夏油温泉

夏油という地名は、アイヌ語の「グットオ(崖のあるところ)」が語源と言われる。冬は豪雪で
利用できないため「夏湯」と呼ばれ、その湯が、夏の陽に揺られて油のように見えたことから
「夏油」となったともいわれている夏油川の左岸に8棟を連ねる元湯で、夏油温泉の中で最も大
きな宿である。旅館部(本館、別館、嶽館、駒形館)と自炊部(夏油館、経塚館、薬師館、紅葉
館)があり、中庭から河原まで敷地も広く、一軒の宿でありながら小さな温泉街のような雰囲気
を作っているが、同じ並びに別棟が1か所あり昭和館が別経営である渓流沿いの7つの露天風呂
があり泉質は同じだが、源泉はすべて違う階段が多く足腰が弱っている老人りには可なり厳しい
11月中旬〜5月上旬休業なので問合せが必要。

HOME *** *** NEXT