七里田温泉・下湯

日帰り温泉施設の「七里田温泉会館・木の葉の湯」の付属施設的な存在のようです。ココの湯に
浸かるのは「木の葉の湯」入口にある券売機にて「下湯入浴券」を購入し、受付にて下湯の鍵を
借りて入湯する仕組み、周囲には至って長閑な田園風景が広がり何処にもある原風景。
下湯浴場は木の葉の湯から歩いて2分の場所にあります。無人の共同浴場で外壁には「日本無
類の炭酸泉」と掲示が、、、お風呂は男女別の内湯が一つ。6帖の浴室にシンプルな正方形浴槽
があるのみ。浴室床は赤茶色の析出物でコテコテ状態その横に排気扇無造作に付けられ安全を
守っている。この光景を見ただけでお湯の実力を味わう前に実験室に入るが如き気構え。
「危険な温泉」という物騒な取り上げ方をされるこの温泉、何が危険かといえば、炭酸ガス(二酸
化炭素)の量が多いことで、湯面近くに沈んだ炭酸ガスによって酸欠を起こす可能性があるんだ
そうです炭酸ガスの濃度が高いため酸欠状態にならぬよう換気に充分注意しながらの入浴が必
要である。(お湯に浮かべた蝋燭の炎が何もしていないのに5分ほどで消える、と言われ)誰しも無
言の間々小1時間程沈黙を守った。
炭酸泉日本一の呼び声高い七里田温泉の共同湯。温度37.5℃の炭酸泉。炭酸含有量は1,250mg
という(長湯温泉のラムネ温泉は温度32.8℃で781mg)下湯は温度が体温並みだから1時間程長湯
できるが(長湯温泉のラムネ温泉は五月では20分内湯で体あつため又入る)湯治を楽しむにも民宿
が一軒だけ鄙びた田園風景だ!!。

HOME *** *** NEXT