過去のひとりごとはこちらです。

1 15

久しぶりに駅前を散策した。
名古屋駅周辺は徒歩圏内だけど用事がなければ出かけない。
1年ぶりぐらいだと思う。

駅構内の雑踏が好きだ。
そjこは人それぞれのドラマが交錯するようなところだから。

時々、エスカをぶらつく。
ぶらつくだけで買い物をする訳でもなく食堂に入る訳でもない。
エスカは新幹線口にある地下街で旅行者が多く、だから、名古屋のお土産を売る店が多くあり名古屋名物を食べさせてくれる食堂も多くある。
そういうところをぶらつくのが、なんとなく好きで、なんとなくそんなことをする。

駅構内のお土産さんで「赤福」を買った。
今年最初の「赤福」になる。
散策しながらしたことといえば、それだけだった。

1 12

「ナゴヤパレット」の入手が諦め切れず地下鉄駅構内を探したけれど、なかった。
諦めた。
我が工房の記事の掲載雑誌が手元にないというのも、ちょっと淋しい。

地下鉄駅からの帰りにコンビニに寄ったら「コメダ珈琲」が置いてあったので買って飲んだ。
NHKの帰り道に「コメダ」があって、よくそれを頼んだ時期があった。
懐かしい気分がした。

先日、シャッターを上げたらTが来た。
多分、1年ぶりに会ったことになるけど、突然会うと、気分は懐かしい。
お互いひとつ年を取ったんだなと思わなくてもいいことを思い、そういや新年会をしなくちゃと約束した。

1 9

昨日は今年最初のNHKでの講習だった。
教室に入ると8人の生徒がいた。
生徒はそれぞれが自由制作をしているので慌ただしいものになった。
アシスタントは不在だったので、よく動き、そのせいで腰が疲れたというか凝ったという状態になった。

先日、革屋さんに寄った。
仕事はじめの日で、新年の挨拶をした。
おかみさんは怪訝な顔をして、自転車じゃないんですか?と聞いた。
確かにいつもは自転車だけど、その日は徒歩だった。
革屋さんを出てからそのまま近くのショッピングモールまで歩いた。
そんな予定はしてなかったけど、何か欲しいものが見つかるかも知れないと考えたから。
けれどいくら店内をぶらぶら歩いても欲しいものは見つからず欲しいものがないという状態は継続した。
物欲がこれだけ薄くなってしまっているのは問題かも知れない。
などと考えていたら、食堂街に「寿がきや」があった。
20年以上は食べてなかったラーメンが食べれる。
こんないいチャンスはないと早速頼んだ。
ラーメンの価格は320円だった。
食欲は、まだ健在らしい。

1 7

年賀状を書きながら、NとMさんが近所に住んでいるらしいと気が付いて、Nにメールを書いた。
ふたりは東京に住んでいる。
Nから返信が届き、2軒隣はMさんの住んでる町ですよ。

何故今まで気が付かなかったんだろう。
Nは僕の愛弟子だ。
Mさんは16年ほどの知り合いの女性で、知り合って良かったと思う数少ない女性のひとりだ。
16年間で3度しか会ってないけど、そうでもとても身近に感じる女性だ。
そのNとMさんが徒歩圏内に住んでいると知ってしまうと、こういうことって、どういうことなんだろうと思う。


1 6

「ナゴヤパレット」という雑誌に僕の工房が掲載されて発行されたのは10日ほど前のことだ。
「ナゴヤパレット」とは名古屋市交通局発行の雑誌で地下鉄構内とか区役所とかに置いてあるフリーペーパーのこと。
だったら貰って来ようと地下鉄駅まで自転車で出かけた。
最寄りの駅は浅間町駅だ。
地下鉄駅の階段は結構長く、歩いていたら転びそうになった。
階段で転んだらまずい。
これは相当ショックな出来事で、それから歩くことを心がけている。
そんな話を散髪しながらOさんと話していたら、階段でこけたら骨折ですよ。と言われた。
確かにそうだなと思う。救急車が飛んできますよ。とも言われて、確かにそうだなと。


1 3

新しい年も三日目に入る。
名古屋の三が日は寒いけど空の青さは素晴らしい。

昨夜、名古屋キャッスルの2階で家族でバイキングを食べていた。
そういえば、そこで2年前に中森明菜がディナーショーをしていたのを思い出した。

元旦に浅間神社に初詣してそれから白山神社まで歩いてお参りしてから実家に寄り仏壇に手を合わせ歩いて帰宅した。
よく歩いたものでそれから年賀状を書いた。
昨日は四間道辺りを散策した。
去年は腰痛に祟られたような年だったので今年はそんなことに気を遣う。
歩くということに気を遣うってどういうことなんだろ?