鳴子温泉・姥の湯

「鳴子温泉郷」は5つの温泉地の総称で(川渡温泉・東鳴子温泉・鳴子温泉・中山平温泉・鬼首温
泉)
 
「姥の湯旅館」は鳴子温泉の街の中でも開湯400年という歴史のある宿で、その敷地内に4本の泉
質が異なる源泉を有すると言うが至って此れと言った特徴のある旅館ではなく小規模(家族風呂)の
風呂が六ヶ所と一つの露天風呂シンプルがある、A姥の湯硫黄泉で至福の時をすがせた。
@単純泉 泉質:単純温泉 姥の湯(芒硝泉)A硫黄泉 泉質:姥の湯 硫黄泉 硫化水素 B芒硝
泉 泉質:芒硝泉C露天風呂 泉質:硫酸塩泉
4種類ある風呂に24時間入りじゃらんから¥3150で自炊部和室6畳が予約が出来る鳴子温泉の
特筆すべきは東北温泉の大らかさがうかがえる。
 
「伝説の湯」    〜義経 平泉への道〜
弁慶の産婆役で何とか男の子を産み落としたが、どうしたことか産声ひとつ上げないのである。
一行は急ぎ鳴子を目指して旅立ち、中山越えして鳴子温泉にたどりつき、温泉の効き目によって
初めて産声をあげたと伝えられている。その湯が、川沿いという地理的条件から「姥の湯」であ
ろうという。正に「義経伝説の湯」なのである

HOME *** *** NEXT