1999年9月現在

名作名句に登場する温泉

榊原温泉(三重県)   清少納言 「枕草子」
玉造温泉(島根県)   清少納言 「枕草子」

二日市温泉(福岡県)

  山上憶良 「万葉集」
城崎温泉(兵庫県)   吉田兼好 「徒然草」
飯坂温泉(福島県)   松尾芭蕉 「奥の細道」
城崎温泉(兵庫県)   島崎藤村 「山陰土産」
城崎温泉(兵庫県)   志賀直哉 「城崎にて」
山田温泉(長野県)   森鴎外 「みちの記」
白骨温泉(長野県)   中里介山 「大菩薩峠」
龍神温泉(和歌山県)   中里介山 「大菩薩峠」
龍神温泉(和歌山県)   有吉佐和子 「日高川」
道後温泉(愛媛県)   夏目漱石 「坊ちゃん」
辰口温泉(石川県)   泉鏡花 「海の鳴る時」
大沢温泉(岩手県)   宮沢賢治「なめとこ山」
浅虫温泉(青森県)   太宰治「津軽」
塩原温泉(栃木県)   尾崎紅葉 「金色夜叉」
熱海温泉(静岡県)   尾崎紅葉 「金色夜叉」
吉良温泉(愛知県)   尾崎士朗 「人生劇場」
吉野温泉(奈良県)   島崎藤村 「訪西行庵行」
田沢温泉(長野県)   島崎藤村 「千曲川のスケッチ」
湯ガ野温泉(静岡県)   川端康成 「伊豆の踊り子」
越後湯沢(新潟県)   川端康成 「雪国」
四万温泉(群馬県)   若山牧水 「みなかみ紀行」
下風呂温泉(青森県)   井上靖 「海狭」
川湯温泉(北海道)   原田康子 「挽歌」
湯田温泉(山口県)   中原中也 「帰郷」
青根温泉(宮城県)   山本周五郎 「樅の木は残った」
田代元湯(青森県)   新田次郎 「八甲田山死の彷徨」 廃湯(ダム建設予定地)
霧積温泉(群馬県)   森村誠一 「人間の証明」
小豆島温泉(香川県)   壷井栄「二十四の瞳」
湯ノ平温泉(群馬県)   若山牧水「枯野の旅」
皆生温泉(鳥取県)   生田春月「相寄る魂」
修善寺温泉(静岡県)   岡本綺堂「修禅寺物語」
伊香保温泉(群馬県)   徳冨蘆花「不如帰」
浜村温泉(鳥取県)   小泉八雲「知られぬ日本の面影」
生地温泉(富山県)   田中冬二「青い夜道」
別所温泉(長野県)   有島武郎「信濃日記」
新穂高温泉(岐阜県)   井上靖「氷壁」
草津温泉(群馬県)   返舎一九 「上州草津温泉往来」
草津温 泉(群馬県)   平井晩村 「湯けむり」
田沢温泉 (長野県)   島崎藤村 「千曲スケッチ」
城崎温泉(兵庫県)   田山花袋 「山水日記」
芦の湯温泉(神奈川県)   滝錬太郎「箱根八里」
湯野川温泉(青森県)   水上勉 「飢餓海峡」
松之山温泉(新潟県)   坂口安吾 「黒谷村 」
鉛温泉(岩手県)   田宮虎彦「 銀心中」
塩狩温泉(北海道)   三浦綾子「塩狩峠」
芦原温泉(福井県)   水上勉「越前竹人形」
塩原温泉郷 (栃木県)   田山花袋「日光と塩原」
石和温泉(山梨県)   井伏鱒二「旧・笛吹川の跡地」
湯村温泉 (山梨)   太宰治 「美少女」
別所温泉(長野県)   池波正太郎「真田太平記」
銀山温泉(山形県)   橋田寿賀子「おしん」
奥津温泉(岡山県)   藤原審爾「秋津温泉」
玉造温泉(島根県)   小泉八雲 「知られざる日本の面影」
すさみ温泉(和歌山県)   野口雨情 「すさみ温泉歌謡七章」
長湯温泉(大分県)   種田山頭火「あの山越えて」
湯村温泉(兵庫県)   早坂暁「夢千代日記」
     
     
     
小野川温泉(山形県)   小野小町
    立ち別れ都の空を後に
    何処を宿と定むものかな
二日市温泉(福岡県)   大伴旅人
    湯の原に鳴く芦田鶴はわがごとく妹に
    恋ふれや時わずか鳴く
山中温泉(石川県)   芭蕉
    山中や菊は手折らじ湯のかおり
鳴子温泉郷(宮城県)   芭蕉
    蚤虱馬の尿する枕もと
那須温泉(栃木県)   芭蕉
    いしの香や夏草あかく 裾あつし
飯坂温泉(福島県)   芭蕉
    笈も太刀も五月にかざれ帋幟
    (おいもたちも さつきにかざれ かみのぼり)
道後温泉(愛媛県)   一茶
    寝ころんで蝶泊らせる外湯なり
草津温泉(群馬県)   一茶
    湯けむりに ふすぼりもせぬ 月の貌
湯田中温泉(長野県)   一茶
    雪ちるやわきて 捨てある
    湯のけぶり
沢渡温泉(群馬県)   若山牧水
    上野の草津の湯より沢渡の湯に越ゆる
    路名も寂し暮坂峠
嬉野温泉 (佐賀県)   山頭火
    湯壷から桜ふくらんだ
湯田温泉(山口県)   山頭火
    山も美しい湯もあつい
川棚温泉(山口県)   山頭火
    涌いてあふれる中にねている
蔦温泉(青森県)   大町桂月
    世の人の命をからむつたの山
    湯のわくところ水清きところ
花巻温泉(岩手県)   宮沢賢次
    雨ニモマケズ。風ニモマケズ
霧積温泉群馬県)   与謝野晶子
    はつあきの霧積山の石亭
    六方のまど霧にふさがる
浅間温泉(長野県)   与謝野晶子
    たかきやまつつめる雲を前にして
    紅き灯にそむ浅間の湯かな
奥津温泉(岡山県)   与謝野晶子
    山陰と山陽の山立つ中の奥津の
    夏の浴めりわれは
山田温泉(長野県)   与謝野晶子
    鳳凰が山をおほえるおくしなの
    山田の渓の秋逢うかな
法師温泉群馬県)   与謝野晶子
    草まくら手枕に似じ借らざらん 
    山のいでゆの丸太のまくら
谷川温泉 群馬県)   若山牧水
    わがゆくは 山の窪なる ひとつ路
    冬日光りて 氷りたる路
鐘釣温泉 (富山県)   幸田露伴
    巌殿の 湯や夜をさびて
    河鹿なく
塩原温泉(栃木県)   野口雨情
    誰れと別れか福渡あたり
    啼いて夜半ゆく川千鳥
塩原温泉(栃木県)   夏目漱石
    湯壷から首丈出せば 野菊哉
湯涌温泉(石川県)   竹久夢二
    湯涌なる山ふところの小春日の眼閉ぢ
    死なむときみのいふなり
有福温泉( 島根県)   斉藤茂吉
    有福のいで湯 浴みつつ人麻呂の
    妻のをとめの歳をそおもふ
古里温泉(鹿児島県)   林芙美子
    花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき
すさみ温泉(和歌山県)   野口雨情
    別 れ惜しさに 港を見れば
       船は稲積 島陰に
長湯温泉(大分県)   与謝野鉄幹
    芹川の 湯の宿に来て 灯のもとに
         秋を覚える 山の夕立

HOME *** *** NEXT