Beardie Rescue Network in Japan

”ビアディー”はビアデッド・コリーの愛称です。

AZAQ-NET無料サービス

#BRN100000突破

Updated Mar-31-2016

佐藤ももじ君(右)

Beardie "RESCUE" Logo/Designed by Kimiko Arai.

"Smile Again"/Composed by Mari Nakayama

犬種レスキュー連絡会


テリア系ミックスの男の子(2016/3/13)

里親さん決定しました!

1・テリア系ミックス(男の子・3歳位・愛樹君)

2015年9月14日(月)、千葉県市原市大作でテリア系ミックスの男の子が保護され、9月24日(木)に千葉県動物愛護センターに移送されました。9月26日(土)に、ビアディーオーナーの方から、ビアディーではないかとのお知らせがあり、千葉県のボランティア団体「ちばわん」さんの御仲介で、9月28日(月)にセンターに面会に参りました。結論としては、スタンダード・プードル、ないしオーストラリアン・ラブラドゥードル等のミックスであると思われますが、上記の経緯から、BRNでお預かりし、里親さんを捜すこととなりました。9月29日(火)にセンターを出て、BDN会員野田恵子さんの所でお預かりとなり、千葉県佐倉市の「ユーカリが丘動物病院」で健康チェック、避妊手術を終え、10月4日(日)に退院しました。体重は14キロ前後、年齢は3〜4歳と推定されます。
2016年1月21日(木)、大分県のグルーマーみさこさん(トリミングハウスhug-dog)こと
渡邉美紗子さんより、里親さんのお申し出があり2月14日(日)、里親さんトライアルに入り、3月13日(日)に正式に里親さんに移行いたしました。名前は「愛樹くん」と名づけられました。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。なお、BRN基金より288,622円を醵出しております。

12月18日

9月28日

9月29日

最新の動画

千葉県動物愛護センターでの動画


女の子のレスキュー

里親さん候補が決まりました

(2015/8/27)

1.ビアデッド・コリー(女の子・6歳以上)

2015年8月27日(木)、千葉でビアのレスキューが発生いたしました。女の子です。ただいま対応を開始しております。一時預かり、里親さん探しが必要になります。会員の皆様にはぜひよろしくご協力のほどをお願いいたします。Gundog Rescue CACIさんのお扱いです。

同日中に里親さん候補が決まった由です。何よりでございました。

BRN 青柳隆志拝


ラス君のこと

(2015/5/23)

1.ビアデッド・コリー・ミックス(男の子・13歳・ラス君)

ラス君の「北栃木愛犬救命訓練所」入所から、はやくも一年が経過いたしました。
この間、訓練士の中村さんと連絡を取りながら、経過を見守って参りましたが、
一年となりましたのを機に、中村さんの方から、次のようなご連絡をいただきました。

========================

ご無沙汰しております。

早速ですがラスさんの状況についてご報告いたします。

一年の間ありとあらゆる事を試み、矯正に取り組みましたが現時点では矯正はかなり難しいと見ています。

理由は2つ

・犬を襲う行動がどうやっても変化がみられない
・逆ギレが異常とも思えるほどの襲い方をしてくる

この2点が過去の本気咬みをしてくる犬たちと明らかな反応の違いがあります。
通常これだけ長い期間訓練を続けれてくればそれなりの変化がでてくるものですがその変化が現れません。

犬の扱いに慣れている人でさえもあまりにも危険すぎると判断します。事実私も激しい咬まれ方を2度しています。

私の見解としては年齢も年齢ですし、成果が望めない以上入所の時にお話ししたように引き取って私のところで静かに余生を送らせてあげた方がラスさんにとっては最善なのではと思っています。

ご連絡お待ちしております。

北栃木愛犬救命訓練所 中村

==========================

12歳という高齢からの訓練で、どの程度効果があるか、ということで、
当初から危惧する点は多々ございましたが、専門家の手によっても
ついに矯正がかなわなかったのは、致し方のないことかと存じます。
昨日、中村さんと面談し、ラス君はこのまま終生、訓練所で余生を
送る、ということでお話しして参りました。「あらゆる手を尽くしました」
というお話をいただき、このように難しい子をお預けした責任を感じつ
つ、深く感謝を申し上げます。ラス君も厳しい訓練を終え、安全に
管理されたなかで残りの犬生を送ることとなります。BRNといたしまし
ては、ラス君のことを忘れないため、引き続き一定の給餌料等をご
寄付申し上げ、消息について注視していきたいと思っております。

皆様の御協力に心より感謝申し上げます。

なお、ご厚志の方は「ラス君貯金」として、BRN基金へのご寄付をい
ただけましたら、幸いに存じます。

「ラス君貯金」 平成28年3月31日現在 280,000円

岩井邦美さま、福元光子さま、松本佳子さま野原晴美さま、林明雄さま、鈴木みゆきさま、黒坂敬子さま、森瀬つねのさま、今井静枝さま、大塚恭史さま、小島法子さま、小原久英さま、浦野利規子さま(下線は複数回頂戴した方です)。


皆さんは、ラス君のことを覚えていますか?

いまからちょうど7年前の2007年4月29日、大阪府東淀川区のマンションの一室で多頭飼いされていた、ビアディーミックス(ビアディーXビアディーミックス)のラス君は、里親探しのため、BDN会員の皆様の御協力で、空路東京にやってきました。早速里親探しに入り、候補の方が手を挙げてくださったのですが、お見合いのためお家に行った際、先住犬を咬んでしまい、不調に終わりました。
(写真はそのころのものです)

以後、里親さんの候補が見つからず、2007年5月から、デジ一家がお世話になっているfreewind犬舎の阿部さん宅にお預けすることになり、そのまま7年間が過ぎてしまいました。5歳だったラス君も、この3月で12歳となりました。

阿部さんにはとてもよくしていただき、普段は陽気なラス君ですが、咬癖は変わらず、7年間で3度の咬傷事件を起こし、他犬に対しての攻撃性もあるということで、長い間、ご迷惑のかけ通しでありました。BRNとしてもまことに申し訳なく、このたび、次の行き先を考えることになりました。

ラス君は4月23日(水)、阿部さんのお家から、栃木県大田原市の北栃木愛犬救命訓練所へ移動いたしました。那須塩原の林の中の訓練所です。

http://www16.ocn.ne.jp/~avdj/

所長の中村訓練士は「咬み犬専門」を標榜するガッツあふれる方です、その中村さんでもこれまで訓練で扱った犬は11歳までで、12歳のラス君は最高齢ということになります。これから最低でも6ヶ月の訓練を経て、さらに社会復帰、里親探しというハードルが待っております。大変難しいケースであり、先の希望が持てるかどうか、これから時間をかけてテストを繰り返して探っていくとのこと。とも
かく、訓練士さんと緊密に連携しながら、頑張っていこうと思います。

これまで、正面から向き合ってこれなかったラス君のことを、真剣に考え、BDNの皆さんとともに、ハードルを乗り越えていきたいと思います。

ラス君のようすは、ブログ、FB等で随時発信いたします。

よろしくお願いいたします。

==========================

2014年9月、基本訓練期間の4ヶ月が経ち、訓練士の中村さんよりご連絡がありました。

青柳様 こんにちは。ラスさんは元気にしております。暑い夏も乗りきりました。
健康状態は食欲もあり、お腹の調子もバッチリです。 訓練の方はまだまだ安
心できるようなところまではきていませんが面会しても影響はないと思われま
すので一度いらしてみてください。 中村

ようやく面会の御許可が出ましたので、9月17日、ラス君に会いに行ってきました。

(動画)

ふだんは愛想もよく、中村さんにはきちんと従っているラス君ですが、自分の望まないことがあっていったんスイッチが入ってしまうと「逆切れ」状態になるとのことで、「我慢」を覚えるのに、一歩一歩訓練を続けている状態です。中村さんの愛とガッツあふれるご尽力に深く感謝しますとともに、まだまだ長い道のりですが、皆様とご一緒に、見守ってゆきたいと思います。



(ラス君 2007年5月)

ラス君については、「咬み犬」ということで、里子にも出せず、阿部さんのご好意に甘えて、長期間お預けする結果となり、咬傷事件も起きており、本来であれば、外国での例のように、保健所での処分に相当するといえます。

救うべき命がある一方で、救うべきでない命もある、という考えは、およそ、生命を扱う者にとって、避けて通れない課題です。レスキューに関しても、闇雲に救い出せばよい、というものではない、どこかに一定の線引きが必要な場合がある、とも思います。

ラス君については、5歳での引き出しの時、その判断をする機会があったかも知れません。今回、「高齢での矯正訓練」という選択肢を選びましたが、今後のレスキューのあり方を考える上で、今回のことは皆さんと共有しながら考えてゆきたいと思います。

BRN代表 青柳隆志

Tommyちゃんのレスキュー

里親さん決定です。

(2014/10/8)

最近のTommyちゃん(9月7日)

1.ビアデッド・コリー(女の子・2歳・Tommyちゃん)

2014年8月5日(水)、埼玉県の保健所より保護された推定2歳のビアディーの女の子「Tommy」ちゃんです。愛護団体 NPO法人Wonderful Dogsさん(埼玉県川口市)がお預かりで里親さん募集を行っています。保護の時点では明らかに飼育放棄状態で、毛を全部カットしたほか、非常にやせた状態でしたが(ブログ参照)、現在は上の写真のように回復を見せています。御厚志の方は、下記情報ならび規約をご覧の上、Wonderful Dogsさんに直接お申込みください。BDN会員の方が応募される場合には、必要経費をBRN基金が負担いたしますので、お申し出くださいますようお願いいたします。

【名前】 TOMMY(トミー)
【犬種】 ビアデット・コリー
【性別】 メス(避妊手術?)
【年齢】 推定2歳
【毛色】 ホワイト・アンド・スチール
【体重】 8.6キロ(痩せすぎ)
【ワクチン】 混合ワクチン: 6種ワクチン接種済み(2014.8.6)
       狂犬病予防ワクチン: 接種予定
【フィラリア】 陰性
【血液検査】 Hct35.8%(2014.8.6)
【便検査】 異常なし
【ノミ・ダニ】 マイフリーガード済み(2014.8.6)
【耳】 汚れているためケア中
【その他】
【マイクロチップ】 挿入済み
【預かり場所】 埼玉県川口市
【経緯】 センターより保護
【保護日】 2014年8月5日
【譲渡範囲】 関東圏内
【性格】

【譲渡条件以外の個別条件(里親希望者様へ)】
 ・完全室内飼育

 ・留守番時間は5時間程度まで

 ・幼稚園以下のお子様がいるご家庭は不可
  (トレーナー等、犬の扱いが出来るご家族は要相談)

 ・犬種の特徴をきちんと理解されている方

 ・毎日のブラッシングやケア、トリミングが必要になると思われますので経済的余裕、
  時間的余裕があるご家族

 ・体調が落ち着いたら、必ず避妊手術をしていただける方

(保護時の様子)


里親さん決定いたしました

(2014/4/25)

(動画はこちらです)

1.ビアデッドコリー(さくらちゃん・推定8歳です)

2014年4月8日(火)、京都府宇治市の山城北保健所より、京都府動物愛護管理センターに搬入された女の子(推定8歳)です。「全ての命を尊ぶ会」より、告知がございました。「長毛種の雑種」ということですが、骨格、容貌からすると、ビアデッドまたはごく近い近似種と考えられます。体重は12キロ、長期間手入れがされておらず、サマーカットになっております。4月24日(木)、京都のBDN会員斉藤さんがセンターを訪問され、里親のお申し出をしてくださり、センターでの審査の結果、4月25日(金)、里親さんとして決定いたしました。名前は「さくら」ちゃんとなりました。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。なお、BRN基金より5万円を醵出しております。

斎藤さくらちゃんは病気のため、2015年6月2日(火)に亡くなりました。

BRN代表 青柳隆志

収容時の写真


平塚のディアナちゃんの里親さん探し

里親さん決定いたしました

(2013/7/30)

1.ビアデッドコリー(ディアナちゃん・女の子・13歳です)

2013年5月28日(火)、神奈川県平塚市の後藤さんより、元配偶者が飼養放棄したビアディーの女の子が空き家に置き去りにされているとの連絡がありました。名前はディアナちゃん、2000年6月28日生まれの12歳で、BDNに登録があります。5月30日(木)にBDN会員梅村静恵さんに現場を確認していただきました。大人しいこで、体重は14キロ、長期間手入れがされておらず、現在、後藤さんが通って餌と散歩をしている状態とのことです。BDN会員から飼養放棄犬が出るということは大変悲しいことでありますが、後藤さんは現在飼養できる環境にないため、一時預かりの上、里親さんを探すことになり、6月1日(土)、BDN会員木村豊彦さんのお家で一時預かりとなりました。6月4日(火)に里親さんのお申し出が二件あり、BRN内で協議の結果、BDN会員長澤信一郎さん(裏磐梯・ペンションラーラ)の所で6月30日(日)より里親さんトライアルに入り、7月30日(火)に正式に里親さんとして決定させていただきました。末永くよろしくお願いいたします。なお、BRN基金より3万円を醵出しております。

BRN代表 青柳隆志

過去のディアナちゃん(テレビに出たこともありました)と現在

動画はこちらです

(6月1日)

(6月16日)



沼津のスティーブ=ヒューイ君の里親さん探し

里親さん決定いたしました(2012/5/20)

1.ビアデッドコリー(スティーブ=ヒューイ君・男の子・4〜5歳です)

2012年4月12日(木)、静岡県富士宮市、ドッグシェルターワンのWANママさんより、沼津市の東部保健所にビアディーの男の子がいるとのお知らせをいただきました。年齢4〜5歳、去勢済み、約25キロ、健康に問題はありません。高齢の飼い主が入院するために置いていったとのことです。飼い主の持ち込みは即処分となってしますため、WANママさんが動いてくださり、幸い早急に一時預かり先が決まり、現在滞在中です。飼い主が「引きが強い」と言ったとのことですが、多少元気がいいという程度です。しつけは入っており、トイレは散歩時にするとのことです。4月16日(月)にBDN会員中山鈴菜さんより里親希望のお申し出があり、4月20日(金)、ドッグテールワンでお見合いの上、トライアルに入り、5月20日(日)をもって、正式に里親に決定いたしました。これに伴い名前を「ヒューイ」君と改めました。皆様のご協力に感謝申し上げます。

BRN代表 青柳隆志

4月16日撮影

動画はこちら



横須賀のボス君の里親さん探し

里親さんが決まりました(2011/1/25)

1.ビアデッドコリー(ボス君・男の子・9歳です)

2011年10月2日(日)、横須賀市三春町のアイビー動物病院より、「近所の人が検査入院で入院すると言うことで、前から病院の患者だったビアディ(牡9歳、去勢済み、健康)を預かっていたところ、本人が行方不明で連絡が取れなくなり、現在半年近く預かっている・・・」との連絡を受けました。名前はボス君(2002年2月10日生まれ)です。10月4日(火)にBDN会員齋藤久美子さんに状況を確認していただき、10月10日(月)よりBDN会員木村豊彦さん宅(埼玉県新座市)で一時預かりに入り、12月27日(火)よりBDN会員野原晴美さん宅(武蔵野市)にてトライアル中に入り、1月25日(水)に里親さんに決定いたしました。皆様のご協力に深く感謝申し上げます。

動画はこちら

(ボス君のようす)

アイビー動物病院へ行きビアディのボスくんに会ってきました。
まず
☆写真の通りサマーカットしたばかりです。
☆体重18`9歳と年齢よりは若い元気なフレンドリーな子でした。
☆去勢手術等医療処置済みとのことです。
☆飼い主の方は入院していた病院でもわからないとのことでやはり
不明だそうです。
ただ、飼い主の方が家で倒れた時ボス君が吠え続けたことで近所の
人が気が付き病院に運ばれたそうで、この子は命の恩人なのに…と
院長はおっしゃってました。
一人暮らしで病気になり愛犬をこういう形で手放すというか放棄した
ことは無責任ですが、少しでもつらい気持ちがあったのではないか
と思いたいです(齋藤久美子)。


From BRN

ビアディー・オーナーの方へお願いです。

もし、ビアディーとの折り合いがつかなくて

悩んでいる方は、

まずこちらへご相談ください。

ペットショップのオーナーの方にお願いです。

もし、ビアディーの子が売れ残って、

「処分」しようと考えているなら、

まずこちらへ連絡してください。

迷い子のビアディー・捨てられたビアディー

見つけたらすぐにこちらへご連絡を!

jmickey@js3.so-net.ne.jp

090-3696-5665

ビアディー・レスキュー・ネットワーク 青柳隆志


About BRN

Falcon

BRN(Beardie Rescue Network)は、欧米、特にアメリカを中心に展開されている、「レスキュー・ビアディー」の活動と連動するもので、捨てられたり、あるいは保健所で処分されようとするビアディーを救うためのネットワークです。アメリカでは、ほぼ数日に一頭の割合で、「ビアディー・レスキュー」が発生しています。その理由は、飼い主の遺棄・迷い子・ペットショップでの売買(アメリカではこれもレスキュー対象です)などさまざまですが、これに対し、全米に張り巡らされたネットワークを通じて、速やかな対応と里親探しが行われ、不幸なビアディーを一頭でも多く救うための態勢が整えられています。また、ビアデッドコリー・クラブ・オブ・アメリカ(BCCA)やビアデッドコリー・クラブ・オブ・カナダ(BCCC)でも、その活動の第一義を、このレスキュー活動におくことを宣言しており、スペシャリティー(全国大会)では、特に「レスキュー・パレード」を行って、救われたビアディーたちの姿を、篤志の飼い主とともに紹介する習いになっています。日本では、ビアディーの頭数がさほど多くなく、ペットショップ等で見かけることも稀で、結果としてブリーダーからの直接購入の割合が高いため、レスキューの対象となるケースはあまり多くないように思われます。しかし、一方で、無計画な繁殖や、心ない飼い主による子犬・成犬の遺棄、あるいは、売れ残った子犬の処分などといった、他の犬種に見られるような悲しい事例もけっして皆無とは言えません。そこで、日本における「ビアディー・レスキュー」のためのネットワークを整備しておき、いざという事態に備えておこうというのが「BRN」の趣旨です。

以上の趣旨から、BRNでは次の活動を行っています。

@LC(ローカル・コーディネーター)の委嘱

現時点では、とりあえず失踪ないし保護されたビアディーを飼い主のもとに戻す手助けを最優先にしております。このため、地域ごとにそれぞれ土地勘のある方(ローカル・コーディネーター)を募っております。お引き受けをいただける方がありますならば、青柳(jmickey@js3.so-net.ne.jp)までご一報をいただければ幸いです。

Aビアディー・レスキュー基金の設置・運営

ビアディーの保護に関しては、その当座の医療費や餌代、里親探しやその移送費等が生じるため、いざという時のプールがある程度必要となります。1999年度「BDL・BOWカレンダー」の売り上げから、300ドルが日本の「ビアディー・レスキュー資金」としてBDNに分配されましたが、これは、1999年8月22日、ファルコン君が保護された際に全額使用いたしました。2000年度は同じくカレンダーの売り上げから、新たに750ドルがBDNに分配されました。これらの分配金をもとに、「ビアディー・レスキュー基金」を立ち上げ、ビアディー・オーナーの方々からのご寄付を募って、非常の場合に備えています。この「ビアディー・レスキュー基金」の残高は常時この「BRN」のページで公開し、その使途は、ご寄付をいただいた方々の承諾を得た上で決めさせていただきます。また、チャリティー・オークションなどの行事も行っております。

BRN基金へのご寄付先は次の通りです。どうぞよろしくお願いいたします。

郵便振替口座番号 00130-6-178486

加入者名 BDN

BRN Contents

BRNレスキューの実際

ビアディー・レスキュー基金

諸外国のビアディー・レスキュー活動

レスキュー・ドッグのリンク集

カバー・ストーリー


BRN News

名古屋のブラウン君、里親さんが決まりました

(2011/6/20)

1.ビアデッドコリー(男の子・10歳です)

動画はこちら

2011年3月10日(木)、BDN会員村田耕平さんより、名古屋市緑区の和田光男さん宅のビアディー2頭(ブラウン君・ボビー君)が公団住宅の規定で飼養できなくなり、里親さんを探している由、ご連絡がありました。4月25日(月)にボビー君の行き先が決まりましたが、ブラウン君の行き先が決まらず、5月8日(日)BDN会員木村豊彦さん宅へ移動し、一時預かりとなりましたが、6月12日(日)に愛知県の野田さん宅にて里親さんトライアルに入り、6月20日(月)より正式に里親さんに移行しました。皆様のご協力に感謝申し上げます。

5月14日(土)撮影(木村さん宅)

BRN代表 青柳隆志

神戸市灘区で保護されたビアディーの女の子です

里親さんが決まりました。

 (2011/5/17)

5月14日保護時

サマーカット後

1・.ビアデッドコリー(女の子です)

2011年5月14日(金)、神戸市灘区の池田さん宅前で保護されたビアディーです。5月17日(火)ご近所の方が里親さんになってくださいました。


オールド・イングリッシュ・シープドックが二頭保護されました

 (2010/10/10)

里親さんが決定しました

1・2.オールド・イングリッシュ・シープドッグ(男の子・10歳と8歳です)

2010年8月25日(水)、東京都動物愛護相談センターに、オールドイングリシュシープドックの男の子二頭が持ち込みされました。一緒に飼われていた子で、10歳と8歳の子です。収容期限までに引き取り手がなく、9月3日(木)に処分の予定でしたが、持ち込みにあたって飼い主がぴかぴかに手入れしていて、職員さんも処分器に入れることがためらわれ、Rencontrer Mignonさんに相談があり、Mignonさんより、9月2日(水)、BRNにも一時預かりの協力要請がなされました。そこで、クリス=ラトル君のお預かりをお願いした、ラッキーパパ木村豊彦さんにふたたびお預かりをお願いしたところ、快くお引き受けをいただきましたので、9月4日(金)より、木村さん宅にて一時預かりに入り、9月19日(日)より、トライアルに入り、10月10日(日)に新しい里親さんが決定しました。名前はボニー君とブラッド君です。


ビアディーの女の子が保護されました

 (2010/7/7)

里親さん決定しました

1.ビアデッド・コリー(女の子・姫子ちゃん・13歳)

2010年1月5日(土)、札幌市手稲区前田6条14丁目でビアデッド・コリーの女の子が保護されました。13歳くらい、赤い首輪をしており、犬歯が切断されています。全身フェルト状態で茶色く見えますが、原色はグレー(スレート)と推定されます。1月14日(木)に収容期限を迎え、BDN会員小方和子さん、小松恵美子さん、斉藤美緒さんのお世話で、1月15日(金)に引き出して、恵庭市の北海道エコ・コミュニケーション専門学校の門田獣医師のご協力のもと、トリミングと健康チェックを行い、1月16日(土)より、小方和子さん宅で一時預かりに入り、6月21日(月)に避妊手術を受け、7月7日(水)に小方さんが里親さんとなりました。「姫子ちゃん」と命名されています。BRN基金より20万円を醵出しています。また、姫子ちゃんがんばれ基金の募金を行っています。

2012年9月11日(火)早朝、姫子ちゃんは病気のため亡くなりました。多くの皆様のご厚意に感謝申し上げます。


現在14歳と高齢の上、去る6月21日の避妊手術の際に、卵巣の顆粒膜細胞腫が発見されるなど、健康面での不安が残ります関係で、

「姫子ちゃんがんばれ募金」

三井住友銀行 本八幡(モトヤワタ)支店
普通預金 0736963
青柳隆志(アオヤギタカシ)

までご寄付をいただければ幸いでございます。

ご協力の皆様の御芳名(12月16日現在合計241,050円)

岩井邦美様・照沼広仲様・青柳祐美子様・黒坂敬子様・佐野ゆみ子様・大谷雅雄様・神谷美奈恵様・大竹信子様
黒坂敬子様(再)・亀岡純子様・伊規須敬太様・ 篠和子様・酒井麻由様・今井静枝様・村井美保子様・野口悌介様
木村豊彦様・千木良真浪様・榎田光司様・河本多恵子様・木村しげみ様・西村美智子様・中川麻里様・河村紀子様
鈴木紀子様・小原久英様・中山鈴菜様・田村佳世子様・関弘子様・塩谷勇司様・青木のり子様・河田裕子様・皆原初浩様
照沼広仲様・舟田えり子様・溝口二郎様・野原晴美・大江悠二様・柴田通俊様・小方和子様・高尾惠美子様・植松花織様
後藤浩子様・梅村靜恵様・岩井眞由美様・小林佳美様・大村なな子様・亀田孝子様・八十河美智子様・新津幸子様
森瀬つねの様・森村英之様・赤生京子様・崎忠司様・鈴木知奈様・佐藤紀子様・馬場文子様・松野晃子様・高橋一代様
若山泉様・三宅美苗様・計良光一郎様・大槻留美様・北村敏文様・小島法子様・川口葉子様・猪狩純様・河内道子様
菊地直子様・竹川礼之介様・大塚恭史様・細井守様・野田修一様


宇都宮で保護されたミックスの男の子です

 里親さん決定しました(2010/5/21)

1.ミックス(男の子・トーレス君・2歳くらい)

2009年12月14日(月)、栃木県宇都宮市上籠谷町で、ビアデッドコリー「系」雑種の男の子が保護され、宇都宮市保健所を通じて、日光市の栃木県日光市の栃木県ドッグセンターに送致されました。17日に収容期限を迎えましたが、下記「花ちゃん」のことをお知らせいただいた横浜の斉田さんよりご連絡があり、12月21日(月)に宇都宮市のBDN会員稲葉隆司さん、津也子さんご夫妻に保健所に出向いてこの子を見ていただき、レスキューをいたしました。名前は「ダイス君」とつけていただきました。ビアデッドが入っているにしては小さめですので、ポーリッシュ等と何かの雑種と思われます。かなり若い子で、体高は人間の膝程度、体重は14・7キロです。大きく汚れてはおらず、室内飼いの子と考えられます。人間が大好きで、行動は子供っぽくハイパーですが、ケージの中では大人しくしています。12月22日(火)、千葉県のBDN会員野田恵子さんのお家に移動したのち、12月30日(水)より千葉県松戸市の、遠藤警察犬家庭犬訓練所で行動観察等を行い、2010年4月21日(水)から、南房総市の望月さん宅でトライアルに入り、5月21日(金)に正式な里親さんとなりました。新しい名前は「トーレス君」です。なお、BRN基金より336,615円を醵出しております。

BRN 青柳隆志


葛飾区亀有でポーリッシュ・ローランド・シープドックの男の子が保護されました

 (2010/3/26)

新しい家族が決まりました

1.ポーリッシュ・ローランド・シープドック(クリス君・♂・去勢済み・3歳くらい)

2009年12月24日(木)、東京都葛飾区亀有1丁目3番15号「あおぞら児童遊園」で、ポーリッシュ・ローランド・シープドック(PON)の男の子が保護されました。「ビアデッドコリーの男の子」として収容されました。(亀有警察署→東京都動物愛護相談センター)。体重9.4キロ。大変元気の男の子で、去勢済みです。1月5日で収容期限が切れましたが、1月8日(金)、Rencontrer Mignonさんの手でセンターより引き出され、1月9日(土)、BDN会員木村豊彦さんのお家で一時預かりとなり、1月24日(日)にトライアルに出ましたが、残念ながらご不縁となり、2月7日(日)より再び木村さん宅で行動観察に入り、3月19日(金)より、船橋市の新田功さん宅にてトライアルに入り、3月25日(木)に正式に新しい家族となりました。名前は「ラトル君」となりました。BRN基金より1万円を醵出しております。

BRN 青柳隆志


ビアディーの女の子が保護されました

 (2009/08/11)

里親さんが決定しました(8/19)

1.ビアデッドコリー(女の子・花ちゃん・1歳程度)

2009年8月11日(火)、埼玉県南埼玉郡白岡町上野田で、ブラウンのビアデッドコリー女の子が保護され、埼葛北福祉保健総合センター(幸手保健所)に収容されました。歯垢等のチェックにより、かなり若い子で、体高は人間の膝程度、体重は15キロ程度です。8月17日(月)、収容期限を迎えましたが、BDN会員の花房孝・京子さんご夫妻により、譲渡の申請があり、8月19日(水)にお家に移動し、花ちゃんと名付けられました。花房さん、末永くどうぞよろしくお願いいたします。

BRN 青柳隆志


ライ君の里親探し

(2009/07/26)

飼い主さんの所へ帰りました。(2011/4/10)

1.ポーリッシュローランド×テリヤミックス(ライ君・男の子・12歳)

2009年7月26日(日)、BDN会員赤生京子さんより、ビアデッドコリーミックスの子が、飼い主、東京都大田区上新台の滝吉正さんの入院により、里親探しをされているとの情報がBRNに寄せられました。人づてに確認をとっていただいたところ、東京都江東区の都営アパート(ペット不可)に、7月30日(木)に現地に確認に参りました。PONとテリヤののミックスで、名前はライ君です(11歳のパピヨン(リュウ君)も共に暮らしていました)。ライ君は、同日より、千葉県佐倉市の野田恵子さんのお家で一時預かりとなりましたが、2011年4月10日(日)、滝吉さんの住環境が整い、1年8ヶ月ぶりに自宅に帰りました。なお、BRN基金より42万円を醵出しております。

BRN 青柳隆志

(ライ君の手術に関して)

ライ君は膀胱結石を患っており、手術が必要となります。手術費用の一部につきご厚志を募っております。趣意にご賛同いただけます方は、下記までご寄付下さいますようお願い申しあげます。7月21日、8月21日に術前検査をし、9月25日に手術を行いました。無事終了いたしました。

三井住友銀行 本八幡(モトヤワタ)支店
普通預金 0736963
青柳隆志(アオヤギタカシ)

ご協力の皆様の御芳名(平成22年10月1日現在合計136,000円)

赤生京子さま・青木稔さま・浅野雅子さま・黒坂敬子さま・崎忠司さま・岩井邦美さま・コシオカキミエさま・柴田久美子さま・池沢和佳枝さま・星野ひろみさま・照沼広仲さま・酒井麻由さま・中村芳子さま・フナヤマミホさま・セキヒロコさま・宮川ひとみさま・黒坂敬子さま・河本多恵子さま・岩井眞由美さま・舟田えり子さま・長澤信一郎さま


オールドの男の子が保護されました

 里親さん決定しました! 

(2010/01/27)

1.オールド・イングリッシュ・シープドッグ(ガロ君・男の子・推定3歳)

2009年6月3日(水)、東京都多摩市馬引沢2丁目で、オールドの男の子が保護されました。東京都動物愛護相談センター多摩支所で保護されていましたが、収容期限までに飼い主の名乗りがなく、6月12日(金)にセンターより引き出し、同日よりRencontrer Mignonさんの預かりとなり、ガロ(Galop)君と名付けられました。大変人懐っこい、甘え上手な子です。7月3日に不妊手術・マイクロチップの埋め込みを完了しました。2010年1月10日(日)、里親さん候補が現れ、1月14日(木)にトライアルに出て、1月27日(水)に正式に里親さんに決定いたしました。ました。BRN基金より5万5千円を醵出しております。

動画をご覧下さい。

最新の動画です。 

BRN代表 青柳隆志

ビアディーの男の子が保護されました

里親さん決定しました

(2009/05/1)    

1.ビアデッド・コリー(ジョシュー君・推定3歳)

2009年2月23日(月)、東京都多摩市桜ヶ丘一丁目で、ビアディーの男の子が保護されました。東京都動物愛護相談センター多摩支所で保護後、3月17日(火)に出所し、セラピー動物病院にて、健康チェックののち、3月21日(土)より、BDN会員、榎田恵理さん宅にて一時預かりを開始し、4月1日(水)より、里親さんのトライアルに移行し、5月1日(金)より正式里親に決定いたしました。金個まりさん、馬場文子さん、溝口慶子さん、岩井邦美さんのご協力をいただきました。関連費用として、BRN基金より6万円を醵出しております。

Rencontrer Mignonさんにご尽力をいただいております。深く感謝申し上げます。

BRN代表 青柳隆志


コロンちゃんの里親探し

里親さん決定しました(2008/11/9)


若山コロンちゃんになりました!

1.ビアデッド・コリー(コロンちゃん・女の子・推定8歳)

2008年8月1日(金)、山梨県北杜市の方より、里親探しの依頼がありました。ビアディーの女の子、コロンちゃんです。年齢は8歳前後です。小柄で大人しい性格の子です。飼い主が亡くなり、ご家族の方が飼いきれないということで、8月4日(月)より、北杜市のBRN会員、清水さん宅・岩井さん宅にて保護し、8月6日(水)にヘアカットを終え、とても可愛らしくなりました!コロンちゃんのページがあります。8月9日(土)に、長野県小諸市の若山さんより、里親さんご希望の方のお申し出があり、8月17日(日)にコロンちゃんに会っていただき、9月23日(祝)に若山さんのお家に移動して、トライアルに入り、10月23日(木)に、正式に里親さんになっていただきました。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

BRN 青柳隆志

ルナちゃんの里親捜し

(2008/07/09)

    ルナちゃんは元のお家に戻りました(9/4)

1.ビアデッド・コリー(女の子・5歳・ルナちゃん)

2008年6月2日(月)、埼玉県越谷市の三国さんより、里親探しの依頼がありました。ビアディーの女の子で、名前はルナちゃん、2003年4月21日生まれ、5歳です。もと、多頭飼いの飼い主から貰われた子です。とても人懐っこい子です。6月24日(火)に、兵庫県尼崎市の早川さんからお申し出があり、7月6日(日)にルナちゃんと会っていただきました。7月27日(日)に空路、羽田より伊丹空港へ移動し、無事早川さんのお家に到着しました。8月26日までの期間、里親さんトライアルに入りましたが、8月27日、ご家庭のご事情により、急遽トライアルは中止となりました。その後、三国さんより、環境を整え、改めて終生飼養していただくこととなり、9月4日(木)に、ルナちゃんのひと夏の旅は終わりを告げました。よかったです。


千葉県白井市で保護されたビアディー(2008/2/21)

1.ビアデッド・コリー(男の子)

2008年2月21日(日)、千葉県白井市根(ね)で、ビアデッドコリーの男の子が保護されました。その後、2月29日に無事飼い主さんの所へ帰りました。皆様のご協力に感謝申し上げます。

BRN代表 青柳隆志

シルバちゃんの里親捜し

里親さんが決まりました(2006/8/13)


1.ビアデッド・コリー(女の子・5歳・シルバちゃん)

2006年6月14日(木)、長野県白馬村の白馬ドッグラン、近藤聖子さんより里親探しのお申し出がありました。ご希望者のなかから、BDN会員、東京都練馬区の赤生京子さんご一家に7月9日(日)より一時預かりとなり、7月13日(木)よりトライアルに入り、8月13日(日)に正式に里親さんとして決定致しました。ご仲介の労をお取り頂いた、BDN会員馬場文子さん、舟田えり子さんに感謝申し上げます。関連費用として、BRN基金より5万円を醵出しております。

BRN代表 青柳隆志


ゴロー君の里親捜し

里親さんが決定しました(2006/6/17)


1.ビアデッド・コリー(男の子・3歳・ゴロー君)

2006年4月25日(火)、東京都杉並区の網さんご一家より里親探しのお申し出があり、神奈川県三浦市の堀口さんご一家に5月4日(木)より一時預かりとなり、次いでBDN会員、東京都八王子市の前本英二さんのお宅で5月19日(金)よりトライアルに入り、6月17日()をもちまして正式な里親さんとなりました。健康チェックをしていただいた、セラピー動物病院の長田先生に感謝申し上げます。関連費用として、BRN基金より8万円を醵出しております。

BRN代表 青柳隆志


ジョイ君の里親捜し

里親さんが決定しました(2006/2/5)

1.ビアデッド・コリー(男の子・2歳位・ジョイ君)

2005年12月1日(水)に保護された子です。山梨県北杜市のBDN会員清水俊男さんより里親希望の申し出があり、12月17日に移動、2006年1月5日(木)よりトライアルに入り、2月5日()をもって正式な里親さんとなりました。健康チェックをしていただいた、セラピー動物病院の長田先生、移送にご協力いただいたBDN会員前本英二さんに感謝申し上げます。関連費用として、BRN基金より122,020円を醵出しております。

BRN代表 青柳隆志


ハイジちゃんの里親捜し

里親さんが決定しました(2005/4/6)


1.ビアデッド・コリー(女の子・2歳・ハイジちゃん→ジーナちゃん)

2005年2月12日()、愛知県豊田市のBDN会員山田哲也さんより、山田ハイジちゃん(2歳・スレート)の里親捜し依頼がありました。ハイジちゃんは2002年9月30日生まれ、体重17キロ、とっても臆病・怖がりですが、人大好きの甘えん坊とのことです。2月15日に船橋市のBDN会員田村佳世子さんより里親さんのお申し出があり、3月6日()からトライアルに入り、4月6日(水)をもって正式な里親さんとなりました。コールネームは田村ジーナちゃんとなりました。関連費用として、BRN基金より8万円を醵出しております。

BRN 青柳隆志



ただいま一頭のビアデッドコリー♂が保護されています(2005/2/7)

飼い主さんのもとに帰りました(2005/2/15)


1.ビアデッド・コリー(オス)

2005年2月7日(月)、東京都荒川区東日暮里5丁目でビアデッドコリーの男の子(去勢済み)が保護され、東京都動物保護相談センターに収容されました。下記の子と同一犬ではないかと思われます。2月15日、飼い主の方が迎えに見えました。

BRN 青柳隆志

ただいま一頭のビアデッドコリー♂が保護されています(2004/8/26)

飼い主さんのもとに帰りました(2004/8/27)


1.ビアデッド・コリー(オス)

2004年8月25日(水)、東京都荒川区東日暮里6丁目でビアデッドコリーの男の子(去勢済み)が保護され、東京都動物保護相談センターに収容されておりましたが、8月27日、飼い主の方がお迎えにきました。何よりでした。

BRN 青柳隆志

ただいま一頭のOES♀が保護されています(2004/7/19)

お泊まり保育中(8/19)

1.オールド・イングリッシュ・シープドック(マリリン・モンローちゃん(仮名))

2004年7月19日(祝)、HAS(Home Animal Society 東久留米)の川村さんよりに、東京都西東京市の武蔵野公園につながれて放置されていたとのご連絡がございました。現在川村さん宅で「マリリン・モンローちゃん」と名付けられて保護されています。8月19日にお泊まり保育に出ました。詳細はこちらをご覧下さい(BRNは里親捜しにご協力いたします)。

Home Animal Society

BRN 青柳隆志

ただいま一頭のビアデッドコリーが、里親さんを探しています(2004/6/3)

里親さんが決まりました(2004/7/27)



1.ビアデット・コリー・(オス・クロス君・6歳半)

2004年6月3日(木)、PAK(Paws Adoption かながわ)保健所の犬・猫を救う会のサイトに、ビアデッドコリーの男の子、クロス君(6歳)の里親募集が掲示されました。7月18日(日)より「お試し飼い」に出て、7月27日(火)に里親さんが決定しました。

BRN 青柳隆志

ただいま一頭のPONが里親さんを探しています(2004/6/13)

里親さんが決まりました(2004/8/3)


1.ポーリッシュ・ローランド・シープドック(オス・ゴン君・4歳9ヶ月)

2004年6月13日(日)、福岡県久留米市のわんわん館さんより、ビアデッドコリーの男の子(PONと思われます)の里親募集がありました。すいともく・プラスの野村さんのご紹介により、6月24日(木)、横浜市の細田徹雄さんが里親さんとして名乗り出てくださいました。7月3日(土)より里親トライアルに入り、8月3日(火)に正式里親さんに移行しました。移動および健康チェックのため、BRN基金より5万円を醵出しております。

BRN 青柳隆志

ブーボ君の里親探し

里親さんが決まりました。(2004/1/23)


1.ビアデット・コリー・(オス・ブーボ君・7歳)

2003年11月27日(木)、三重県亀山市の石川さんよりビアデッドコリーの男の子の里親依頼がありました。名前はブーボ君。1996年5月12日生まれ、7歳です。前の飼い主さんが都合で飼えなくなったとのことです。12月12日(金)、BDN会員の山田進さん(京都)のお家に一預かりとなり、12月23日(火)に里親さんになっていただけるとのお申し出をいただきました。明けて2004年1月23日(金)正式に里親さんになっていただきました。

BRN代表 青柳隆志


クッキー君の里親探し

里親さんが見つかりました(2003/8/3) 


1.ビアデット・コリー・ミックス(オス・クッキー君・5〜7歳)

2003年7月5日(土)、BDN会員の木下さん(東京都町田市)よりビアデッドコリー・ミックスの男の子の里親依頼がありました。名前はクッキー君。保護センターからの譲渡で、推定5〜7歳です。娘さんのアレルギーにより、里親さんを探していました。8月3日、新しい里親さんが見つかりました。

BRN代表 青柳隆志


バニラちゃんの里親探し

里親さんが決まりました(2003/8/6)


1.ビアデット・コリー(メス・バニラちゃん・2歳=右)

2003年6月29日(日)、神戸市の山本さんよりビアデッドコリーの女の子の里親依頼がありました。名前はバニラちゃん、2002年6月30日生まれ、2歳です。元の飼い主の病死により山本さんが預かっておられましたが、転勤のため里親を捜していました。7月1日(火)神戸市のBDN会員竹村恵美子さんより里親のお申し出があり、7月4日(金)に移動し、7月6日(日)より里親トライアルに入り、8月6日(水)に正式里親に決定致しました。

BRN代表 青柳隆志


ただいま一頭のビアデッドコリー♀が、里親さんを探しています(2003/5/11) 紹介

里親さんが決まりました!(2003/5/14)


1.ビアデット・コリー(メス・フォスターちゃん・3歳)

2003年5月8日(木)、BDN会員の岡田優子さん(神奈川)よりビアデッドコリーの女の子の里親依頼がありました。名前はフォスターちゃん、1999年11月2日生まれ、3歳です。元の飼い主の離婚で親元に帰っています。元気で健康な子です。5月14日(水)、埼玉県の井川さんの所に里子に行くことが決まりました。心よりお慶び申し上げます。


父(Blizzard) JKC Ch.Am.Ch. Arlin Ice Blizzard of Greesh
母(Savanna) Am.Ch.Lirata Love on the Rocks


リンク君の里親探し

里親さんが決まりました。(2003/4/28)


1.ビアデット・コリー(オス・リンク君→かい君・白/黒・1歳)

2003年3月3日(月)、大阪府阪南市の方より、ビアデッドコリーの男の子の里親依頼がありました。名前はリンク君、2002年1月5日生まれ、1歳2ヶ月です。3月11日(火)、BDN会員吉沢文子さん(三重)より里親さんトライアルのお申し出があり、3月28日(金)よりトライアルを開始し、4月28日(月)に正式里親さんとなりました。名前は「かい」君になりました。

5月22日(木)かい君は急死いたしました。原因は不明です。享年1歳。突然のことに茫然としております。  

BRN代表 青柳隆志

父Innovator of Golden Button FCI(1997/10/17)
母Kinswoman of Golden button FCI(1999/3/20)


ただいま三頭のビアディー♀♂♂が、里親さんを探しています(2003/1/25)

全員決まりました。(2003/2/14)

ノンちゃん

7歳の女の子 神戸市の三井千都子さんのお家で暮らすことになりました。

現在→○

テン君

6歳の男の子。裾野市の松葉さんのお家で暮らすことになりました!

現在→○

ボン君

4歳の男の子。横須賀市の石渡さんのお家で暮らすことになりました!

現在→○


ハーディー君の里親探し

里親さんが決定しました(2002/10/14)

1.ビアデット・コリー(オス・ハーディー君・白/黒・1歳)

2002年9月18日(水)、BDN会員の岡田優子さん(神奈川)よりビアデッドコリーの男の子の里親依頼がありました。名前はハーディー君、2001年4月15日生まれ、1歳です。2002年10月14日(月)、BDN会員鈴木のぶ代さん(静岡)のお家に行きました。ハーディー君のご多幸を心よりお祈りします。

BRN代表青柳隆志

Idol of Irving Diamond JP
父(Blizzard) JKC Ch.Am.Ch. Arlin Ice Blizzard of Greesh
母(Savanna) Am.Ch.Lirata Love on the Rocks

ただいま一頭のビアディー♀が、里親さんを探しています(2002/5/23)

里親さんが決定しました。(2002/6/9)


1.ビアデット・コリー(メス・レモンちゃん・7歳・白/黒)

2002年5月23日(木)、BDN会員梅村多恵さん(愛知)より、新聞にビアデッドコリーの里親募集の記事がある旨、ご連絡をいただきました。早速確認したところ、犬のテーマパークの営業停止に伴い、150頭の犬が里親を捜している旨でした。ビアディーは女の子で、1994年7月20日生まれ、レモンちゃんという名前です。5月31日(金)より里親募集を呼びかけましたところ、BDN会員岩井邦美さん(埼玉)より、飼ってもよいというお申し出をいただきました。

レスキュー団体の審査を経て、6月9日()に、終生里親の決定が出ました。6月30日()に、BDN会員佐藤清志さん(岩手)、同じく木村豊彦さん(埼玉)のご尽力により、岩井さんのもとにレモンちゃんが来ました。どうぞ宜しくお願い致します。

BRN代表 青柳隆志

2006年2月20日(水)レモンちゃんは永遠の旅に出ました。11歳7ヶ月でした。


ただいま一頭のビアディー♂が、里親さんを探しています(2001/9/1)

里親さんが決定しました。(2001/11/1)


1.ビアデット・コリー(オス・子鉄君・1歳ごろ・白/黒)

2001年8月16日(木)朝7時、徳島県鳴門市撫養町の「ホテルペガサス」で1歳〜1歳半くらいの雄のビアディーが保護されました。BDN会員浦瀬奈都さん(徳島)が翌日から預かり、関係諸機関に連絡して下さいましたが、届け出がなく、また、13日(月)にも目撃されていることから、阿波踊り等のイベントに伴って他県から連れてこられて放置され、放浪していたものと推定されます。

子鉄君と名づけられたこの子は、8月26日()にBDN会員小松重信さん(和歌山)の所に一時預かりとなり、飼い主探しを続行しましたが、飼い主発見は困難と判断し、9月1日()より、BDN保護所有犬として里親を募集することとなり、9月14日(金)に去勢手術を実施致しました。

9月19日(水)以降、8名もの里親候補の方が名乗りをあげてくださいました。里親募集の通例に従い、BRNで適性を審査させていただき、9月26日(水)に、平野光昭さん(BDN会員となられました)を里親候補として決定致しました。その後里親トライアル期間を経て、11月4日()に終生里親決定となりました。皆様のご高配に深く感謝申し上げます。

(子鉄君のHP)
http://gassando.reform.ne.jp/~BDN/Rescue-Kotetsu-j.html

BRN代表 青柳隆志


ビリー君の里親探し

里親さんが決定しました(2001/8/30)


1.ビアデット・コリー(オス・ビリー君・7歳・白/黒)

2001年6月17日()東京都下の犬猫テーマパークが閉鎖され、多くのワンニャンたちが路頭に迷うこととなりました。このなかにビアデッド・コリーが一頭(7歳♂・通称ビリー君)含まれていました。

この子達は引き続き別のテーマパーク等に移送される予定でしたが、飼養状態が悪く、家庭犬への道がベストとの判断から、「Rena&Riki」の内田さんを中心として、引き出しの上、里親を探すこととなりました。

(今回の件の経緯についてのHP)
http://www.asahi-net.or.jp/~ZR7R-UCD/www02/eventwan.html

6月21日(木)に現地を訪れ、ビリー君の状態をチェック(写真)して参りました。全体に汚れがひどく、耳などは加療を要する状態でしたが、体躯は大きく立派な男の子でした。6月23日()に、BDNメンバーが一時預かりをいたしました。毛を刈った上で健康チェックをした結果、内臓・血液等の異常はなく、耳も根治治療で治癒するとのことでした。

6月28日(木)に石渡強治さん(BDN会員となられました)からご連絡があり、諸条件を勘案した上で、7月2日(月)にビリー君と対面していただき、7月22日()にお家に移動し、里親トライアルの後、8月25日()に里親正式決定となりました。皆様のご高配に感謝申し上げます。

(ビリー君のHP)
http://gassando.reform.ne.jp/~BDN/Rescue-Billy-j.html

2002年9月6日(土)早朝、ビリー君は病気のため天国に召されました。享年8歳でした。

BRN代表 青柳隆志


BRN Supported


ももちゃん(平成13年7月18日逝去)

オリバー君(平成14年4月9日逝去)

エディ君

ファニーちゃん

ももじ君

BRN Useful Links

@ABCDEFGHI
JKLMNOPQRS


@ABCDEFGHI
JKLMNOPQRS

東京都衛生局生活環境部獣医衛生課

Home Animal Society

全国の動物保護センター及び関連施設一覧

全国の保健所一覧全国の動物病院一覧関東圏の動物病院一覧全国の市町村役場一覧全国の警察署一覧全国のペットショップ一覧全国の動物保護センター一覧愛犬雑誌一覧

動物愛護コーナーをごらんください



ビアディー・ネット