鉄輪温泉

日本1位の湧出量を誇る別府市の別府八湯の温泉群。その中でも最も多く温泉源が集中するのが
鉄輪(かんなわ)温泉。その歴史も古く、鎌倉時代一遍上人が念仏行脚の途、鉄輪の地を訪れ、
猛り狂う地獄地帯を鎮め、湯治場を開いたのが鉄輪温泉の始まりとされています。
古くから湯治の街として栄え、農閑期に疲れを癒すため農家の方々が長期滞在したり、療養のた
めの長期滞在の方々が多く訪れ、温泉の蒸気で蒸す「地獄釜」を使い自炊をしながらゆっくりと
時間を過ごし静養日本古来の温泉による癒しの文化が集積している鉄輪温泉。

HOME *** *** NEXT