妙見温泉

妙見温泉は各宿泊施設では、それぞれ自家源泉を持ち、 掘削はしているものの、ほぼ総てが自
噴泉であり、泉質は殆どが炭酸 水素塩泉となっている。泉温は42℃以上の高温泉が殆どで、
数本40 ℃ほどの源泉があるが、こちらは炭酸の含有量が多く、加熱せずに療 養用として使用
しているようだ。11カ所総て「かけ流し」の温泉 1895年(明治28年)の開湯で、妙見神社の旧跡
から発見されたことに因む。
高級宿で贅沢な旅を楽しむのも旅のひとつですが今回は気楽に湯を愉しもうと選んだ宿がきらく
温泉素泊まり4000円で釣があった。

HOME *** *** NEXT