野沢温泉(外湯)

野沢温泉の湯を発見したのは、聖武天皇の頃(724〜748年)にこの地を訪れた僧「行基」である
という説、また修行中の山伏が見つけたという説と手負の熊の後をつけた猟師が見つけたという
説があります。いずれにしろ、かなり古くから野沢の地に湯が湧いていることは知られていたよ
うです。
それでも当時はまだ温泉に入るために旅をして訪れるということは一般的でなく、江戸時代に飯
山藩主の松平氏が惣湯(大湯)に別荘を建て一般の人々にも湯治を許可した又野沢菜発祥の地
温泉街に13ヵ所の外湯があります質素で地元の人との会話もある。共同浴場大湯の前や麻釜の近
くには足湯が存在するまた、何軒かの旅館でも旅館の軒先に足湯を設けている。

HOME *** *** NEXT