四万温泉・外湯

草津より暮坂峠を越え四万温泉へ向かった四万川沿い、下流から温泉口、山口、新湯、ゆずりは
、日向見(ひなたみ)などの温泉を総称して“四万温泉”古くから“胃腸の名湯”として知られている
関東では最も湯治場らしい雰囲気が残っている川の清流爽やかな雰囲気をかもし出している山間
の温泉地開湯伝説では源頼光の四天王・碓井貞光や坂上田村麻呂と言われている日向見薬師堂
が発祥地で下流に広がつていった、山口露天風呂は初めての人には探すのに大変な場所だ、元々
ある旅館の露天だつたのが共同浴場(無料)で混浴だが、しかし対岸の各旅館から丸見であつたが
6人の男ばかりで雑談を交わしながら1時間過した。

HOME *** *** NEXT