別所温泉・外湯

別所温泉は、信州で最も古い歴史をもつ温泉の一つである。古代からこの出湯の効能はひろく
知れわたり、それが神仏の霊験と考えられてまず観音様がまつられた。北向観音がそれである。
この観音を中心として長楽・安楽(国宝八角三重塔)・常楽のいわゆる三ヶ寺ができ、別所は仏
教・学問の中心地ともなった、「信州の鎌倉」と呼ばれている。
 
共同浴場を中心に栄え、現在も3つの共同浴場「大湯」「大師湯」「石湯」が存在する。
 
「大師湯」天長二年(八二五年平安時代)比叡山延暦寺の座主円仁慈覚大師が北向観音堂建立
のため当地に来錫の折 好んで、入浴したので大師湯と名付けられた。
かつては北向山に参詣した籠の者が夜通し入替わり利用したので籠の湯ともいわれた。
 
「大湯」木曽義仲が御湯屋を新築して愛妾「葵の前」と入浴し「葵の湯」と呼ばれていたと伝えられる。
北条義政が信濃の守護職としてこの地に居を構え、「北条の湯」と呼ばれていたこともある。
大炊御門大納言が愛用し「大湯」と呼ばれるようになった。吉川英治の『新平家物語』にも登場する。
 
「石湯」岩の間から湧きだす温泉 は「石湯野飼いの牛が傷ついた脚をこの湯でいやしたので『牛湯』
と呼ばれていた。戦国時代、真田一族が傷をいやしたことで知られ、「真田幸村の隠し湯」と伝わり、
池波正太郎の『真田太平記』にも登場する。「真田幸村公隠しの湯」の標石は 池波正太郎氏の筆
 
日本三大名泉温泉(清少納言)
中宮定子に仕えた清少納言「枕草子」第117段に「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」とう
たわれている「三名大泉」のひとつ。ともに天皇家と関わりが深く、神の湯としてもてはやされ皇
族を中心とする公家文化が繁栄した平安時代
都から神宮参拝に向かう途中「湯ごり」で身を清める。これが当時の正式な参拝でした。榊原温泉
の名は古くは地名を取って「ななくり(七栗)の湯」と呼んだ。
 
別所温泉は七苦離(ななくり)七久里(ななくり)の湯」別所温泉が、武家社会と結びつき、北向観
音を初めとする寺内町の湯垢離の場として発展したと言われている。

HOME *** *** NEXT