君に心打たれっぱなしです。
私はあまり映画を観ないので、映画の技術的なことなどはよくわかりませんが、
ノスタル爺さんのコメントのおかげで、次回「シェーン」を観るときは、
これまで以上に深く観ることができそうです。

ところで、こちらのサイトにお邪魔するまで、
ジョーイ君(ブランドン・デ・ウィルデ)の顔の画像が欲しくって、
延々探していたんですがなかなか見つかりませんでした。
あのかわいらしいしかめっ面を、壁紙にしようと思ったのですが・・・。
どなたか、ジョーイ君の画像があるサイトをご存知でしたら教えて頂けませんか?
[2000年3月26日 12時33分10秒]

お名前: GOGH    URL
> BOB H. NOMURAさん、はじめまして。(^^ゞ

ご挨拶が遅くなりました。当サイトの隊長(WebMaster)GOGHです。よろしくお願いします。
今回はいくつかMSGを書き込んでいただきましてありがとうございます。すみませんがこちらでRES
させていただきます。

ところで「シェーン」本日(3/23)テレビ東京で放映してまして見ましたが、私はまだ○回目です。(^_^;)
今回はアラン・ラッドを佐々木功が吹替えてましたが、父親役の吹替えの田中信夫と声質が似ているので
重なっちゃうとどっちが喋ってるんだか分りずらい個所がありました。

今度は西部劇全般について「一般BBS」の方にもよろしくお願いします。(^^ゞ
[2000年3月24日 1時47分47秒]

お名前: BOB H. NOMURA    URL
赤坂のカウボーイのBOBです、たまたま通りがかりでこの
西部劇コロム見付けました。大変、皆様同じ趣味の事と
私も喜んでおります。多分同年代と思われます。
年の事はさておき、この映画は約100回ほどビデオで
見ましたし現場にも行ってきました。
ワイオミングはよく生きますが、本当にBIG SKYです。
この映画は西部開拓史そのものです。
あの少年が2ー3年前コロラドで亡くなった(交通事故?)
記事を見ました。本当に良い映画です。近々テレビで
また放映されるようで楽しみです。
TKS BOB
[2000年3月21日 8時19分4秒]

お名前: ワードボンド   
グリーンベイさん、こんにちは!ご意見ありがとうございます。
また、ピーター・ボグダノビッチの「ラストショー」の件、ご教示
くださいましてありがとうございました。実は私はこれはまだ見て
いません。機会があったらぜひ見てみたいと思います。
ベン・ジョンソンはフォード一家の中でも、最も好きな役者の一人
で、「黄色いリボン」の谷越えのシーンなど、子供の頃、憧れたもの
です。「シェーン」はグリーンベイさんも書いておられるように、
ワンシーン、ワンシーンのディテールに物凄くこだわっているところ
に成功の鍵があると思っています。犬が殺気を感じるシーン、酒場で
ウィルソンが歩く時の拍車の音や、シェーンがウィルソンを「嘘つき
ヤンキー」とののしる時の声などを、ことさら大きく録音したり・・・
子供の頃、映画館で見たとき、拍車の音だけで身震いしたことを鮮明
に憶えています。
[2000年1月23日 17時7分52秒]

お名前: グリーンベイ   
 ワードボンドさんこんにちは・・・・・
 映画狂のグリーンベイと申します。
 J・フォード映画をまとめて西部劇とするご意見に賛成です。ベッン・ジョンスンについて
 触れられておりますので、一言、おっしゃる通りですが、この俳優は存在感のある俳優で
 悪人に馴れない個性があります。P・ボクダノビッチ監督の「ラストショー」にとても良い役で  
 でてますので、観てなければご覧下さい。・・・・・・お節介ご免なさい。
[2000年1月20日 14時7分28秒]

お名前: グリーンベイ   
 雷電さん こんにちは・・・・
「シェーン」ですが、私も西部劇映画では、この作品を最右翼に推しています。西部劇ではありますが
内容は、ラッドとアーサーの男と女の映画と受け止めています。ラッドがヘフリンを拳銃で殴って去って
いこうとした時、アーサーが気絶した夫を無視するように、みずから握手の手を差しのべ、ラッドを見る
眼差し、あの間、あの目は何を語りかけたのでしょう。いつしか高倉健と三田佳子の昭和残侠伝シリーズ
のあるシーンを思い出します。監督の演出も素晴らしい。決闘の前の犬の移動、パランスが樽もろとも倒
れるシーン、拳銃を回してホルスターに納めるシーンは憎いばかりです。
「シェーンは、定期的に何回も鑑賞している作品です。・・・・・・・
[2000年1月18日 11時27分9秒]

お名前: グリーンベイ   
 雷電様こんにちは・・・・
 「シェーン」は、私も西部劇映画では、最右翼に推す作品です。
 この作品は、西部劇ですが、ラッドとアーサーの男と女の映画と捉えています。
 ヘフリンを拳銃で殴って、出かけるときアーサーは、自ら握手を求めます。しばしの
 時間、間をおいたあのまなざし、ラッドに、あの目は何を語ったのでしょ・・・・・
 あのシーンは、昭和残侠伝シリーズの高倉健と三田佳子のワンシーンを思い浮かべました。
 いずれにしても、西部劇としても監督の演出は素晴らしい。決闘前の犬が移動するシーン、
 パランスガ木樽もろとも倒れるシーン、そして拳銃をクルクル回してホルスターに納めるシーン
 憎いばかりです。「シェーン」は、私も定期的に何回でも鑑賞してる映画の一つです
[2000年1月18日 8時59分4秒]

お名前: 雷電   
  はじめて書き込みます。
  「シェーン」は、父親と一緒に見た映画の中で、最も古いもののうちの1つです。
 どういう訳か、あの音楽を聴いていると、涙が出て来るんです。で、最後にシェーン
 が去っていくシーンでは、ぼろぼろになります。何度見ても、そうなんです。

  あれから、何作も西部劇を見ましたが、ここまで自分を揺さぶられてるものには、
 出会っていません。
[2000年1月15日 2時4分43秒]

お名前: ワードボンド   
 久し振りにビデオで『シェーン』を見ました。1962年の最初のリバイバル上映
の時初めて見てからもう何回見たことでしょう。私は根っからのジョンフォード
ファンですが、西部劇のベストワンを選べといわれたら、この『シェーン』を選
びます。ジョンフォード映画は、私にとって、一つの作品群であり、それぞれの
作品がお互いに補完し合い、相乗効果を発揮していると思うからです。
 『シェーン』の中にも、ジョンフォードを意識した場面が見られます。その一
つは、ジョンフォード一家である、ベン・ジョンソンの起用です。お得意の乗馬
シーンも無いのに何故、彼を起用したのか?今までもあれこれ推測しましたが、
今回次のような確信を持つに至りました。
 『シェーン』ではスターレットら開拓農民と対立する側に、牧場主や牧童がい
ます。しかしジョージ・スティーブンスは一方的に牧場主や牧童を悪と決め付け
る印象は避けたかった。その象徴的な存在として、粗野だけれども良心的なカウ
ボーイの役どころが必要だったのではないでしょうか。そしてそれを体現する役
者としてフォード映画を強くイメージさせ、なおかつ、余りくさい芝居をしない
(できない?)ベン・ジョンソンが必要だったのではないでしょうか。
[2000年1月6日 13時50分57秒]

お名前: ノスタル爺   
 シェーンは、1962年と1975年にリバイバル上映されていますが、馬に乗った
シェーンがジョーイ少年の頭に手をのせた、別れのシーンのポスターが微妙に違うんで
すよ。
 「BRVO!西部劇」に掲載されている1962年のポスターは、“シェーン”の文字
の背景になっている空がブルーですが、1975年のは空がオレンジになっています。
それに、ジョーイ少年のそばに犬がいるんですね。 
[1999年12月17日 21時53分5秒]

お名前: ノスタル爺   
 シェーンといえば、アラン・ラッド以外に考えられませんね。そのくらい、役のキャラ
クターと俳優のイメージがピッタリ一致していました。感情を露骨に表に出さないシャイ
な演技は、常に冷静で感情に左右されないシェーンそのものですよ。
 どういう経緯でラッドがシェーンの役についたかはわかりませんが、当初シェーンには
『陽のあたる場所』でスティーヴンス監督と組んだモンゴメリー・クリフトが予定されて
いたそうです。クリフトは『地上より永遠に』の出演が決まっていたので断ったとのこと
です。文芸作と西部劇だったら、やっぱり、文芸作を選ぶでしょうね。

 ラッドの感情を殺したクールなスタイルは、ある面では演技力がないことの裏返しでも
あるわけで、どんな役をやってもシェーンになっちゃうんですね。
 B級スターだったラッドは、『シェーン』でA級スターとなるんですが、演技力が要求
される映画には、会社も出演させなかったし、彼自身も出演を望まなかった節があります。
 スティーヴンス監督は『ジャイアンツ』において、ジェームズ・ディーンが演った役に
ラッドを考えていたのですが、ラッドは断ったそうです。そして、ラッドは、この役を
引き受けなかったことを、死ぬまで悔やんでいたそうです。
 ラッドは、『シェーン』で生まれ、同じに死んだのかもしれませんね。
[1999年11月1日 22時9分37秒]

※この作品についての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL

半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。  ※適当に改行をしてください。

作品名リストに戻る