桶屋旅館

三朝温泉はラドンを最高702マッヘ含有する世界屈指のラジウム泉であり、三徳川に架かる三朝橋
を中心に温泉街が広がっている歴史は古く、源義朝の家来が白い狼を助け、そのお礼に妙見菩薩
が湯のありかを教えたと伝えられています。860年前湯が湧いたとされる場所は、共同浴場「株湯」
として現在も多くの人々に親しまれている桶屋旅館は中心の温泉街にあり二分化された温泉街でも
当時からの名残の湯治宿で親しまれている、地下から直接わき出している自然のままの温泉です。
無色透明、無臭、不思議なのは湯気がないこと湧き出している温泉の地熱で暖かく洗濯物を干すよ
うなスペースまである打ちぱなしのコンクリートの階段に馴染みのあるケロリン桶が愛嬌振りまいてく
れる。
足下自噴泉ラヂウム塩類泉ですから湯気を吸うことも体に良いかなり効いた温泉である長湯が苦手
なかたでも大丈夫他に飲泉もあり、7500円は抜群なコストパフォーマンス食事は完全に家庭料理で
すが、地元の食材を使用するように配慮され、長期滞在でも飽きないようにメニューも日替、男女入替
制オンドル式の湯殿は21時〜翌昼の12時まで女湯、他の時間が引き湯風呂になります、 極上湯治
宿で日帰り入浴 不可

HOME *** *** NEXT